行政書士に合格した後の開業方法を解説

行政書士に合格したら『登録~開業後の進め方』

行政書士に合格したら『登録~開業後の進め方』

登録~開業後の流れ

行政書士に合格したら、さぁ開業という道が待っています。実際に開業となると、

登録費用はいくらぐらいなんだろう。

 

どんな書類が必要になるんだろう。

 

どうなったら開業になるんだろう。

など、開業までの流れってどうすれば、いいんだろう?と悩んでだりしますよね。
今回は、私が開業したときの流れをお伝えします。ざっくりではありますが、読んでいただければ登録から開業後のことも分かります。

行政書士会に登録しよう

行政書士に合格しただけでは、行政書士にはなっていません。行政書士になれる資格を得たにすぎません。行政書士になるためには、開業地区の都道府県の行政書士会に加入しなければ、行政書士になれません。

 

茨城県で開業するなら茨城県行政書士会です。加入するために、必要書類を作成収集して、登録費を行政書士会に納めれば大丈夫です。

行政書士になるための必要書類を揃える

・行政書士登録申請書
・住民票
・合格書
・履歴書
・登記されていないことの証明書
・身分証明書※免許などではありません。
・誓約書
・事務所になる建物登記簿謄本
・使用承諾書※賃貸事務所の場合
・事務所の位置図※ヤフー地図など
・事務所の平面図
・事務所の外部、内部の写真
・証明写真5枚

個人開業なら上記の書類を作成収集しなければいけません。詳細な作成方法や集め方は、書きません。それには理由があります。

 

これからあなたは、行政書士になると決めて開業しようと考えています、これが行政書士としての第一歩になるからです。他の申請でも上記のような書類作成収集が待っています。行政書士になるために、自分の力で調べて、作成収集してみましょう。

 

参考として私が属している茨城県行政書士会HPを載せておきます。ここで、入会手続きの方法が記載されています。他の都道府県行政書士会を調べれば、入会手続きの方法は載っていると思うので調べてください。

 

読んでも分からない箇所があれば、当該行政書士会で聞くようにしてください。それも行政書士になったら基本中の基本です。分からないことは、とりあえず調べる。それでも分からないときは、電話で聞くことです。くれぐれも適当に進めてはいけません。

行政書士の登録費

行政書士の登録費はどこの行政書士会も30万円超えない程度です。ちなみに茨城県だと287,000円になります。

 

支払いは、振込なのか現金持参なのかは各行政書士会によって違います。私が登録したときは、行政書士会に必要書類と現金持参でした。

開業地域の所属する行政書士会に必要書類などを持っていく

すべての必要書類が揃ったら、登録費と必要書類をもって所属する行政書士会に持っていく。事前に連絡しておいた方が、話がスムーズになるので必ず行政書士会に連絡してからいってください。

 

たぶんその時に印鑑も忘れずに持ってきてくださいと言われると思いますが、当日は申請書書類に訂正があった場合に必要になりますので印鑑は忘れないように持参したほうがいいでしょう。実際、私も訂正する場所が何か所かありました。

登録までに1か月半2か月はかかる

登録するの書類と登録費を納めたら、登録までに1か月半~2か月は期間が掛かります。登録式なるものがありますので、それが終れば晴れて行政書士となれます。

登録までの期間で、開業の為の機材を揃える

登録までに、ちょっとした期間が空くのでその間に開業するための機材を揃えるようにしましょう。私はパソコンなどはあったので、それ以外の

・ビジネススーツ
・インクジェット式プリンター兼FAX付き
・クリップやクリアファイルなど事務用品
・固定電話

当時、用意したものはこんなものでしょうか…本当に行政書士で開業するのに最低必要な機材はこの程度済んでしまいます。

今、開業するなら

今、私が開業するとなったら登録までの間に、こんなものを揃えてこんなことをします。参考程度に

・上記の物
・開業あいさつ葉書と作成
※プリンターがありますので自作します。
・見積書と請求書と領収書のひな型を作成
※行政書士会で手書き用が購入できます。最初は買って参考にするといいでしょう。
・近隣住宅に巻くチラシ作成
※インク代と用紙代を考えると自作よりラスクルなどに頼んだ方が安く済みますし、きれいにできます。
・名刺
※これも自作より、確実にラスクルのがいいです。最初は、自作で作ったものをお客様に渡したところ、『こんな薄っぺらい名刺じゃだめだよ』とダメ出しをもらったことがあります。それからは、お金を掛けてでも名刺は注文しています。

事務所webサイト作成

ここは、熱く語りたいのでタグを付けました。事務所webサイトを外注で頼むか、作成ソフトで迷っているなら、作成ソフトで自作をおすすめします。くれぐれも、外注に頼もうなどと思わないでください。費用も時間も無駄になります。私は、3回webサイトを作り変えています。

 

1回目はわけのわからない作成ソフトで作ったら、みすぼらしいwebサイトになってしまい失敗に終わりました。それでも、奇跡的に1件だけ受注できました。

 

2回目は、知人の業者に外注して作成を頼みました。出来栄えは1回目のより断然キレイに仕上がり期待もできると思ったのですが、1年半以上経過しても1件のご相談すらなかったのです。

 

なおかつ、自分では内容の手直しができず、毎回煩わしいやり取りを業者さんとしていました。費用も毎回掛かることに正直アホくさいと思いました。

 

その後、どうにかwebサイトで収益したいと考えていろいろとネットのことを勉強しました。そしたら、デザインよりもwebサイトの内容を充実させなければダメということが分かり、3回目のwebサイトを現在作成中です。

 

『シリウス』という新たな作成ソフトを購入して自作しています。このwebサイトもこのシリウスで作成しています。シリウスが購入できるサイトはこちら≫≫≫

 

