行政書士で気になる開業時の年収の現実を解説

行政書士で開業後の年収の現実とは

行政書士で開業後の気になる年収の現実とは

行政書士の年収ってどのぐらいなんだろう。

 

これから開業を考えている人は、こんな疑問があるのではないでしょうか。

 

開業する前は、私も似たようなことを考えおり、よくインターネットで『行政書士 年収』と検索しては調べていました。

 

正直、こんなことをしていないで、さっさと開業したほうがいいと今では思っています。

 

こんなことを言ってしまっては今回の行政書士の年収の真実ついて書こうとしているのに元も子もないですよね(笑)

 

・開業初年度から1000万
・生涯年収2億
・月収100万

 

こんなすごい先輩行政書士たちがいる中、開業して3年目の新人が書くと行政書士ダメじゃんと思われるかもしれませんが、これから開業を考えている人は開業当初のことが一番詳しく知りたいと思うのが現実的な悩みなのではないでしょうか。

 

さまざまな行政書士サイトやブログはありますが、なるべく真実を曲げず私の現実をお伝えしたいと思います。

 

これを読んで、少しでも行政書士という現実が分かってもらえたらうれしいです。

行政書士で開業して3年間の年収の真実

ここから私が開業してから現在までの年収と営業活動を簡単に書いていきます。現実を見たら愕然とするかもしれませんね。それでも真実を書いていきます。では

行政書士開業(半年)の年収の現実

私は、行政書士で開業したのは6月1日に開業です。できれば、1月1日開業の12月31日までの売り上げが分かればよかったのですが、初年度は6ヶ月ということにします。

 

初年度の年収です。

・車庫証明…3千円
・遺言書関係…7万円

計73,000円が初年度の年収です。実際、交通費などを入れると多少の誤差はありますがそんなには変動はありません。

 

これを聞いてどう思いますか。半年で70,000円これでは食べていけない…そう思われてもしょうがないと思います。それでも現実はこれです。参考になればと思うので、初年度の営業活動を書いてみます。

・近隣住民に開業あいさつのちらし巻き
・同業者に開業あいさつ
・地元の他士業に開業あいさつ
・知人、友人、前職場に開業あいさつ
・自作でホームページ作成(作成ソフト)
・Facebook、ブログ(アメブロ)、グーグル+などのSNS

開業当初は何をやっていいのか分からなかったので、開業本や他の開業ブログに書かれている営業方法をやれるだけやってみたのが上記にあげた営業活動です。結果、チラシ巻きと友人からの2件仕事をいただくことができました。

 

この営業活動以外に、行政書士会が行なう実務研修などがあります。私が所属しているのは茨城県なので、平日の昼間に茨城行政書士会にいって研修に参加したり、開業に必要知識だったり、小道具(朱肉やシュレッターなど)を揃えていました。

行政書士開業2年目の年収の現実

1月1日から12月31日まで行政書士として活動して初めての1年間です。それでは、2年目の年収です。

・相続関係4件…約50万円
・遺言書2件…約15万円
・農地関係2件…約18万円
・建設業関係1件…約7万円
・運送業関係2件…約6万円

計11件約96万円の売り上げです。惜しくも100万円は超えませんでした。もう少し詳細に金額と業務内容を書ければいいのですが、行政書士には守秘義務というものがあります。守秘義務とは関係ありませんが、詳細に書きすぎるのもよくありませんのでご了承くださいませ。

 

それでは、2年目の営業活動を書きます。

・地域を拡大して相続・遺言書チラシ巻き
・チラシと名刺を営業ツールに個別住宅に飛び込み営業
・地元スーパーにチラシ設置
・地元の建設業者様にはがきDM
・地元に遺言書の折り込みチラシ
・継続してFacebook、ブログ(アメブロ)、グーグル+などのSNSの更新
・商工会や市が開催する地域ボランティアに参加
・地域ボランティア活動でセミナー開催
・開業セミナーに参加
・知人にホームページ作成を注文

正直、開業2年目は焦りまくっていました。生活を成り立たせなければという思いが強く、どうにか仕事を取ってきて売り上げをあげることに頭がいっぱいだったのです。

 

しかし、気持ちとは裏腹に2年目の営業活動から満足できる結果は生まれませんでした。結果、チラシきまの2件、DM1件の3件です。それでも、初年度に営業活動したことが良かったのか、初年度に営業した先(地域)からお仕事が来ました。

 

行政書士の仕事は、よく忘れたころに仕事が来ると言われています。これは本当のことです。ラーメン屋さんのように歩いていて、サッと立ち寄ってお客様がくるような仕事ではないことが体験して分かりました。

 

しかい、忘れたころに仕事がくるといっても生活費はどんどん減っています。生活は待ってくれませんのでどんな営業活動しても、満足することができなく早急な結果しか求められなくなりました。

 

そうこうしている内に生活費を稼ぐためにアルバイトも始めて、朝起きるのもつらい毎日をおくったのが2年目でした。営業活動も、これはダメだったからじゃーあれもこれもと手を広げてしまい、継続した営業方法ができず失敗の繰り返しを経験してしました。

開業3年目の年収の現実(現在進行中)

