先輩行背書士の事務所見学を解説。

先輩行政書士の事務所を巡ると、モチベーション維持になる

先輩行政書士の事務所を巡って、モチベーション維持につなげよう

事務所

受験生のあなたは、合格後開業を考えているでしょうか。それとも、さらに他の難関資格を習得してダブルライセンスを考えているでしょうか。

 

人それぞれ、合格後の道をどう考えているかは人それぞれです。私は、合格後開業を考えていたので、よく受験中は開業のイメージを考えていました。

 

受験勉強の期間中にふと勉強が嫌になってしまい、先に開業している人たち(先輩先生)はどんな場所で開業しているのだろうと思い、地元の事務所を巡ったことがあります。いざ開業してみると何てことはないのですが、開業を目指している行政書士の卵からすればどんな事務所でやっているのだろうと興味がわきました。

 

今回は、他の先輩先生の事務所を回ったときの体験談を書いていこうと思います。

開業前に先輩先生の事務所を巡ってみた結果

私も1度しか行わなかったことですが、受験生時代にふと先に開業している行政書士の事務所を巡ってみようと思い、地元にある事務所を片っ端から回ったことがあります。

 

モチベーションを上げるためではなく、先輩の行政書士たちはどんな場所で事務所を開業しているのだろうと思い好奇心で回ってみたのです。インターネットで調べたら7~8件ぐらい出てきたので、すべての事務所に車を走らせて行ってみました。

 

畑の中にぽつんと掘っ立て小屋みたいな事務所。雑居ビルの2階。自宅開業。駅前のテナントの一画。不動屋事務所と兼業。他の仕業と兼業。などのさまざまな事務所形態があるんだなと思ったのを覚えています。

どんな形態の事務所でも、うらやましく思えた

行ってみた結果、どんな事務所の形態だろうと行政書士で活動していることがうらやましく思えてきました。自分も資格を取得して早く行政書士になろうと決意が高まり、勉強へのモチベーションを上がったが上がりました。

合格後の具体的なイメージすることが、勉強のモチベーション維持になる

事務所巡りを終えた後に勉強のモチベーション維持に役に立ったことがありました。それは、開業後、どんな事務所で働きたいか強くイメージするようになりました。

 

例えば、開業して数年後にオフィスビルの一角で数人の補助(従業員)を雇って仕事したい。自宅開業して自分にあったスタイルの仕事したい。他の資格と併用してダブルライセンスで活躍したい。など、さまざまな仕事スタイルがイメージできるようになりました。

 

最初から思い通りの事務所形態にすることは難しいと思いますが、具体的なイメージをすることで勉強のモチベーション維持にも役に立つと思います。

具体的にイメージすることが、夢や目標を達成するために必要

具体的にイメージすることが、夢や目標を達成するために必要です。行政書士試験に合格することのイメージも大切ですが、これを読んでるあなた自身の未来をイメージすることが大切です。

どんな行政書士になりたいか。
それとも他の資格に挑戦するのか。
資格を活かして他の職業に使い方のか。
今の職場のキャリアアップにしたいのか。

試験を受けようと思ったきっかけは、合格後の夢や目標があるからだと思います。合格することがゴールではなく、その先にあるあなた自身がどうなっていきたいかという夢がゴールだと思っています。

まとめ

合格後、どうしていきたいのか、具体的なイメージが持てるようにモチベーションを維持していくことが、受験勉強を楽しく乗り越えていく力になっていきます。

 

勉強が嫌になったときに、先輩先生の事務所を回ってみるのもいい刺激と経験になります。本当に事務所形態はさまざまです。私は、開業してまだ四年目ですが自宅兼事務所で行政書士をしています。当初は早く事務所を移転したいと思っていましたが、経費や作業時間の効率を考えるとまだまだ自宅兼事務所の形態で問題と感じています。


トップへ戻る