開業登録までにやることはたくさんありますので、1つずつやるようにしていくといいと思います。

登録後、税務署に開業届する

行政書士の登録式を無事に済みましたら、すぐにでも売上を上げるために営業に行きたいと思います。ちょっとだけ、待ってください。焦らず、税務署に開業届を出しにいきましょう。

 

白色申告なら税務署に開業届を出す必要ありませんが、青色申告したほうが、税制面優遇されますので開業届を税務署に届けておきましょう。提出先は、事務所地区を管轄する税務署です。

 

添付書類などはないので、すぐに開業届できます。事前に開業届を書かなくても問題ありません行けば書き方も用紙も揃っています。税務署に一度連絡してからいった方が無難ですのでそうしてください。

さぁ、売上を上げるため営業方法を考えよう

ここからは、行政書士にも登録して無事に開業してからのお話です。無事に、開業できましたら、売上を上げるために営業して行くことになります。営業方法に、決まったルールはありません。違法なことはダメですよ(笑)

 

あなた自身が、事前に決めている営業方法があるならそれを実行すればいいでしょう。分からなければ、私が取った営業方法を載せておきます。

・チラシを作成して近隣住宅にポスティング
・開業あいさつ回り
・webサイト作成

この3種類を開業当初にやっただけです。最初に作ったチラシのデザインの画像を上げておきます。
行政書士事務所チラシ

最初の業務の対応はどうする。

最初の業務は、前触れもなくやってくると思います。私も開業してから3か月後に前触れももなくやってきました。

 

当時、行政書士会が主催している実務研修に参加していたときです。固定電話から私の携帯に転送がかかり、電話がなり出ててみると仕事の相談でした。

電話対応方法

最初の電話相談は、ドキドキの連続です。お客様は言いたいことを伝えまくってきますのでテンパること間違いなしです。そうならない為にも、あせらず軽く用件だけ聞いて『出先なので折り返し連絡します』と伝えてとりあえず、調べる時間を作りましょう。

 

相手の連絡先を聞いて電話を切り終わったら、ネットで調べられるだけ調べます。そして、タイミング見計らって折り返しの連絡します。詳しく内容を聞いて、その場で答えられるようなら答えてあげて、分からなければ『調べてみないと分かりません』と伝え訪問相談の約束します。

 

名前や住所や時間を聞きアポ取りし無事に終了です。アポは、数日置いてからにした方が無難です。なぜかというと、その間に訪問相談で聞かれそうなことを調べるからです。

訪問相談の対応方法

初の訪問相談もかなりのドキドキすると思います。私のときは、お客様の話が目まぐるしく変わり大変でした。かつ、戸籍などの書類も見せられ対応に困ったのを覚えています。

 

こちらで詳しく初業務のことも書いています≫≫≫

 

対応方法としては、雑談して和む雰囲気作るようにします。そして、自分の現状しっかり話すことです。例えば、開業して間もないことなど

 

そうすることで、見栄も張らなくてよくなりますので、分からないことははっきり『勉強不足なので後日返答します』と言えば大丈夫です。逆にあいまいなことを答えてしまうと信用がなくなり、不振がられてしまいますので気をつけてください。

 

報酬金額は絶対に聞かれることなので、必ず前もって準備しておきましょう。ある程度の金額で問題ありません。これは、必ず聞かれます。相談前にある程度の報酬金額を調べておき、聞かれたら口頭でもいいので答えるようにします。その時に、確実に着手金のことも説明しましょう。

 

私の失敗談なのですが、着手金をもらえず業務を進めて完了してしまったことがありました。完了後、請求書を送っても一向に払ってくれないお客様がいて困ったことになったのです。結局、最後は払ってもらったのですが、何度も請求のご連絡をしてお互いに後味か悪いものになったことを覚えいます。

 

今思えば、そのお客様は着手金も説明したが払ってくれませんでした。毅然とした態度で着手金をもらってから業務を進めていれば、ちょっとは違った結果になっていたような気がします。

受注後の対応

受注した業務をネット検索や書籍で、ありとあらゆる実務の勉強します。

 

それでも、分からないことは役所に聞くのが一番です。私は公正証書遺言書作成だったのですが、どうしても手続きの進め方にピンと来なく、結局公証役場に問い合わせして詳しく手続きの流れを聞いてしまいました。

 

そしたら、事務員さんが親切に電話越しで教えてくれ、なおかつパンフレットまで送ってくださったのです。その情報をもとにお客様と数回打合せ繰り返し、無事に業務を完了することができました。

 

受注後は、ありとあらゆる媒体を使って実務の勉強しながら進めていくしかありません。行政書士で開業すればこんなことは当たり前のことだと思ってください。

完了後請求書の発行と領収書の発行

業務が、完了後速やかに請求書発行し送付するか持参しましょう。と同時に領収書を作成しておきます。持参の場合、その場で支払をしてくれるお客様もいますので、領収書も必ず持参しておきましょう。

 

私は、よく業務完了後に手土産持って行ったりもします。それは、打合せ中に粗品をもらったりすることがあるので、そのようなお客様にはお返して『ご注文ありがとうございました』と気持ちを込めて渡したりします。

まとめ

以上が、登録から開業後の進め方として初業務の完了まで書いてみました。

 

これは、私が実際に体験したことです。

 

これから開業する人に役立つ情報を提供できたらうれしく思います。

 

登録開業まで、早くても2か月ぐらいは掛かると思います。その間も無駄にすることなく、売り上げるための行動するようにしたほうがいいです。

 

行政書士という魅力ある職業につけるように祈っています。これを読んで少しでも私のことが気になったらご連絡ください。包み隠さず、ご返答しますのでお待ちしております。


トップへ戻る