開業3年目の年収です。

・相続関係5件…約55万円
・遺言書関係3件…約15万円
・離婚関係2件…約1万円
・農地関係1件…約7万円
・内容証明1件…約1万円
・会社関係2件…約4万円
・運送業関係1件…約3万円
・契約書関係1件…約7万円
・セミナー関係1件…約3千円

計17件約93万3千円です。
中には、着手金だけいただいて現在進行形中のもあるので、どうにか2年目の売り上げを超えられそうです。それでは3年目の営業活動を報告していきます。

・巻いた地域に再度チラシきま
・チラシと名刺を営業ツールに個別住宅に飛び込み営業
・遺言書に特化した折り込みチラシ(3地域に各6000枚)
・ホームページを再構築(自作)
・商工会(名前だけで不参加)
・前職場関係からセミナー

ここで着目してほしいことがあります。売上金額ではなく、2年目と3年目の営業活動の量と行った業務の種類の量です。

 

営業活動の量と行った業務の種類の量が2年目と3年目で逆転していることが分かります。3年目は、営業活動の量が減ったのに対して、明らかに業務の種類の量が増えています。

 

これから分かるように行政書士という職は徐々にではあるが、確実に仕事量が増えていき売り上げがあがっていくことと推測されます。

 

開業3年目にもなるといろいろなことが分かる

開業して3年目になるといろいろな角度から行政書士という職が見えていきます。3年目の営業活動の量が減ったことも理由があります。

自分に合っている営業活動が見えてくること

これは、さまざまな営業活動していると自分にあった営業方法が見えてきます。私は、お酒が苦手です。なので、お酒の集まりや人がたくさん集まる集会が大の苦手です。

 

開業したらたくさんの人と会うことが売り上げを安定させていくために必須条件です。手っ取り早く人と会うためには、そのようなお酒の集まりや集会に参加して名刺を配るのことが効率的にいいです。

 

私も、最初は嫌でもそのような場所に参加していました。しかし、あまりにも嫌で胃が痛くなってしまったのです。
※誤解を招くといけないので言っておきます。集まる人たちは、みんないい人ですよ。ただ私自身に問題があるだけです。

 

それを機にその営業方法は辞めにして、チラシきまと個別住宅に飛び込み営業をメインに切り替えました。基本的に人と話すことは好きなのでこの営業活動でも多くの人に会えますし、体を動かすことが好きな私には適した営業方法になりました。

費用対効果が悪い営業活動が見えてくること

これは時間と費用を使って営業活動しているのに思ったようなに仕事に繋がらないことが分かってきました。要は費用対効果が悪いということです。

 

ブログやFacebookなどのSNSは、ほぼ毎日更新しなけば意味がありません。更新が止まってしまえば、異臭が発生してきます。

 

あの行政書士、本当に活動しているのかという疑いが出ててきてしまいます。

 

更新する内容がなくなると更新するのもおっくうになり、それでもどうにか毎日更新しても一向に仕事に繋がるようなことも起きません。そうなると自然とモチベーションが下がり更新作業がやめてしまい、何日も更新されていない状態で放置プレイになってしまいます。

 

その他、知人にホームページ作成を注文しましたが、更新するたびに費用や煩わしいやり取りの時間が勿体ない。それでもお問い合わせがくればいいですが、1年間経っても1件も来ないという結果に終わりこれも費用対効果が悪いという判断にいたりやめることにしました。

 

このように、費用対効果が悪い営業活動はやめることにして、少ない時間と費用をかけてより効率の良い営業方法にシフトチェンジすることになりました。

補足おまけ

私の知っている先輩行政書士で、1件の仕事で150万円を稼ぎ出した先生がいます。私より開業歴が10倍長い30年のキャリアがある大ベテランの先生です。

 

仕事の内容は、産業廃棄物処理関係と言っていました。産業廃棄物関係は、県をまたぐとその県ごとに許可が必要になってくる場合があります。そうなってくると、仕事の難易度は高くなりますがそれだけ高単価で仕事が受注できるようにもなります。

 

私の1年分の売り上げを軽く超えています…このように行政書士という仕事は安い仕事から高単価な仕事まであることが分かります。

まとめ

ここまで読んでどう思いましたか。やっぱり、行政書士は食えないと思いましたか。それとも、努力すれば十分食える仕事だと思いましたか。とらえ方は人それぞれです。

 

行政書士は、開業して3年程度では食べていけいけない職業かも知れません。これはまぎれもない事実です。

 

もしかしたら、中には3年目で年収1000万円を超えている先生もいるかも知れません。それはかなりの稀なケースだと私は思っています。しかし、そんなに悲観することでもありません。行政書士という職業は開業の年数がものをいう職業です。

 

営業活動を絶え間なく努力していけば、自然と仕事は増えていくと私は確信しています。なぜかというと先輩先生の生体験談を聞いているのでそういう確信できます。

 

開業当初はかなり厳しいと思います。そこを切り抜ければ、必ず行政書士で食べて行けるだけの年収が稼げるようになります。なので、これから行政書士で開業を悩んでいる方が、これを読んで少しでも行政書士で開業して頑張っていこうと決意していただけたらうれしく思っています。


トップへ戻る