行政書士に合格するためにおすすめ教材を紹介

行政書士を独学で進めるのに必要なおすすめ教材選び

現役行政書士が、独学のために必要なおすすめ教材選びのコツ

公正証書遺言

通信講座に申し込めば、決まった教材が届き、カリキュラムに沿って進めていけば問題ありません。しかし、行政書士試験を独学で進めていこうと思っている受験生は、必ず教材選びからスタートします。

 

この教材選びが曲者で選び方を失敗してしまうと、再度新たなテキストや問題集を購入することになってしまい、費用と時間が無駄になってしまいます。

 

どんな物を選べばいいかというと、テキストは薄い物を購入し、過去問題集は3種類必要になります。受験生のあなたは、なぜか分かりますか?

 

今回は、行政書士試験に必要なおススメ教材の選び方などのコツをご紹介していきます。

独学者のための教材選びのコツ

行政書士試験を独学で進めていこうと考えている受験生は、教材選びからスタートしていきます。書店にいくと行政書士の教材を確保したエリアがあると思います。

 

行政書士は現在でも人気資格に分類されていますので、多くの教材関係が置いてあり、どんなテキストや問題集を選んだらいいか迷ってしまいます。

 

テキストや問題集は、受験日まで使用していくものです。もし、教材選びに失敗してしまうと途中で教材の変更なを余儀なくされて、余計な費用と無駄な時間を費やしてしまうので十分に気をつけて選ぶようにしてください。

 

では、どんな教材関係を選ぶべきか、各教材の選びのコツを伝えたいと思います。

テキスト選びのコツ

・薄いテキストを選ぶ

・科目ごと独立している本を選ぶ

この2つです。

薄いテキストを選ぶ

初めて資格試験に望む受験生がテキスト選びで犯しやすい間違いです。そ初学者は太くて厚いテキストを選びます。選ぶ心理として、試験問題がどこから出題されてもいいように、範囲を広く網羅しているテキストがいいと思ってしまうのです。

 

しかし、その選び方は間違っています。では、どんなテキスト選ぶのがいいかと言いますと、なるべく薄いテキストを選ぶようにしたほうがいいです。それはなぜか?

 

太いテキストは、読むことに多くの時間がかかってしまい、内容を理解することも難しくなってくるというデメリットがあります。そこで、薄いテキストなら、試験に合格するために必要な最低限の内容が書かれており、読む時間も短くて済み、理解するために何度でも読み返すことができるというメリットがあるからです。

科目ごとに独立している本を選ぶ

すべての科目が1冊にまとまっているテキストより科目ごとに独立しているテキストを購入したほうがいいです。

 

例えば、簿記2級のように科目が少ない試験なら内容が網羅されているので1冊にまとまっているテキストでも問題ありません。

 

しかし、行政書士試験のように科目が多い資格については、覚える内容が多すぎて1冊ではまとまりません。それでも市販のテキストは1冊にまとまっている物が多いのが事実です。

 

しかし、予備校や通信講座で使っているテキストは科目ごとに独立した教材がほとんどです。これからも分かるように行政書士試験は、1冊では合格レベルの内容を網羅できないことが分かると思います。

 

なので、市販のテキストを選ぶときは、勉強範囲が網羅されているように科目ごとに独立したものを選ぶようにしてください。

 

追記

2019年現在では、科目ごとに独立したテキストを販売しているところが無くなっているの現状です。出版社側のほうで一冊のテキストでも合格できるという判断なのでしょうか?こればかりは、筆者も分かりかねます。ただ、どうしても独学で合格を目指したいという受験生は、問題集とテキストが同じシリーズを購入して進めることをおすすめします。

 

同じにすることで、テキストページと問題の箇所がすぐにリンクさせることができて、勉強の効率を上がられるからです。なので、テキストと問題集は同じシリーズを選ぶようにしましょう。

 

問題集選びのコツ

・過去問題集3種類

・記述式問題集(多肢選択式含む)
・数種類の市販模試問題集
・文章理解の問題集

これは、選ぶコツというより独学で進める上で必ず必要になってくる教材の種類になります。

過去問題集3種類

「肢別問題集(一問一答)」「科目別問題集」「年度別問題集」が必要。

肢別問題集(一問一答)

過去問を一問一答で回答していく形式の問題集です。これは、勉強の初期段階で、知識の基礎となる土台を作るために必要な問題集になります。過去10年分の問題集を購入するのがいいでしょう。

科目別問題集

憲法、民法などのように科目別に作られた問題集です。中期段階で使用する問題集で、5肢択一の問題になれることと過去問の分析するために使います。直近過去5年分の問題集を購入するのがいいでしょう。

年度別問題集

年度別に本試験と同じように作られた問題集です。中期後半~最終段階まで使用する問題集になり「本試験の長さ」「どの科目から解くか」など、本試験形式に慣れるための問題集です。問題集を購入するのがいいでしょう。

記述式問題集(多肢選択式含む)

記述式は、本試験では完璧に書けなくても部分点がもらえるので、必ず書くようにするべきです。市販の問題集から本試験の出題されることを期待するよりも、40文字で書くことに慣れるために必要になります。なので、多くの問題が載っている物を選ぶことがコツです。

