行政書士試験の解答スピード上げる方法を解説。

行政書士問題の解答スピードを3倍も4倍も上げる方法

行政書士試験に合格した者だけが知っている。解答スピードを3倍も4倍も上げる方法

多くの受験生は、行政書士試験の知識量と理解力を増やすことに夢中だと思います。それもすごく大切ですが、合格者が使っている問題を解くテクニックがあることを知っていますか。そのテクニックを知っているか知っていないかで合格できるかできないか決まります。

 

また、問題を解くのが遅い。記述式や文章理解に使う時間がない。などの悩みを持っている人は今回の記事を読むことで解答スピードが飛躍的に向上して解決されます。

 

今回は、瞬時に選択肢を切って解答スピードを2倍も3倍にも上げる方法を教えます。

問題を解くスピードが上がらない3つの悩みとは

模試などの本試験形式で解いているときに、こんな悩みがありませんか。

・瞬時に、誤りの解答を探したい
・記述式や文章理解を解く時間がない
・問題文を読まなくても、正解の選択肢を見つけたい

私も受験当時、このような同じ悩みがありました。

瞬時に、誤りの解答を探し出せたらいいのに。

 

じっくり、1つ1つの選択肢を読んでしまい、記述式や文章理解を解く時間がなくなってしまう。

 

問題文を読まなくても、ある程度の正解の選択肢が見つけられたらいいのに。

どうやったら、この悩みを解決できるいつも考えていました。前の項目が解決できれば、飛躍的に解答スピードが上がります

合格者が使うテクニック使えば、問題を解くスピードは上がる

合格者は、この悩みの解決方法を知っています。合格者と不合格者の違いは法律の知識量や理解力の差ではなく、試験に対する解答テクニックを知っているか知っていないかになります。

 

合格者も不合格者も、同じ内容を勉強しているので知識量や理解力はさほど、変わりません。それよりも、合格者は試験の問題を正解に導くための解答テクニックを知っています。

 

これを知っているか知っていないかでは、解答スピードは大きく変わってきます。次から例を出してそのテクニックを教えます。これができるようになれば、解答スピードは飛躍的に上がるようになります。

行政書士試験問題解答テクニックその1『限定言葉』編

このテクニックは、問題文(選択肢)にある言葉(限定)が入っていることによって、それ以外はないという反証を許さない内容の文になります。このような選択肢は誤りの可能性が高いので、最後に読むか飛ばして次の選択肢を見るようになります。

 

基本的に、試験問題は「原則がこうだけど、例外はこうなっているよね。」という形で作られていることが多いです。しかし、反証を許さない文ではその基本に沿っていないことになり、明らかにおかしい問題文になっています。

 

では、簡単な例を挙げます。上記のような、「のみ」のような限定な言葉が入っていた場合は、注意が必要です。入っていれば真っ先に飛ばすか疑って問題を解いてください。

『行政書士試験解答テクニック』
~のみ(限定)編

 

Aは、Cのみに対して、求償する。

この場合は、誤りの可能性大です。

行政書士試験問題解答テクニックその2『グループ分け』編

次のテクニックです。これはグループ分けです。5肢択一の問題文には、グループに分かれていることが多いです。では、簡単な例を2つ挙げてみます。

『行政書士試験解答テクニック』
グループ分け

 

1.…及ぶ。
2.…及ぶ。
3.…及ぶ。
4.…である
5.…及ぶ。

 

解答 4

これは問題文の文末です。上記を見てもらえば分かると思いますが、4つの「及ぶ」グループと「である」グループに分けることができます。

 

このような場合、最初に「である」グループを見るようにするべきです。「である」グループが正解の選択肢と分かってしまえば、他の選択肢を見なくて済むので、時間の短縮になります。

『行政書士試験解答テクニック』
グループ分け

 

1.プライバシーの権利について
2.幸福追求権について
3.幸福追求権について
4.13条のプライバシーの権利について
5.プライバシーの権利について

 

解答 3

この例題は、先ほどの例題とは違って冒頭からグループ分けされています。『プライバシーの権利』と『幸福追求権』に分かれます。

 

