判例問題の解答率を上げる方法を解説。

行政書士の本試験で判例問題の解答率を上げる方法

本試験で判例問題の解答率を上げる方法

判例問題

行政書士試験の勉強していると判例問題が苦手という人を見かけることがあります。難しい漢字ばかりで読みにくい。そんな文字ばかりだから判旨が何を言っているか理解できない。

 

ましてや、見たこともない勉強したこともない判例が出てきたらお手上げ状態。しかし、分からない判例だからこそ問題を正解に導くための活路があります。ここでは、そんな分からない判例に対処できる問題の解答方法を教えます。

本試験では判例問題は必ず出題される

本試験では必ずといっていいほど判例問題が出題されます。判例集で判旨や判決を理解しておくことは必須です。
基本的に、この勉強方法で判例問題は対応できるようになります。

 

しかし、多くの受験生が苦手としています。それでも、判例問題を落としてしまえば、試験に不合格になってしまうでしょう。なので、判例問題を苦手とせず向かい合わなければなりません。

判例問題が苦手な人の3つの理由

そんな判例問題ですが、なぜ苦手とするのでしょうか。苦手とする理由を3つ挙げます。

・事案から争点、判旨、判決まで読むの大変
・難しい漢字と専門用語で判旨の要点や内容が理解しにくい
・知らない判例が出てくると頭が混乱してしまう

このような理由が、判例問題を苦手にしています。実際、私も同じような理由で判例問題を苦手としていました。

判例問題を克服するための対処方法

では、どのように判例問題を克服したのか、教えていきます。判例問題を克服するための対処方法として事案から争点、判旨、判決まで長文を読むことの読解力や、専門用語で判旨の要点や内容の理解力をあげるには地道に勉強していくしか方法はありません。

 

そんな当たり前のこと知りたくて読んでるじゃないと怒られそうですが、判例問題を克服するためはこれしかありません。しかし、判例問題の解答率を高めるテクニックがあります。次の事例で詳しくお伝えします。

行政書士試験問題解答テクニック『重要判例+マイナー判例のミックス編』の事例

では、事例です。
『行政書士試験解答テクニック』

重要判例マイナー判例のミックス編

 

1.三菱樹脂事件/昭和48.12.12
2.昭和女子大事件/昭和49.7.19
3.日産自動車事件/昭和56.3.24
4.百里基地訴訟/平元.6.20
5.三菱樹脂事件/昭和48.12.12

 

解答 4

※問題文の内容は省略しています。
どこに着目するかというと、問題文ではなく何の判例が出題されているかに着目します。選択肢1,2,3,5の赤く書かれた判例は、法律の勉強していれば必ず載っている重要な判例です。

 

選択肢4の青く書かれた判例は、テキストに載ってくるか載ってこないかのマイナー判例です。このように分けることができます。問題文の内容ばかり読んでいると、このような箇所を見落としてがちになります。

 

先ほども言いましたが、選択肢1,2,3,5は行政書士の勉強していれば、一度は読んだことがある判例になります。問題文を読んでいると「よし、見たこともない判例は飛ばして、知っている判例をから解こう。」と思うはずです。しかし、これは失敗です。

 

誰もが知っている判例ということは、難解になっていることが多いのが事実。固定観念を捨てて、最初から見たこともない判例に目を通すことです。見たこともない判例というのはそのまま判旨や判決が載っていることが大半です。

 

なので、しっかりと判例の勉強の数をこなしていれば、問題文の判旨や判決が正しいか誤りなのかぐらいは簡単に判断できるようになっています。実際、解答を見るとマイナー判例の選択肢4が正解になっています。

補足おまけ

判例の年号を見てもらうと選択肢1,2,3,5は昭和の事件に対して選択肢4だけは、平成の事件になっています。ここまで詳細に分からなくても問題がありませんが、過去問を分析すると行政書士試験の意図が読みとれます。

 

「勉強したことある内容は分かって当たり前」でも、ここまで詳細に勉強したことない内容でも判断できるのかという試験の意図が読み取れます。これが分かると、本試験で分からない問題が出題されても正解率をあげるれようになってきます。

 

まとめ

判例問題になれるためには、数をこなしていくしかありません。長文の慣れや難解な判旨を読み取るためには、読み込みして読解力を高めるしかありません。

 

その読解力が身につけば、自然と知らない判例にも対応できるようになってくるものです。私が教えたテクニックは、読解力を教えるものではありません。問題の見え方を教えているだけです。

 

馬鹿正直に正面から攻めるのではなく、右や左、上や下などあらゆる角度から攻めていくことを教えているだけです。テクニックを教えても、土台となる基礎(読解力)がついていなければ、何の意味もありませんので気をつけてください。

 

しかし、このようなテクニックは合格者なら誰でも知っていることです。まだ知らなかったという受験生は、これから役に立てもらえれば幸いです。

 

今回のテクニックをマスターできれば、各々の選択肢を確認する量も減ってくることになり解答スピードも上げってくるメリットもあります。

 

※本当に使えるのかよ。と思った読者はご安心を。ここで挙げた例は過去問をアレンジして私が作成したものです。なので、注意深く過去問を分析していけば似たよう過去問題があります。

 

※このテクニックは、私が独自に過去問を分析して見つけたものです。合格を保障や正解の選択肢を見つけるための保障にはなりませんので、使うときは自己責任でお願いします。


トップへ戻る