数種類の市販模試問題集

試験直前期の追い込みとして、多量に模試の問題を解くことをおススメします。模試には、本試験の予想問題と記述式の予想と一般知識の予想を兼ねています。多量に解くことで本試験に対応できるようにすることが目的です。なので、中古でも新品でも問題ないので5~7冊ぐらい購入するのがいいと思います。

文章理解の問題集

行政書士試験は一般知識で文章理解が問われますので、その対策のために必要になります。これは過去問だけの問題では量が足らないので、大卒程度の公務員試験問題集(文章理解)の物がおススメです。

行政書士試験六法選びのコツ

・行政書士試験専用の六法を選ぶ

・過去の出題例が載っている物を選ぶ

この2つです。

 

行政書士試験六法 実務六法

行政書士試験専用の六法を選ぶ

実務で使用する六法より、行政書士試験専用の六法のが「使いやすい」「見やすい」「読みやすい」三拍子そろっています。

過去の出題例が載っている物を選ぶ

現在の行政書士試験専用の六法ならどれでも過去の出題例が載っていると思います。過去の出題傾向が分かれば、重要な条文か判断できるようになるので分析にも役立ちます。

判例集選びのコツ

判例集を選ぶコツは、持ち運びが簡単で、邪魔にならないコンパクトサイズのものを選ぶのがコツです。スキマ時間などを利用して勉強するためです。

 

中身の内容に関しては、どれも同じで書き方は違っていても重要な判例からマイナー判例まで網羅されているので問題ありません。

 

行政書士試験に役立つおすすめ教材

こちらで私が実際に使った教材を紹介していきます。また、おすすめテキスト類を挙げておきます。すべて揃える必要ありません。

 

なぜなら、受験生の状況は人それぞれだからです。再受験生の方もいれば、または初学者の方もいるので、人それぞれ勉強レベルが変わってます。例えば、再受験生ならテキスト類はいらないので、必要な問題集をピックアップして揃えれば試験に望むことができます。

 

なので、市販の教材を購入するときは、あなた自身の状況に応じて購入するべきです。

おすすめ入門書

行政書士の勉強が初めてという人におすすめです。合格革命シリーズの入門書です。いきなり、テキストを勉強するよりも入門書で全体像を把握しておくことで、勉強の効率がグッと上がるようになります。なぜなら、入門書は、初学者のために作られているからです。

 

例えば、講座を申し込んだとしても最初に入門書を読まされるからです。独学でも勉強の進め方は一緒になります。

「Amazon」合格革命 行政書士 スタートダッシュ 2020年度 (合格革命 行政書士シリーズ)

なので、初学者の方は入門書からスタートするのがいいでしょう。

 


「楽天」2020年度版 合格革命 行政書士 スタートダッシュ [ 行政書士試験研究会 ]

 

 

テキストの使い方はこちら≫

おすすめ過去問題集

合格革命肢別過去問題集(Wセミナー)

昭和62年から現在までの過去問題を肢別に収録してあり、知識の土台作りに最適です。

出る順行政書士過去問題(合格のLEC)

5年分で十分ですが、このウォークシリーズは10年分収録されていますので量に申し分ありません。個人的には、LECさんの説明は1番分かりやすいと思います。

 

行政書士年度別過去問(伊藤塾)

法律系専門学校では、超有名な伊藤塾さん。年度別過去問は、出版しているのが少ないのでこれしか知りません。

過去問題集の使い方はこちら≫

 

その他の関連教材

国家資格取得のための行政書士受験六法(東京法令出版)

条文の箇所に、過去問、判例が記載されおり書き込む余白も十分あるので、凄く使いやすいと思います。

六法の使い方はこちら≫

 

みんなが欲しかった!行政書士判例集(TAC出版)

 

私が使ってた一発合格行政書士判例集の最新版になります。名前は変わりましたがサイズもさほど変わらず持ち運びに便利な物になっています。

判例集の使い方はこちら≫

模試「各出版社の物」

模試問題集
前年度~今年度の物を5~7冊手に入れ解くことをお勧めします。年度違いでも同じ出版社の物は買わないようにして下さい。

 

各出版社ごとに問題の作りが違いますので、自分の知識があらゆる角度から出題されても解答できるように組みましょう
※中古を手に入れる場合は、ネットで探すのが便利です。

 

模試試験の使い方はこちら≫

出る順行政書士記述・多肢問題集(LEC)

 

この一冊で記述と多肢対策になります。しかし、問題集を解いたからと言って本試験で同じ問題が出ることまずないと考えるべきです。問題集使用する目的は、40文字で書くことに慣れることと多肢の解答テクニックを学ぶためです。

公務員試験過去問クイックマスターシリーズ文章理解編(合格のLEC)

公務員試験の文章理解が一番適切かと思います。クイックマスターシリーズは有名な問題集ですので安心です。

 

まとめ

教材選びのコツは分かりましたか。テキストは薄いもの、そして、科目別に分かれているのもが選ぶようにしてください。

 

上記で挙げた教材類を使って、合格を可能です。ただし、初学者が独学で勉強を進めるならたくさんの勉強時間と継続した努力が必要になってきます。それでも独学を進めることに決めたら、絶対に合格すると強い気持ちで頑張ってください。

 

そうしなければ、難関資格の行政書士試験には合格できません。


トップへ戻る