試験当日の過ごし方はどうする?

試験当日の過ごし方はどうする?

これを読んでいる受験生たちは、行政書士の試験日が近づいているころでしょうか。私も受験当時を思い出すと、試験当日はどんな状態で望めばいいか迷っていたのを覚えています。

 

テキストは持っていくべきか、問題集は必要なのか、会場には何時ごろに着がいいのだろうかなどいろいろ考えていました。

 

ネットで調べると、テキストや問題集は持っていくな。会場には1時間前がベスト。などたくさんの情報が書かれています。

 

今回は、私が経験した試験当日の過ごし方について詳しく書いていきます。

起きるのは、試験4時間前に起きるのがベスト

統計の調査で、起床4時間後に脳が活性すると言われています。逆算すると試験開始が13時からなので、9時前には起きるのがベストと言えるでしょう。

 

しかし、絶対に9時に起きなければいけないかというとそんなことありません。流石に、試験に1時間前とかなら問題はあると思いますが、多少9時前後に時起きるなら問題ないと思います。

朝食はいつも通り

起床後、いつも通り朝食を取りましょう。気張って、朝からカツカレーなんか食べないでくださいね。試験まで残ってしまうと思考が鈍ってしまい、大問題です。

 

いつも通りのメニューを取って、脳に栄養を与えてあげて活性させてください。私は、コーヒーとパンが好きなので、いつも通りのメニュー食べて試験に向かいました。

朝食後はリラックスする

朝食後、試験会場に向かうまで時間があれば、最終の持ち物をチェックしたり音楽聞いたりしてリラックスできるように自分なりに工夫するといいでしょう。私は、子供たちと軽く遊んだりしてリラックスしました。

最終の持ち物チェック

試験会場に向かうときは、必ず持ち物のチェックは行ってください。受験票と筆記用具と腕時計(アナログ)と簡単な問題10問は、必ず持っていくようにします。最悪、受験票を忘れても受付できますが、忘れた場合気持ちに動揺が起きてしまいますので十分に気を付ける必要があります。

 

また、時計は試験会場によってはなかったり、試験官の机に置いてあるのですが遠くて見にくいなどの問題があります。法令科目ばかりに時間をかけすぎて、一般知識の問題が終わりませんでした。なんてことになったら大問題になります。

 

このように、試験中の時間経過の確認はかなり重要になってきます。試験の進み具合を見て、解答の順番を変えたり微調整を行うことをしなければなりません。腕時計も試験には必須アイテムになりますので、忘れないようにしましょう。

昼食は軽食にする

昼食は、軽食にするべきです。空腹時のほうが脳に血液が多く回ってくるので集中力が高まります。

 

逆に、お腹いっぱい食べてしまうと、脳の動きが遅くなってしまいます。胃に入った食べ物を消化するために力を使うことになり、脳まで血と酸素がまわってこず集中力がなくなってしまいます。

 

それでも、3時間、目いっぱい脳の力を使うには動かす栄養も取っておく必要があります。試験開始から逆算して2時間前に取るようして、おにぎりやパンなど消化がいい食べ物にしたほうがいいでしょう。

試験会場には1時間前の12時入り

試験当日は、多くの受験生たちがその場に集まってきますので、試験会場には余裕をもって向かった方がいいです。

 

私は、茨城県の会場で受験したときは車で行きました。その時は1時間前に着いたのですが、すでに会場近隣のコンビニや道路は、受験生たちと思われる人たちで混雑していたのを覚えています。なので、試験会場には、余裕をもって1時間前には着くようにしたほういいでしょう。

 

初受験の受験生は、合格できる力があるのにピリピリした受験生たちを目に当たりするとその雰囲気に飲まれてしまい、力が発揮できなくなり最悪の結果になってしまうこともあり得ます。

 

そうならない為にも、多少でも早く入ってその場の雰囲気になれ気持ちを落ち着かせるようにしたほうがいいです。受験会場は、大学で行われることが多いです。茨城県は、つくば大学や流通経済大学などが受験地になっています。

 