この場合、幸福追求権が書いてある2,3のグループから先に確認していきます。幸福追求権側に正解があれば残りの3つの選択肢を見なくていいので、解答スピードが短縮されます。

 

上記の2つの例題のように、同じ内容を指すグループや言葉のグループ、3つと2つのグループなど、グループ分けに決まりはありません。しかし、このようなグループ分けができると解答する順番が明確になってくるので飛躍的に解答スピードが上がります。

問題解答テクニック『限定言葉』『グループ分け』のミックス編

つぎに限定とグループ分けがミックスされている例を挙げます。あくまでも、これは内容を理解するのではなく、瞬時に視覚で限定言葉とグループを探すことがコツになります。なので、問題内容は一部、飛ばしていますのでご了承ください。

『行政書士試験解答テクニック』
~のみ(限定)グループ分けのミックス編

 

妥当なものどれか。

 

1.Aは、Cのみに対して、求償する…及ぶ。
2.Aは、Cのみに対して、求償する…及ぶ。
3.Aは、Cのみに対して、求償する…及ぶ。
4.Aは、C及びDに対して、求償する…である
5.Aは、C及びDに対して、求償する…及ぶ。

 

 

解答 4

これは、のみとグループ分けがミックスされた問題例です。

 

この場合、最初に見るのはグループ分けが少ない選択肢4です。選択肢4が間違っていた場合には、次に見るのは限定言葉(のみ)がない選択肢5です。結果、正解の解答4になっています。1,2,3選択肢は見なくていいことになりますので解答スピードは飛躍的に上がります。

問題解答テクニックひっかけ編

それではもう1つ同じような問題例を挙げてみます。

『行政書士試験問題解答テクニック』
~常に(限定)グループ分けのミックス編

 

妥当でないものはどれか

 

1.行政庁は、常に正しい
2.内閣は、…
3.利益集団は、…
4.内閣は、…
5.内閣は、…

 

解答 1

これは、限定言葉のひかっけです。先ほどの例なら最初に選択肢3が正解に近いと思ってしまうでしょう。

 

しかし、正解は「妥当ではないもの」を当てるのが正解の選択肢になります。ようは、内容が間違っている選択肢を探すことが今回の問題です。それが分かってしまえば、最小に怪しいのは反証を許さない限定言葉(常に)入った選択肢になります。

 

結果、正解は1になっています。これも、選択肢1しか見ないことになるので解答スピードは飛躍的にアップします。

補足おまけ1

ここで、限定言葉の種類を書いていきます。下記のような言葉が出てきた注意する必要があります。

~のみ・常に・明らか・限り・すべて・原則…etc

このような言葉は、それ以外はないという反証を許さない言葉になります。

補足おまけ2

グループ分けのテクニックについてですが、3つのグループと2つのグループに分けることができたら、少ないグループ(2つ)から見ていくのがいいと思います。私の過去問分析の経験から少ないグループに正解の選択肢が多い傾向があります。

 

統計を出したわけではないので、定かでありませんが…一般知識の問題を解くときに役に立ちますので、頭の片隅入れてでもいれくれればと思います。

まとめ

行政書士試験に合格できる人は、このような問題を正解に導くための解答テクニックを必ず知っています。もちろん、今回の記事を読んでテクニックだけを覚えたからといって、知識量と理解力の勉強を怠ってはいけません。

 

解答テクニックの効果を最大限に発揮させるためには、行政書士試験の勉強内容を理解していることが最も重要になりますので気をつけてください。このテクニックを覚えたからには、今後有効に活用にしてみてください。

 

※本当に使えるのかよ。と思った読者はご安心を。ここで挙げた例は過去問をアレンジして私が作成したものです。なので、注意深く過去問を分析していけば似たよう過去問題があります。

 

※このテクニックは、私が独自に過去問を分析して見つけたものです。合格を保障や正解の選択肢を見つけるための保障にはなりませんので、使うときは自己責任でお願いします。


トップへ戻る