行政書士の勉強を始める前にスケジュールを立てる必要性

「重要」行政書士の勉強を始める前に勉強計画のスケジュールを立てよう

「重要」行政書士の勉強を始める前に勉強計画のスケジュールを立てよう

公正証書遺言

誰でも何かをするとき、スケジュール(計画)立ててから行動を興すと思います。しかし、行政書士試験に合格するための学習スケジュール(計画)となると…

 

億劫だから」「作り方が分からない」「勉強を進めていけば大丈夫

 

などの理由で学習スケジュール(計画)を立てずに勉強を進めている受験生が多くいます。これを読んでいるあなたもそうではないでしょうか。スケジュール(計画)を立てないで勉強を進めることは危険です。

 

スケジュールを立てないことにより、効率よく勉強を進めることができなくなるばかりか、間違った方向に進んでいることにも分からず軌道修正ができなくなってしまいます。スケジュールを立てることは勉強進めていくための指針になる重要なものになります。

 

そうならない為にも、勉強をスタートする前に勉強を効率よく進めるための学習スケジュール(計画)を立てることが必要になってきます。

 

今回は、学習スケジュールについて詳しく書いていきます。

勉強スケジュール(計画)を立てる目的

多く受験生は、仕事や育児などをしながら合格を目指している人も多いのが現状です。そのような受験生は、無駄な時間を省いて効率よく勉強し合格したいと考えています。

 

しかし、勉強スケジュール(計画)を立てずに、がむしゃらに勉強を進めている受験生がほとんどです。スケジュール立てなくても、合格できると思いますが、その勉強の進め方では多くの無駄な時間を使っています。

 

どんなことでも、計画は立てることが必要です。例えば、あなたが旅行を考えた場合、行く前に滞在日数に照らし合わせて行動計画を立てると思います。

 

初日目はここで、2日目はあそこに行ってランチは有名なここで食べようかなと、観光したい場所や食事をしたい場所の計画を立てると思います。

 

なぜ、こんな計画を立てるかというと考える時間を省いて旅行をしている時間を無駄なく楽しみたいから立てるのです。

 

これは行政書士試験でも同じことが言えます。効率よくかつ無駄を省いて短期に合格を目指すために、あなた自身の生活を見直す必要があります。どれだけ勉強できる時間が確保できるのか」「試験当日まで何日あるのか」「いつまでにどんな科目を終わらせるのかなど、生活の中で勉強にどれだけの時間を費やせるのか把握することが重要です。

勉強スケジュールの作成目的

勉強スケジュールを立てる目的は、大まかにこの3つです。

・効率よく時間を使うため
・無駄を省くため
・短期に合格を目指すため

効率よく時間を使うため

行政書士の科目は、6科目にもなります。1科目にどのぐらいの時間を使えるのか把握しなければいけません。または、科目だけに着目するのではなく模試をいつからぐらいから始めるのか記述対策はいつからスタートするのかなど、

 

大まかなスケジュールを組むことで、効率的よく時間を使うために必要になります。

無駄を省くため

スケジュールを立てることは、大まかなものもあれば、短期的なものもあります。毎日、勉強を始める前に「う~ん?今日はここまで進めようかな」などのように考えていては、時間だけが過ぎていくばかりです。

 

そのような無駄な時間を省くために、一週間分の進める方を組んだりすることもスケジュールを立てることです。

短期に合格を目指すため

上記の2つの目的を達成できることによって、短期合格を目指せるようになります。スケジュールを立てないで、進めていくことはゴールが見えないままやみくものに突き進んでいるようなものです。

 

ゴールを明確に意識して、的確なスケジュールを立てることによって無駄を省いて効率が良くゴールまでたどり着けるようになります。

 

長期的計画から中期的計画へそして短期的計画へ落とし込む

受験生の中には、行政書士試験を3か月の勉強で短期合格したいと思ってる人もいると思いますが、現実を考えたら難しいと思ってください。

 

行政書士試験は3か月の学習時間で合格できるような試験ではなく、半年から1年間の勉強計画を立てて合格を目指すことが普通です。

3か月で合格できない理由

行政書士の科目は全部で6科目です。憲法、行政法、民法、会社法、基礎法学、一般知識、テキストだけで言えば、合計800ページ以上にも上ります。それに問題集も入れると1600ページは超えることになります。
※ページ数はWセミナー合格革命シリーズの情報を基にしています。

 

