モチベーションを上げるための方法を解説。

行動することがモチベーションを上げるための唯一の方法

モチベーションを上げるためには、ちょっとした行動から始まる

アウトプット

勉強しなければ、合格は勝ち取れません。何かを犠牲にしなければ合格を勝ち取れないのが資格試験です。それが難関資格なら、犠牲にするものも大きくなります。

 

「自由な時間を我慢する」「家族との時間を減らす」「仕事後の飲みを我慢する」などの何かを我慢して勉強に費やさなければ合格できないのが資格勉強です。

 

長期計画、中期計画、短期計画を立て勉強を進めている人もいることでしょう。短期計画には、1日のノルマが決まっていることが多いと思います。

 

仕事の疲れや日常の悩みで、勉強のやる気が起きないこともあると思います。

 

そんな時は、受験生のあなたはどうしていますか。その日は無理しないで休みますか。それでもいいでしょう。

 

しかし、それで本当に合格できるのでしょうか。難関資格の行政書士試験はそんなに簡単なものではありません。

 

解決方法として、5分でもいいので問題を解いたりアウトプットすることです

モチベーションを上げるにはちょっとした行動から始まる

当webサイトを読んでくれている受験生から、勉強するモチベーションが上がりませんという相談を受けることがあります。私は、その相談者によく言うのですが、

 

モチベーションは考えてても絶対に上がりません。

 

ちょっとした行動からエンジンが掛かってモチベーションが徐々にアップしていくので、5分でもいいので机に向かってください。と伝えます。それができなければ、不合格になっても良ければ別ですが…とアドバイスします。

 

結局、モチベーションというものは、常に維持できる人などいません。グラフのように上がったり下がったりし、ちょっとした行動から徐々に上がっていくものになります。
グラフ

5分のアウトプットでモチベーションを上げる

あなたも経験があるのではないでしょうか。やる気が起きないのに、いつの間にか夢中になったことがです。人生で1つか2つぐらいはあるのではないでしょうか。

 

例えば、身の回りの掃除、庭の草むしりなど、本当はやりたくないと思ってたことでも、ついついやり始めたらいつの間にか夢中になって気づいたら隅々まで掃除したり、汗だくになって草をむしっていたとか。

 

このように、人は行動したくないと心で思っていても、いざ行動してみると忘れるぐらい夢中になって行動してしまうことがあります。

 

勉強も同じです。勉強したくないと思ったときに、嫌でも5分だけ問題を解いてみてください。テキストを5分だけでもいいので読んでみようと行動に移してみてください。その行動をすることで、いつの間にか夢中になって勉強がはかどっているかも知れません。

 

勉強が終わるころには1日のノルマもクリアでき、満足感が得られることによって次回へ勉強のモチベーションもついたりします。

勉強を日課にする

勉強のモチベーションが上がらないの対策として一つの方法をお伝えします。方法というより考え方になります。この考え方ができるようになれば、勉強だけでなくその後人生にも役立つ方法です。

 

歯は毎日磨くと思います。ご飯も三食絶対といいませんが毎日食べると思います。これらの行動を取るときのことを少しだけ考えてください。

 

どうでしょうか。歯がきたいないから磨く。お腹が空いたから食べるなどの理由はあると思いますが、今日はモチベーションが上がらないから磨く、食べる行為をしないということないと思います。このような普段の日常的に行う行為にモチベーションは必要ないはずです。

 

日常に行う行為は、生活していくためにもしくは生きるために必要だからモチベーションとは関係なく自然に行動ができるのです。勉強もこの日常に行う行為と考えるようにすれば、モチベーションとは関係なく勉強ができると思いませんか。

 

そうです。勉強も日常不可欠な行動(日課)にすれば、モチベーションは必要なくなります。

勉強を日課にすることは難しい

しかし、言うことは簡単でも勉強を日課にすることは実際にはかなり難しくなります。多少なりとも収入が入ってくる状態なら、勉強はしなくても生活に支障はおきませんし、まして命にかかわる問題でもありません。このように、勉強は必要不可欠ではない行動になります。

勉強することに明確な目的を加えることによって、日課に変える

では、どうすれば勉強が必要不可欠になるのでしょうか。それは、将来の叶えたい未来を明確にして勉強することの必要性を認識させる必要性があります。

 

例えば、なぜ資格の取得を考えたのか?を明確にしてみることが重要です。私なら「行政書士になって人生を変える」ことが取得を考えた理由です。取らなければ、将来の生活に支障がきたすことが明確になっていました。

 

こうすることで、勉強は生活するために必要だと自分自身に言い聞かせるようにして、勉強は特別な行為とは考えず日課として考えるように仕向けましたのです。

 


トップへ戻る