開業本などでモチベーション上げる方法を解説。

行政書士開業本やビジネス書を読んでモチベーションを上げる方法

開業本やビジネス書を読むことでモチベーションを上げる方法

書籍

私は資格を取得したら開業することを、視野に入れて勉強していました。

 

なので、開業する前からたくさんの行政書士の開業に関する書籍を読んでいました。

 

実際、開業して役に立った内容もあれば、役に立たない内容もありました。開業する前に、ある程度行政書士とはどういうものかを知っておくことは、資格取得のモチベーション維持に役立ちます。

行政書士がどんな職業か分かってない受験生たち

行政書士で、開業を考えているなら開業に関する書籍を読んでおくことで開業に対する違和感はなくなるかと思います。受験生の中には、行政書士がどんな仕事をする職業なのか分かっていない方が結構いるのではないでしょうか。

行政書士(ぎょうせいしょし)とは、行政書士法に基づく国家資格で、官公庁に提出する書類および権利義務・事実証明に関する書類の作成、提出手続、行政書士が作成した官公署提出書類に関する行政不服申立て手続(特定行政書士(後述)の付記がある者に限る)等の代理、作成に伴う相談などに応ずる専門職である。

引用元:ウィキペディア

これだけを読むとなんのこっちゃって思います。

 

事例で説明しますと、建設業許可のような許可が取りたいと困っているお客様がいたら代わりに申請書類を作成して許可を取る仕事、または生前財産の継承に悩んでいる方にアドバイスをして遺言書などの作成をサポートしたりするのが行政書士です。

開業書籍を読んで自分が行政書士になったイメージを持つ

行政書士のことが分からないまま、資格取得を目指しても勉強のモチベーションは上がらないと思います。

 

そこで勉強の合間に、開業本や関連書籍を読むことで行政書士の魅力と将来性などのイメージができるとモチベーションも上がります。そのようなイメージができるようになれば、合格後、自分がどうしていきたいか明確な目標が生まれてくるとさらにモチベーションが上がります。

 

また、書籍を読むことで行政書士とはどういうものかを知っておけば、開業後、仕事に繋がることにもなるので開業関連の書籍はたくさん読むといいと思います。以下で載せた画像は、開業前と開業後すぐに購入した書籍関係です。開業本

前職場へ想いが行政書士のイメージを強くした

私は行政書士になったら、この業務をしたいという希望はありませんでした。しかし開業したら前に務めていた職場の方たちの助けになってあげたいという思いがありました。

 

それは、勤めているときにいろいろとお世話になっていたこと。退職時に同僚や職場のみんなから応援の言葉とささやかな粗品を頂いたことがきっかけでした。

 

実際、退職して6年が経ちましたが、開業後しっかり開業の挨拶にいき、良好な関係を築いています。(仕事も少しだけ貰えてます。)

ビジネス書籍を読んで合格後のスタートダッシュ

開業したら多くの方が行なうことがあります。それは、ビジネス書を読むことです。なぜかといいますと、多くの人は自分のビジネスをしたことがないからです。私も開業するまではサラリーマンであり、他に雇われてビジネスをしていました。

 

自分のビジネスを持ったら、全て自己判断と責任で仕事を進めていかなければなりません。しかし、そのような能力を開業当初から身に付けている者は多くいません。自分でどうにかしてビジネスを身に付けていかなければなりません。

 

では、どのように見に付けていけばいいのでしょうか。その1つとしてビジネス書を多く読むことです。例えば、「道をひらく:松下幸之助」「7つの習慣:S・R・コヴィー」「ユダヤ人大富豪の教え:本田健」
上記のような先人たちが書いた有名なビジネス書を読んでおくことで、開業してビジネスを行っていくために必要な知識が手に入れることができます。

 

このように開業する前からビジネス書を読む習慣ができていることで、資格取得後のイメージをでき、なおかつ開業後の戦略もできるようになります。また、資格取得のモチベーションもより一層上がるようになってくるのではないでしょうか。

 

受験生は、日々の勉強で時間が取れないと思いますが、少しでも書籍を読むことでモチベーション維持に役立つと思います。
ビジネス書籍

 


トップへ戻る