テキストを細部まで読むのにも、1週間は掛かってしまいます。問題集を解くためには、テキストを行ったり来たりするのでもっと時間が掛かります。

 

実際には、勉強する教材はこれだけではありません。条文を読むための六法や、判例を覚えるための判例集が必要になる場合もあります。

 

また、行政書士は合格するために約800時間の勉強時間が必要と言われてます。3か月で800時間を満たすためには、毎日8時間の勉強時間が必要になってきます。これで現実的に厳しいことが分ると思いもいます。

 

では、どのような勉強スケジュール(計画)を立てればいいのかといいますと、ざっくり立てて、徐々に細かく立てていくことがいいと思います。

 

例えば、最初は大まかに長期的な計画を立て、次に長期的計画を達成するために中期的な計画を立てます。最後に中期的計画を達成するための短期的な計画を立てるようにします。

長期的な計画

勉強を始めてから受験日までの日数と1日の勉強時間と休みを考慮した大まかな総時間を出します。

 

例えば、受験日まで215日(約7か月)で休みは週1の31日合ったとします。差し引きし残りの184日に勉強時間3hを乗じてあげて総時間を出してあげます。
(215-31)×3h=552h
その総時間に対して、各科目とその他記述や模試などに費やせる勉強時間を振り分けていきます。

 

目安として、すべての法科目と過去問の分析は受験日3か月前に終わらすようにします。残り3か月は科目の弱点補強と記述対策と一般知識対策と模試の追い込みに時間を使うようにすることが望ましいです。

▼前半4か月
憲法・民法・行政法・会社法・基礎法学
▼後半3か月
科目補強・記述式・一般知識・模試

中期的な計画

中期的なスケジュールは、長期的なスケジュールに対して達成できるように立てます。例えば、前半4か月の法科目では民法と行政法の割合が高いので多くの時間が必要になります。

 

他の3科目(憲法・会社法・基礎法学)は1か月半で終わりにして、残り2か月半で民法・行政法を終わらす計画を立てます。

 

後半の3か月は、試験日1か月から追い込みをかけることが重要になってくるので、それまでに科目補強・記述式・一般知識を終わりにしておく必要があります。

▼前半4か月
1か月半⇒憲法・会社法・基礎法学
2か月半⇒民法・行政法

 

▼後半3か月
2か月⇒科目補強・記述式・一般知識
1か月⇒模試・追い込み

短期的な計画

短期的なスケジュールは、中期的なスケジュールに対して達成できるように立てることが重要です。中期的な計画の例から1か月半で憲法・会社法・基礎法学で終わらせるように計画を立てます。

 

例えば、2週間ごとに憲法と会社法・基礎法学を終わらす計画を立て、1週間ごとに1日の進み具合を確認してきます。

▼憲法 ▼会社法 ▼基礎法学
20日 15日  10日

このように、長期的な計画は、ざっくりと立てて、徐々に細かく計画を立てて落とし込んでいくことがいいでしょう。

勉強を進めるための学習スケジュール(計画)のもう1つの役割

勉強を進めるための学習スケジュールを立てる役割は、効率的な時間を使うため以外にもあります。勉強が思うように進めていなかった場合の軌道修正をするのに役立ってきます。

 

どんなに完璧なスケジュールを立てたとしても、いざ勉強を進めていくと仕事の頻繁期でどうしても勉強時間が取れないなど、何らかの理由で必ずスケジュール通りに進まないことがおきます。

 

そうなったときに、計画スケジュールと現在の進み具合を照らし合わせて、軌道修正をおこっていくことが必要になってきます。

 

例えば、憲法を2週間で終わらす予定だったが終わりそうにないと分かった時点で、休みを返上して勉強時間を確保するか、期間を延ばすなどの修正を掛けていきます。

 

このように、スケジュール(計画)を立てることによって、進み具合を把握して受験日まで大きくズレないように軌道修正していける役割もあります。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。スケジュールを立てる大切さとスケジュールの組み方分かったでしょうか。

 

スケジュールを立てないということは、合格というゴールは見えているがゴールまでの地図がないようなものです。地図がなければ永遠にゴールまでたどり着かないかもしれません。

 

そうならない為にも、ゴールまで記した地図(スケジュール)を立てるようにしてください。大雑把なスケジュールでも大丈夫です。進めていくうちに細微な軌道修正をかけていけば問題ありません。

 

行政書士の勉強を始める前に、面倒くさいと思わず、勉強スケジュールを立ててゴール(合格)の方向を間違えないようにしていきましょう。

 


トップへ戻る