行政書士の試験で時間が足らない人へ時間を作る方法を解説

行政書士の試験で時間が足らない人『必見』時間を作る方法

行政書士の試験で時間が足らなくなった人『必見』時間を作る方法

突然ですが、受験生のあなた、こんな悩みをもっていませんか。

 

行政書士の模試試験を受けて…

やばい、記述式を解く時間が10分しかなく、時間が足らない
時間が足らなくなってしまい、あせって文章理解ができない
解くだけで3時間使ってしまい、見直す時間が足らない

毎回、模試試験中にこんな状況になっているのでは

 

このような受験生は、問題(5肢択一)の解き方に問題あります。

 

今回は、その問題点を洗い出して、解決方法をお伝えしたいと思います。最後まで読んで実践していけば必ずじょきの問題はクリアできますので最後までお付き合いいただけたらうれしいです。

行政書士の模試試験で時間が足らない受験生の悩み

模試試験を繰り返し受けてこのような受験生はいませんか。

記述式を解く時間が取れない。
時間が足らなくて文章理解が解けない。
毎回、目いっぱいの時間を使ってしまい見直しの時間が取れない。

などの理由で悩んでいませんか。

 

行政書士の試験時間は、3時間です。毎回、模試試験などで時間が足らなくなる受験生は、何かしらの問題があります。次の項目でその問題を挙げてみます。

時間が足らなくなる受験生の3つの問題点とは

それでは、時間が足らなくなる受験生の問題点とは

・1問目から60問までバカ正直に順番に解いていく。
・問題の種類を選ばない。
・各問題の難易度を把握していない。

ほかにも細かい問題はありますが、大雑把に挙げてみるとこの3つが問題になっている受験生がほとんどです。本試験(模試含)で時間が足らなくなる受験生は、開始の合図と同時に問題を解きはじめる傾向があります。これでは、時間が足らなくなることは目に見えます。

 

問題には、簡単に解答できるものから、行政書士の知識程度では解けない難易度が高い問題も含まれいます。
※ここでは、問題とは5肢択一のことを指します。

 

それ以外にも、問題は、下記のような5つのパターンで解答させるようになっています。
※下に行くにつれ解答が難しくなります。

【解答の種類】
組み合わせ問題

穴埋め

誤りの選択肢を選ぶ

正しい選択肢を選ぶ

すべて個数を選ぶ

時間が足らなくなる受験生は、このように問題の難易度や解答しやすい種類なのかを判断していないことあり、時間が足らなくなる理由に挙げられます。

時間が足らなくなる受験生の解決方法

解決方法として、開始の合図がなったら一度、すべての問題ざっと目を通す。

 

その時に、解答しにくい問題の種類や難しそうな問題に目印をつけます。と同時に解答しやすい問題や解きやすい問題にも目印をつけていきます。見終わったら、解きにくい問題などは飛ばして、解きやすい問題を全力で解きまくります。記述から文書理解まですべての問題が解き終わった後に、飛ばした難解の問題を解くのが一番効率がいいです。

 

基本的には、難解の問題というのは合格に関わらない問題です。要は捨て問ということになります。難解の問題で足止めてさせて、受験生を落とさせるように仕向けた問題なので迷わず飛ばして次に進むべきです。おおいにシカトしてやりましょう(笑)

 

しかし、このような難解な問題は問いかけている内容は、比較的簡単なものになっているので時間に余裕をもって解くと解ける場合がほとんどです。

どんな問題を飛ばすのか?事例で解説

では、どんな問題を飛ばせばいいのか?分かりやすいように事例を出しながら次の事項で解説していきます。

行政書士試験問題解答テクニック『問題飛ばし1(学説)編』の事例

「行政書士試験解答テクニック』
問題飛ばし1(〇〇説)編
A説とB説の考え方がある。最も妥当なものはどれか。

 

A説「○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
   ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
   ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
   ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
   ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○」

 

B説「△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△ 
   △△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
   △△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
   △△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△」

 

1.○○○○は、A説と矛盾する。
2.△△△△は、B説と矛盾する。
3.□□□□は、A説と矛盾する。
4.●●●●は、B説と矛盾する。
5.■■■■は、A説と矛盾する。

これは、学説の問題ですね。

 

