講座を選ぶべき『3つの理由』

読むべき!行政書士の初学者が講座を選ぶべき『3つの理由』

行政書士の初学者が講座を選ぶべき『3つの理由』

行政書士の初学者が講座を選ぶべき『3つの理由』

初学者が行政書士に短期合格を目指すなら、迷わず講座を選ぶべきです。

 

講座には、合格するための情報がすべて詰まっているからです。

 

勉強の進め方や勉強方法に迷っている時間がすごく勿体ないです。進め方や勉強方法などで悩んでいたら短期合格は難しいと思った方がいいです。

 

そこは割り切ってお金を払ってでも講座に申し込んで、時間を作るようにしましょう。そして、その時間を合格するためだけの勉強に費やすべきです。

 

今回は、『初学者が行政書士に短期合格を目指すなら講座を選ぶべき理由』を詳しく説明したいと思います。

独学の大変さ

先ほどもいいましたが、講座に申し込めば合格するための情報がすべて手に入ります。これだけは伝えておきます。

 

では、初学者が独学で進めようとすると『合格するためにこんなことを1人でこなしていかなければならないぞ。』ということをあなたに知ってもらいたいと思います。

・教材選びからスタート
・勉強方法を調べる
・勉強の進め方を決める
・勉強を開始するも分からない箇所を逐一調べる
・調べても分からない勉強の悩みの解決方法を考える
・受験願書の出し方などを調べる
・直前期の模試を決める

そして本試験に望む。

 

上記に挙げたことを独学なら誰のサポートも受けずに、すべてクリアしていかなければなりません。これが、どれだけ大変か考えてみてください。

 

あなたが、行政書士という名だけを知っていて法律も勉強したことがない人だったらどうですか。法律用語も分からず、教材を読むだけでスムーズに合格までたどり着けると思いますか。それも短期合格です。

 

私なら完璧に無理です。努力義務?推定?類推適用?何のこっちゃ??

 

初学者ならこうなるのがオチですよね。そうならない為にも、お金を払ってでも講座に申し込んで合格を目指した方がいいと思います。

初学者が短期合格を目指すなら講座は必須な3つの理由。

・短期合格するための情報がすべて揃っている
・資格のプロという味方がいる
・やるべきことが明確になる

短期合格するための情報がすべて揃っている。

何度もいいますが、講座に申し込めば合格するための情報がすべて手に入ります。進め方も、勉強方法に迷ったときも、法律用語の理解ももちろん最初に挙げたすべてことを対応しています。

 

合格するための準備は、すべて講座がやってくれます。短期合格を目指すなら、これは凄く重要なことです。

資格のプロという味方がいる。

講座には、講義が付いているものもあります。その講義は、行政書士の勉強に特化した講師です。行政書士に合格させるためのプロです。ただテキストを読むより、講師の声と映像を見聞きしながら学習するこで独学で学ぶより、はるかに勉強の理解度の速さが変わってきます。

やるべきことが明確になる。

講座には、合格するための情報が詰まっています。それは、無駄な時間を減らして勉強だけに使いなさいということです。1分1秒までは言い過ぎですが、短期合格するためには無駄な時間を使っているヒマないことになります。やるべきことは、合格するための勉強だけです。

 

独学の場合、教材などは自分で揃えることになります。その教材に問題がなくても独学方法に問題があったことによって、その問題を教材のせいにしてしまい新しい教材を購入してしまうなどの無駄なことをしてしまう場合があります。

 

しかし、講座ならすべての教材がそろっていますし、高い費用を払っているので信用度も違ってきます。講座によっては、勉強方法を教えてくれるとこもあります。その講座を信用して勉強をしていけば無駄なことをしなくて済むようになります。

費用の悩み

 ここでは、講座の費用の悩みついて説明します。

講座費用は高いのか?

講座に申し込めば、必ず費用は掛かります。それは独学でも同じことが言えます。結構、独学の費用も最低でも4万5千円ぐらいかかると思います。

 

現在の講座なら、6万円弱で受けられるものあります。これを考えれば、講座もそこまで高くはないかと思います。通学を講座を考えているなら、話は別になりますが・・・通学講座では、大手のもなら20~25万円になります。

開業後、2件の仕事で元は取れる。

一番高い通学講座(20万弱)でも、行政書士に合格して開業すれば、2件の仕事を受注すれば元は取れます。逆に費用をケチって独学で進めて、最悪、再受験になるほうが、お金も時間も掛かってしまいます。

 

なおかつ、開業も遅れて、受注できたかも知れない仕事を逃すことで、講座費用の回収も遅くなってしまうという問題が発生してしまいます。先行投資だと思って講座を選びましょう。

独学と講座を利用した後の比較

独学の場合
1年目…教材費4万5千円
2年目…2万円追加
2年目で合格
利益…赤字6万5千円

講座の場合
1年目…講座費20万
2年目…開業売上100万円
1年目で合格
利益…黒字80万円

このように、たった1年の差でこれだけの差が生じてきます。これが2年3年と続けば売上も伸びてきます。合格するための費用を安くしたいからいってケチってしまうと、後々の収益に影響を及ぼすことになりますので注意が必要です。

 

講座は合格するための情報だけ、それだけでは合格できない。

ここで講座に申し込んだからといってくれぐれも間違った考えをおこさない様に伝えます。講座を申し込んだからと言って、合格できたと思わないことです。中には、講座に申し込んだだけで合格が保障されたと勘違いする受験生がいます。

 

あくまでも、講座は合格するためだけの情報を与えているだけにすぎないということです。講座を思う存分使って勉強しなければ、行政書士に合格するのは厳しいと思った方がいいです。要は講座を生かすも殺すも自分の努力次第になります。

まとめ

ここまで読んで、初学者のあなたが独学を選ぶことはないと思いますが、

 

うんざり、するぐらい言いますね。短期合格を目指すなら、絶対に講座を選ぶべきです。

 

講座には、合格するための情報がすべて揃っているからです。あとは、あなたの努力(合格するためだけの勉強)次第で合格が見えてきます。

 

資格を取る期間が、本当に無駄な時間です。その無駄な時間、少しでも短期で終わらせて新たな道に進めるようにに頑張るべきです。


トップへ戻る