行政書士試験前日の過ごし方。

試験前日の過ごし方。休むべきか勉強するべきか悩む人へ

行政書士試験前日の過ごし方はどうしますか。休むべきか、勉強するべきか

試験前日の過ごし方

行政書士の試験前日の過ごし方について悩む人がいます。

 

ゆっくり休むべきなのか、本試験までノンストップで駆け抜けていくべきか。

 

結果、私から言わせてもらえれば

 

人それぞれだと思います。

 

試験当日に、万全の状態で望みたいと思うなら心身ともに休めてもいいでしょう。

 

逆に

 

緊張の糸を切りたくないと思う人は、本試験までノンストップで駆け抜けても問題ありません。

 

前日の過ごし方に、正解はありません。

 

自分と対話して、決めていくべきです。

 

私は、前者の心身ともに万全の状態で本試験に望みたかったこともあり、勉強は適度にしてゆっくり過ごして本試験に望みました。

 

今回は、合格した前日の過ごし方について私の体験談を書いていきます。

前日の過ごし方は、人それぞれ

題にも書きましたが、前日の過ごし方は人それぞれだと思います。前日は、緊張した脳と体を休めるためにゆっくりと過ごすことがいいと言う人もいれば、本試験が終わるまでは、ノンストップで駆け抜けるべきという人もいます。

 

人にいうことに惑わされないで、自分がどうしたいか決めればいいと思います。今まで、充実した勉強ができていればゆっくり休むのいいですし、集中を切らしたくないと思えば本試験まで突っ走ればいいです。

前日に勉強しても結果は変わらない

行政書士のような難関資格は、1日の勉強をするかしないかで、合格の可否は変わりません。合格を左右するのは、この1年間勉強を継続できたかできなかったかです。

 

もし、受験生のあなたが日々の勉強をサボらず、努力してきたならば前日の勉強をやらなかったとしても、知識の量に変化はありません。勉強をするかしないかは気持ちの問題になり、他人が決めたことが正解ではなくあなた自身の心の中で決めることです。

 

筆者の前日のとった行動

では、参考程度に私が合格した年にとった前日の行動を書いていきます。

本試験から合格までのイメージをする

本試験から合格までのイメージをするようにしました。イメージをする時間を取るわけではなく、ふと空いた時間などに

 

本試験の合図がなったら、全体の問題を確認して行政法から進めて法令が終わったらトイレを行って、後半戦は記述を解いて…無事に終了して…夜は、予備校の即日解答を見て無事に合格できていることを確認して、合格発表までに開業の準備してなど…

このように、合格している自分の良いイメージをするようにしていました。

良いイメージを持つことが大事

どんなことでもいいイメージを持つことが成功するために大事です。どんなに能力があっても、悪いイメージしかできなければ結果は悪くなってしまいます。

 

逆に、能力が少しだけ劣っていたとしても良いイメージができれば気持ちで能力はカバーできることもあります。合格を成功に例えるなら、行政書士に合格している自分をイメージすることが大事になってきます。

試験当日と同じ時間に起きる

仕事の後に夜遅くまで勉強している人もいると思います。私も基本的には夜型の勉強方法をとっていました。そのような人は、夜型の体内時計のリズムになっています。しかし、そのままでは試験に対応できません。

 

本試験の開始時間は13時の昼間になるので、体内時計の切り替えをしておく必要があります。

脳の能力を最大限に生かす

また、脳の能力が最大限に生かすためには、起床後4時間と言われています。集中したい仕事や、大事なことはその時間を目安にするといいででしょう。なので、私は、試験時間から逆算して4時間前の朝9時に起きるようにしました。

試験前日は、2時間の勉強で済ます

私は、試験前日は2時間程度の勉強で済ませるようにしました。

 

なぜかといいますと勉強をやり切ったので前日に勉強しても結果は変わらないと思ったこと、と不安を作りたくないと思ったからです。

 

不安を作りたくないとはどういうことかと言いますと、勉強すればするほど合格したいという思いが強くなり、合格できないじゃないかと悪い考え方しかできなくなってしまうです。そうならないように、前日の勉強は根を詰めすぎないように2時間の勉強にしました。

2時間の勉強内容

その2時間の勉強で

・記述式の見直し
・模試の違った箇所の見直し
・本試験で解く10問

この3種類をやりました。

記述式の見直し

記述式の点数は、3問中60点という高配点です。点数が取れるか取れないかで、合格を左右すると思います。私は、模試試験を20回ぐらい行っていたので前日にすべての記述式を再度チェックしました。本試験では、運よくそこから2問似たような問題が出題されました。

模試の間違った箇所の見直し

模試で間違った基礎問題を見直しました。基礎問題は、間違ってはいけない問題のことです。例えば条文問題や過去問で繰り返し出題されている問題のことです。問題集や模試にA、B、Cランク付けされていると思います。そのAランクの問題です。

本試験で解く10問

脳を温めるために、必要な問題を本試験までに10問程度ピックアップしておきます。当日、緊張して頭が真っ白にならないように、前日にその10問が難なく解けるように解いておきました。
※問題の質は、超簡単な問題で大丈夫です。

自分の時間を使ってリラックス

2時間の勉強が終わった後は、自分の時間を有意義に使っていました。次の日に大切な試験があると分かっていたので、前日ぐらいは体と脳を休ませて心身ともに万全な状態で本試験に望みたいと私は思っていました。

 

家族がいるので家族と一緒に近くのショッピングモールに出かけて、好きなコーヒー飲んだり買い物をしたりしてリラックスするように心掛けました。

試験日の持ち物をチェック

当日、試験に必要な物をまとめてチェックします。消しゴム2個と鉛筆3本と受験票は、必ず忘れず入れるようにしたほうがいいです。後は、簡単な問題10問だけ持っていくようにしました。

 

当日の持ち物は、最低限必要なものだけを持っていくようにしました。重いテキストや問題集をもっていくと、邪魔になるばかりか、あれもこれもと確認してしまい本番に差し支えてしまうと思ったからです。

補足

よく本試験にテキストと問題集をもって試験場の付近や会場の机で勉強している受験生を見かけますが、これはおすすめできません。これから3時間の長丁場の試験に望む前から脳と心が疲弊してしまい、良いパフォーマンスできないと私は思います。

 

競馬で例えると、馬がレース前に焦れ込ん(いれこむ)でしまい、体力が消耗してしまう状態のことと一緒です。そうならない為にも、試験当日は必要最低限の持ち物だけを持っていくことをおすすめします。

前日の就寝は早め

極端に、早く寝る必要ないと思いますが、試験当日に疲れを残さないように、適度な時間に就寝するようしましょう。

 

お酒を飲むならいつもより量を減らすなどして、次の日に万全の状態を望めるようにするべきです。私は、7時間の睡眠はと取りたいと思っていたので夜12時までには寝るようにしました。ここまでが、試験前日に取った行動です。少しでも参考になったらうれしいです。

 

まとめ

行政書士の試験前日は、ゆっくり休んでもいいし、本試験が終わるまでノンストップで駆け抜けてもいい。

 

どっちをとっても、今まで継続した勉強と努力ができていれば合格の結果はさほど変わらない。人のいうことに左右されず、自分の心と対話して決めるべき。


トップへ戻る