行政書士に合格した後の開業の真実を解説

行政書士に合格したが悩む。開業の真実

行政書士に合格したが。開業するか悩む。行政書士の真実

資格を取った直後は、我を忘れて喜んだのではないでしょうか。それも、数立つとそのこともすっかり忘れて、現実に引き戻されたりしませんか。

 

私は、そうでした。「さて、この後どうしょうか」という現実問題が浮かび上がってきました。行政書士で開業を目標にしていたのに、いざ開業をすることの不安が込み上げてきたのです。

 

行政書士で、生活できるのか。開業といっても何すればいいんだろう。実務はどうするの。などなど考えればきりがないぐらい不安があります。

 

行政書士で開業して現実問題大丈夫かと言われれば、はっきりと大丈夫ですと答えます。現在、金なし、経験なし、コネなしで3年目突入した現役の行政書士が伝えます。

 

まだまだ3年目の新米行政書士が、開業に踏み出せない理由と開業の現実を詳しく書いていきます。

行政書士の資格に合格したけど、開業に踏み出せない理由

資格に合格したけど、開業に踏む出せない理由はなんなんでしょうか。「行政書士で本当に生活できるのか?食べて行けるのか?という不安」他にも、細かい理由はあると思いますが、開業に踏み出せていない合格者これに尽きるのではないでしょうか。

行政書士で開業して本当に生活していけるのか。当時33歳嫁あり、子2人ありの現実

他の行政書士さんは分かりませんが。私の開業体験の現実をお話します。その前に、「私のスペック」簡単にお伝えしておきます。似た境遇の方がいましたら参考にしていただけたらと思います。

【スペック】
年齢:36歳※2018年現在
開業年:33歳
合格年:29歳※4回目の挑戦で合格
家族構成:嫁あり、幼稚園児2人※開業時
開業時貯金:約30万円(行政書士登録費除)
人脈:なし
実務経験:なし
開業時:自宅一室
開業する前の年収300~400万円

こんなものでしょうか。開業して3年目になりますが、実際、よくこんな状態で開業したな思います(笑)

 

でも、こんなスペックでもなんとか生活していけてます。これが現実です。以上。これで終わりにしたら、怒られるのでもう少し詳しく書いていきます。

行政書士で開業したら、開業本と現実は全く違う

合格後から開業までの4年の空白は、割愛します。後日、気が向いたときにでも『空白の4年間』という題材で書いていきます。今は、お金を貯めてたとだけ言っておきます。

 

では、開業当初の現実を話をしましょう。よく開業本とかを読むと

・事業計画を立てるべき
・融資を受けて金銭的な余裕を持つべき
・外注して事務所HPを立ち上げるべき
・経験積むために、値引きして受注するべき
・他の事務所で無償で経験を積むべき

など書かれていることがあります。開業当初からそんなことをやる人はいるのか知りたいぐらい適当なことを書いている開業本ほとんどです。

 

実際、私の開業日から何をしていけばいいか分からないことだらけでした。世間との時間軸のずれにより何をしていいか戸惑う日々で、ポツンと一人だけ取り残されていく感覚です。

 

それに、開業という淡い夢を見ていたのも事実。開業すれば、どうにかなると勝手に思いこんでいたのです。しかし、何も分からないビジネスのど新人が、事業計画なんか立てられるわけもありませんし、融資なんか怖くてできるものでもありません。

 

ましてや、売上をあげないと生活できないことの感覚すらできない始末です。そんな状態が続きすぐに貯金なくなり焦りにあせりまくったのを覚えています。

行政書士の兼業。いやいや、4足のわらじで生活費を稼ぐ現実

こうみえても、私は一家の大黒柱です。生活費を稼がないと、家族を養っていけないのが現実です。開業して半年後にはアルバイトしていました。

・週4で朝5時~9時まで24時間スーパー
・週2~3で昼間3時間程度の配達
・月末2回のポスティング

この3つのアルバイトと行政書士の活動していました。計4足のわらじですね。嘘はつきたくありませんのでありのままを書きましたが、行政書士で開業する現実はそんなに甘くないということを伝えます。

 

開業して3年目ですが、現在はポスティングは辞めて、近々昼間の配達を辞める予定です。今後は、朝のアルバイトと行政書士の兼業になりそうです。このように、徐々ではあるが、行政書士で仕事が入るようになり専業に近づいています。

行政書士になって初仕事は初仕事に感じられなかった

次に最初の仕事はどうやってきたのか気になりますよね。また、どうやって仕事を取っているのだろうと聞きたいことはたくさんあると思います。

 

