『分かりにくい』行政裁量の問題を事例にした解答テクニックを解説。

『分かりにくい』行政裁量の問題を事例にした解答方法を伝授

『分かりにくい』行政裁量の問題を事例にした解答テクニック

行政裁量

行政裁量の分野が苦手な人はたくさんいます。同じような言葉があり迷ってしまいますよね。私も、行政裁量の分野は行政法の中でも苦手な部類に入ります。そんな苦手な行政裁量ですが、問題も分かりにくい問題が多く出題されます。それでも正解を諦めてはいけません。

 

今回は、行政裁量の問題を例に出して正解を導き出せるように解説していきます。行政裁量の問題が苦手だと思う人は読む価値がある内容です。

 

行政書士試験に悩んでいる受験生の役に立てるような内容を書いていきますので、最後までお付き合いできたらうれしく思います。それでは、いきましょう。

問題作成者は行政裁量のような把握しにくい問題を狙う

行政法を勉強していると行政裁量という言葉が出てきますよね。その行政裁量ですが、認められる余地がない羈束行為広く認められる裁量行為に分かれています。

 

ここまでは大丈夫でしょうか?では、行政が行うものでどんな行政行為が羈束行為に当たるのか裁量行為なのかと正確に答えられる受験生はいないと思います。

 

建築確認申請や、建設業許可などの定番の行政行為ならともかく、私たち現役の行政書士ですらすべての行政行為の事例は把握できていません。ましてや、受験生なら建設業許可すら知らない人たちも多いのではないでしょうか。しかし、行政書士試験ではそんなことはお構いなしに事例問題を出題してきます。

なぜ、行政裁量の問題は把握しにくいのか

なぜ、行政裁量の問題を把握しにくいのかと言いますと、行政行為は、数を数えきれいなほどあるから全部を把握している人がいない。という理由と、行政裁量や羈束行為や裁量行為などのように似たような言葉あり、分かりにくい理由が挙げられます。

 

そこをうまく利用したのが、問題作成者です。行政法の勉強に毛が生えた程度の受験生なら、テキストに載っている事例ぐらいしか把握していないだろうと考えていることと、理解しずらい行政裁量の問題なら多くの受験生が点数を落とすだろうと考えています。

行政書士試験問題解答テクニック『行政裁量の考え方編』の事例

そんな行政行為の行政裁量ですが、考え方をを変えてみれば見たこともない事例が出てきても正解を導き出せるようになります。例を使って、その方法を教えます。

 

では、例です。

 

『行政書士試験問題解答テクニック』
行政裁量の考え方編

 

行政裁量が広く認められる組み合わせどれか。

 

あ.道路交通法に基づく運転免許
い.電気事業の認可
う.建築基準法の建築確認の許可
え.食品衛生法に基づく営業許可
お.公有水面の埋め立て免許  


1.い.う
2.あ.お
3.う・え
4.え・お
5.い・お

 

解答 5

このような行政裁量の事例を、答えさせる問題が出題されたとします。今回は、広く認められる裁量行為はどれか。と問われている問題です。

 

先に言ってしまいますが、赤くなっている問題文の箇所が広く認められる裁量行為の事例になります。ですが本番では自分の頭で考えて答えを導いていかなければなりません。

 

この記事を読んでいる方は行政裁量の知識はあるという前提で話します。ご了承ください。では、最初に見ていく選択肢は、分かる事例からです。おいおい、そんなことが分かれば誰だって正解できるよ。

 

いえいえ、分かる意味のとらえ方の違いです。分かるとは、今までで生きてきた人生で聞いたこと、見たことがある体験してきたことです。例えば、運転免許をしらない人はいないと思います。小学生でも言葉ぐらいは知っていると思います。

 

このように、今まで生きてきて聞いたことがあるものから選択肢を見ていけと言っているのです。ということは、選択肢あの運転免許から見ていきます。そしてつぎに考えることは何だと思いますか。この運転免許が、裁量行為に当たるのか考えると思います。しかし、いきなりこの考え方では分かることはできません。

 