法律学者のあーだこーだといろいろと説いたのが学説です。法学者の方は、いろんな思想の持主がいるので考えていることがよく分かりません。

 

学説を理解しようとすると、それだけで膨大な時間を要します。なので、問題も同じで解くのに致命的な時間がかかる上、正解率も極端に悪くなっています。本試験で学説問題が出題されたら「百害あって一利なし」になるので、飛ばして先に進みましょう。

行政書士試験問題解答テクニック『問題飛ばし2(判例)編』の事例

『行政書士試験解答テクニック』
問題飛ばし2(判例)編
次の文章はある最高裁判所判決の一節である。趣旨と適合する最も妥当なものはどれか。

憲法23条の学問の自由は○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
  ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
  ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
  ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
  ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
  ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
  ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
  ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○  
  ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
  ○○○○○○○○○○○○○○。
(最大判昭和38年5月22日)

 

1.○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ではない。
2.△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△が選任される。
3.□□□□□□□□□□□□□□□□で許される。
4.●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●は許されない。
5.■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■が認められている。

最初に判例を読ませてから解答させる問題です。憲法の科目でよく出題されやすいです。文書理解と同じで、解くまでに時間がかかるので、単純に飛ばして後で解くようにするべきです。

 

できるだけ時間をかけずに、どんどん他の問題は解いたほうが心にもゆとりができます。なので、時間がかかる問題と思ったら気にせず飛ばしましょう。そして、最後に時間が余ったら解くにしましょう。

行政書士試験問題解答テクニック『問題飛ばし3(事例)編』の事例

『行政書士試験解答テクニック』
問題飛ばし3(事例)編
相談内容を読み。民法の規定にあう最も妥当なものはどれか。

 

A相談「○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
    ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
    ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○」

 

B相談「△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
    △△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
    △△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
    △△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△」

 

C相談「□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
    □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
    □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□」

 

D相談「●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
    ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
    ●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
    ●●●」

 

E相談「■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■」

 

1.○○○○は、妥当である。
2.△△△△は、妥当でない。
3.□□□□は、妥当でない。
4.●●●●は、妥当である。
5.■■■■は、妥当である。

この問題は、さっきの判例問題よりも解くのに時間がかかりプラス思考を使った事例問題になります。事例を読みながら図解を書き、なおかつ判例の趣旨に当てはめて正解を導いていかなければなりません。3つのことを同時にやらなければいけない、最悪な問題です。

 

この問題は民法におおく見られます。これも、飛ばして最後に余った時間で解くことが無難です。

飛ばした問題は、余った時間で解く

このように、解くのに時間がかかる問題や、学説のような行政書士程度では学ばない問題が出題されたら飛ばして先に進めて、余った時間で使って解くようにすることです。

 

案外、余った時間で解いた方が心にもゆとりができるようになるので、広い視野から問題が読めるようになり正解率も上がったりします。

補足おまけ

『行政書士試験解答テクニック』
問題飛ばし4(個数問題)編

 

妥当なものをいくつあるか。

ア.○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 

イ.△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

ウ.□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

エ.●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

オ.■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

 

1.1つ
2.2つ
3.3つ
4.4つ
5.5つ

このような問題も飛ばしましょう。すべての選択肢が解けないと正解にたどりつけないので、1つでも間違った解答した時点でおしまいです。なので、正解率も極端に悪くなります。

まとめ

3時間の試験で、時間が足らない受験生は問題の解き方に問題があります。その問題点とは。

・1問目から60問まで順番に解いていく
・問題の種類を選ばない
・問題の難易度を把握していない

の3つです。

 

この問題点を解決するためにはざっと、問題を確認し問題の種類と問題の難易度を見極めて、難解な問題を飛ばしていくことで解決できます。そして、最後の余った時間で余裕を持って難解問題解くことで正解率も上がります。

 

今回、書いたことは、私が実際に合格した年にとった解き方です。効果は保障しますので、ぜひ試してみてくください。

 

※本当に使えるのかよ。と思った読者はご安心を。ここで挙げた例は過去問をアレンジして私が作成したものです。なので、注意深く過去問を分析していけば似たよう過去問題があります。

 

※このテクニックは、私が独自に過去問を分析して見つけたものです。合格を保障や正解の選択肢を見つけるための保障にはなりませんので、使うときは自己責任でお願いします。


 

トップへ戻る