ここでは、すべて書ききれないので個別にご連絡しても大丈夫です。質問はこちら≫≫≫

 

最初の仕事は、開業して1か月ぐらいできました。よく耳にする知人からです。学生時代の友人が中古車を買いたいというので、その車庫証明手続きです。単価3,000円です。

 

それも私の実家は、車関係の仕事しています。そう友人はうちの実家から中古車を見つけて購入しました。当然、実家は車庫証明の書類はお手の物。私は、できた書類をもって警察署に届けるだけの誰でもできるようなお使いをしてきました。

 

果たしてこれが仕事と呼べるのかという内容の業務です。書庫証明手続きをバカにしているつもりはありませんもちろん、ちゃんとした行政書士業務の一つです。

 

車庫証明でも、お客様と打合せして書類を作成し、役所に申請手続きなどが仕事だと思っていたので拍子抜けしまっただけです。

行政書士で開業して自分の足と努力で取った仕事はポスティング営業から

そんなかんだで、最初の友人から頂いた仕事は自分の足と努力で取った仕事ではないので、今でも初業務だと思っていません。

 

では、自分の足と努力で取った初業務をお伝えします。それは公正証書遺言の作成サポート業務です。どうやって来たのかというと、近隣の住宅にチラシのポスティングからです。えっ!ポスティングと思った方もいるのでは。よく聞く。
・他の士業から紹介
・ネット(HP)
・知り合いからの紹介
などではなく、泥臭いポスティング営業からきました。

 

携帯がなり、相続の相談あるというのでそのお客様のところにすぐに訪問しました。今でも覚えているのですが、めちゃくちゃドキドキしてお客様のところにいったのを覚えています。

行政書士の初相談はかなり大変

当初初相談にビビっていました。内容もよくある普通の相談だと思いますけど、経験がない私にはかなりヘビーなものでした。

 

お客様は基本的にいっぱい話したがります。話の内容が、あっちにもこっちにも飛びひたすら話しまくってきます。初相談のときは、相続、遺産、遺言、遺留分、介護、福祉、年金、などかなり内容が飛びまくってきました。

 

あと必ず、お客様は昔の戸籍関係や何らかの書類を確認してくれと迫ってきます。これも、戸籍なんか見たこともなかったのでこれもかなり焦りました。

 

でも、それはしょうがないことです。お客様自身は悩みがあるのでどうにかして解決したいと思ってます。だから、行政書士みたいな専門家を頼ってきますので、なんでも、聞いてくることは当たり前のことになります。

 

それが終わると聞くだけ聞いた後に、専門家としても解決策が練りださないといけない現実が待っています。今なら「勉強不足なので、持ち帰って後日返答します。少々お待ちください」と伝えればよかったのですが、当時は焦っていてすごく曖昧なことを返答してしまいました。

初相談をうまく切りぬける方法

これを読んで、これから開業する実務経験がない方は不安に思うと思います。でも、大丈夫です。この切り抜けたを教えます。お客様の相談が始まるまえにこちらから暴露してしまうのです。

 

どんなことを暴露するかというと『私は開業して、まだ一年で新米です』ことを先に伝えてしまうのです。

 

そんなことをしたら、専門家として恥では?と思うかもしれませんがそんなことはありません。質問にあいまいなことを伝える方がよっぽどダメな専門家です。

お客様に『私は開業して、まだ一年もたっていない』ことを伝えるメリット

では、これを伝えることによってどんなメリットがあるのか。

・相談内容をゆっくり説明してくるので整理しやすくなる
・勉強不足と言って、切り抜けても大丈夫
・あちらも妥協してくれる

新人さんなんだということを考えてくれ、お客様自身が妥協してくれるようになります。要は、専門家というハードルを下げさせるようにするということです。

 

お客様からしたら、専門家はなんでも解決してくれるスーパーな人と思っています。実際は、そんなことはないんですけどね…

 

最初に、自分の弱みをみせて親近感を持たせるようにすると、お客様も自身も柔らかい物腰になってくれて初相談もうまく切り抜けることができるようになります。

 

ただ、これは適当に切りぬけていいという意味ではありません。相手の話を全力で聞いて、誠心誠意をもって対応しなければだめです。

 

どんな人でも、初めてのことを簡単にこなすことはできないのが当たり前です。経験不足は当たり前、でも、誠心誠意をもって望めばお客さまも絶対それに気付いてくれます。この人に頼めば大丈夫って思ってくれるように、努力することが重要になってきます。