もう少し、身近なものとしてかみ砕いて考えるようにしてください。「運転免許は、どんな時に取るものか」を考えます。この免許は車やバイクなど乗り物を運転するために必要だから取ると答えると思います。

 

運転免許は、どんな時に取るものか⇒車やバイクなど乗り物を運転するために必要

 

これを更にかみ砕くと、「なぜ車やバイクを乗るのに免許が必要なのか」考えます。答えは安全に運転するために免許は必要となります。

 

なぜ車を乗るのに免許が必要なのか⇒歩いている人をひく恐れや他人を巻き込む重大な事故を引き起こす恐れがあるため、安全に運転するために免許は必要

 

かみ砕いていくと、運転免許取る意義は「歩いている人をひく恐れや他人を巻き込む重大な事故を引き起こす恐れがあるため、そうならないように安全運転するために免許は必要」になっていくと思います。この他の人に被害が及ぶことが今回の解答するための重要になってきます。

行政裁量は自由な判断でできるがすべてではない

ここで、行政裁量の知識を少し話します。行政裁量とは、行政庁の自由な判断の有無で、行政行為が行われるか行われないか決まるものです。

 

しかし、自由に判断できるといっても他の人に被害が及ぶ行政行為(今回は運転免許)が、行政庁の勝手な判断(広く認められる)で行われてしまっては大問題です。

 

そうならない為にも、行政裁量には「認めらる余地がない羈束行為」と「広く認めれる裁量行為」に分かれています。そして、運転免許の事例に戻すと

 

運転免許は、他人に被害が及ぼしやすい行為なので「他の人に被害が及ぶ行為=認められる余地がない行為」となり羈束行為に当たります。選択肢あは、広く認められる行為ではないので誤りになります。

他の選択肢の判断

この考え方をもとに、次に選択肢えの食品営業許可を見ていきます。

 

もし、お店の食べ物が腐っていようが毒が入っていようがお構いなしに食品が売っていれば、他の人に被害が及んでしまいますなので、食品営業許可も広く認められない行為になりますので誤りの選択肢になります。

 

ここまで分かれば、答えの肢は1,5に絞られてきますので、選択肢いの電気事業は両方の解答に入っていますので広く認められる行為ということが分かります。

 

では、残りの選択肢うの建築確認の許可と選択肢おの公有水面の埋め立て許可が分かれば、正解までたどり着けます。どっちもイメージしにくと思いますが、建築という言葉がヒントです。

 

「建築=建物を立てる行為」と解釈できます。建物が簡単に壊れたらどうでしょう。もちろん自分もですが他の人にも被害が及びますよね。

 

建築確認の許可=「認められる余地がない行為」と分かれば選択肢うの建築確認の許可は誤りとなります。

 

正解は、選択肢い・おの電気事業の許可と公有水面の埋め立て許可が正解になります。

補足おまけ

テキストにも記載されていない内容を解答させる問題は、解答部分が正解へと導き出しやすいようになっていることがあります。なので、じっくりと一つ一つ解いていけば正解まで導き出しやすくなります。

 

まとめ

行政裁量のように、ちょっと分かりにくい問題が出てきても角度を変えてみて、その分野を勉強した知識と今までの生きてきた経験をもとに正解が導き出せるようになっているのが行政書士試験の問題です。

 

いきなり、この解き方はやれと言われても、すぐにできるようになりません。お持ちの過去問題集や他の問題集で数をこなして経験を積むようにしてください。

 

正解の答えだけを見て暗記するのではなく、問題文を読んで分からない状態でいざ自分だったらどうやって正解を導き出していくかを考えるように問題を解いていくことがコツです。

 

最初は難しいと思いますが、これを身につければどんな問題が出題されても正解率を上げらるようになってきます。諦めず頑張ってくださいね。

 

※本当に使えるのかよ。と思った読者はご安心を。ここで挙げた例は過去問をアレンジして私が作成したものです。なので、注意深く過去問を分析していけば似たよう過去問題があります。

 

※このテクニックは、私が独自に過去問を分析して見つけたものです。合格を保障や正解の選択肢を見つけるための保障にはなりませんので、使うときは自己責任でお願いします。


 

トップへ戻る