初業務は、書籍?スマホ?で調べる。いえいえ、役所に聞くのが一番です

初相談後、お客様といろいろ話して遺言書が一番という結論になり、公正証書遺言書を作成することになりました。この時は、相談できる先輩先生もいなかったのでネットや書籍を読み手続きを進めました。

 

書籍を読むこともネットで調べることも必要なことですが、もっと簡単で分かりやすい方法があります。それはその業務に関わる役所に、直接聞いてしまうということです。

 

行政書士の仕事は、基本的に役所と関わる業務がほとんどです。直接、問い合わせることで手続きの進め方を教えてもらえたり、場所によっては手引きやパンフレットを貰えたりもします。

 

公正証書遺言なら、担当役所は公証役場ということになります。問い合わせると下記のようなパンフレットを送ってくれますよ。
公正証書遺言のパンフレット
※送ってくれるかは、各公証役場によると思います。各自、確認してみてください。

 

公証役場なら、公証人という役人が契約書や遺言書を公正証書という形の公文書で作成してくれるので、こちらが作った案文に足らない文言があればアドバイスしてもらえるので失敗するケースが少なくなります。

 

このように、すべての業務ではありませんが、行政書士の仕事はある程度役所が関わってきますので、未経験でも慎重に進めていけばこなせる種類もあります。

おまけ

参考程度に書いておきます。
当時は報酬額に困ってしまい、複数の事務所HPで確認して中間の報酬金額を決めました。

初業務後の営業活動は。どんなことして仕事を取っていったのか

次に初業務後の営業活動について話します。はっきり言って決まった営業活動はありません。期待していた人はすいません。私がこれまでに行った営業活動をあげてみます。

・ポスティング兼あいさつ

・新聞折り込み
・商工会に入会
・ブログ(SNS)
・事務所ホームページ作成
・事務所看板
・開業あいさつ
・飛び込み営業
・バイト先で営業
・疎遠になっていた知人たちと会う
・地元のスーパーにチラシ設置

簡単に挙げてみました。どれが一番良かったかはありません。ただ、すぐに営業の結果が出ることもあれば、出ないこともあります。結果に出ないことのが多いかもしれません。しかし、1年前に巻いたチラシで相談があったり、新聞折り込みをしてすぐに相談があったり結果はまちまちです。

 

それに、知人に開業していることを覚えてもらうことも重要です。相続などがあれば、必ず知っている人を頼りに相談してきてくれます。このように、やれることはやって

 

自分は、ここで行政書士で開業しています』という、アピールして顔を広めていくことが重要です。要は、種を無数に巻いて、忘れたころに花が咲く感じです。現実、開業した年に比べて1年目より2年目と3年目と徐々ではありますが、確実に仕事の量も増えていっています。

成功するかしないか我慢比べ

行政書士で食べていけるようになるには、我慢比べだと私は思っています。開業仕立ては、1件の仕事を取るのに本当に大変です。数か月は無収入に近いと思ってください。なので、生活費なんてあっという間になくなります。

 

生活費を稼ぐために、私みたいに副業のアルバイトをしてでも軌道に乗るまで頑張るか、逆に、軌道に乗るまで踏ん張れなくて、廃業するかのどちらかになると思います。
※全員の行政書士に当てはまるわけではありません。

 

行政書士で食べていけるようになるには、歯をくいしばってでも頑張れるかに掛かっています。だから、我慢して成功まで頑張るか、または廃業するかの我慢比べだということになります。

まとめ

行政書士開業の現実は少しわかったでしょうか。開業して食べてくことは、それなりの覚悟がないと厳しいことがわかったと思います。

 

1年ぐらい頑張れば、2年目どんどん仕事が入ってきて食べていけると思ってたなら、その考えは改めた方がいいです。

 

ただ、現実的にみて行政書士という仕事は長く続ければつづけた分だけ成功できると思います。名前がどんどん1人歩きしていくので、我慢して営業努力を続けていれば自然と仕事は増えていきます。結果、スローペースだけど行政書士は開業しても食べていける現実が待っているということになります。

 

これを読んで、やっぱり厳しいから辞めようと思うのもいいでしょう。逆に、自分はどうしても行政書士という職で成功したいと思えば開業の道を選べばいいと思います。

 

道は無数にあります。決まった道ありません、ただこの記事を読んだ方が少しでも新たな道が見つかることを私は願っています。


 

 

 

トップへ戻る