私は、大学にはいっていなかったので、大学という場所は初めてだったので、構内を少しだけ歩き回って気持ちを落ち着かせるように見学していました。

飲み物は忘れずに

試験は、11月の半ばです。結構は肌寒く、空気もそれなり乾燥していますので飲むものは必要です。とくに会場内は人が多いのでピリピリした熱気と乾燥でのどが渇くと思います。

 

試験中は、飲みものを飲むことはできませんが開始直前にのどを潤したくなります。必ず飲みものを買っておくといいでしょう。

テキストや問題集は開かない

よくテキストと問題集をもって試験場の付近や会場の机で勉強している受験生を見かけますが、これはおすすめできません。これから、3時間の長丁場の試験に望むのに、その前から脳と心が疲弊してしまい良いパフォーマンスできません。

 

競馬で例えると、馬がレース前に焦れ込ん(いれこむ)でしまい、体力が消耗してしまう状態のことと一緒です。そうならない為にも、試験会場では勉強をすることはおすすめしません。

おまけ

はっきり言いますが、試験直前に勉強しても結果は変わりません。行政書士の試験は難関資格に入りますので、一夜漬けみたいな勉強方法で受かるものではありません。継続した勉強と努力ができて、はじめ合格できる試験です。

 

あなたが継続した勉強と努力ができていたとして、受験会場で勉強している受験生を見かけたら「不合格に足を突っ込んでいる人たちがいる」ぐらいの気持ちでいましょう。

試験30分前に脳を温めるために10問解く

試験開始15分前に、試験員が試験の説明が始まります。説明中は、問題を解いたりテキストを開いたりすることもできなくなります。開始直後にスタートダッシュをするための準備を開始30分前になったら始めます。準備といってもただ問題を解くだけです。

 

この問題は、超簡単な問題です。間違えっても難しい問題を選んではいけません。簡単な問題を解いて、脳の準備運動だと思ってください。脳を温めるために事前(前日まで)に準備しておいた問題10問を解いて、脳を受験モードに切り替えましょう。

 

試験前日の過ごし方の記事はこちらから≫≫≫

トイレは開始直前にいくべき

これは、そのままです。試験開始直前に、トイレに行きましょう。

 

原則、試験中はトイレは厳禁です。やむを得ない場合はいけますが、開始直後にいったら試験員に不自然に思われますし、我慢していたら問題に集中できませんので必ず直前にトイレは済ませておきましょう。

試験開始合図で、一呼吸置いてから全体の問題を確認する。

よく見かけるのが、試験開始と同時に問題を開いていきなり解く受験生を見かけます。私は「あーこの人落ちたな」と心の中で思います。

 

これもさっきの競馬で例える焦れ込み(いれこみ)状態です。興奮して周りが全然見えていない状況で冷静さを失っていることになります。この状態では、問題の難易度や種類が把握できなくて不合格まっしぐらです。

 

そうならない為にも、試験開始合図がなったら、一呼吸置いて全体の問題を確認してから始めるようにしたほうがいいでしょう。

問題の質と確かめる

問題全体の質を確かめることによって、

・問題の難易度
・解きやすい問題
・記述式の内容
・文章理解の文字量

などが分かると合格するための最短距離を把握することができます。

 

例えば、
・学説問題や長文問題は飛ばして、簡単そうな条文問題を先に解く。
・記述式の行政法は簡単そうだから、記述式の中で最初に解く。
・文章理解の空欄問題を先に解こう。
など試験の進め方を組み立てることができるようになります。

おまけ

問題の質を見極めるためには、模試試験のときから癖をつけておくといいです。急にやれと言われてもできないと思うので、事前に練習しておきましょう。

法令が終わったところで、トイレ休憩にいく

多くの受験生は、法令科目から解いていく思います。私もそうでした。法令科目の5肢択一だけを70分で終われば理想的です。法令科目が終った時点で、疲れた頭を一度クリアにする必要があります。

 

後半は、一般知識の足きりや記述式や文章理解などミスが許されない問題に挑むから、再度集中力が必要になってきます。そこで、トイレ休憩をうまく利用しましょう。原則、試験中のトイレ休憩は厳禁ですが、やむをえない場合はトイレにいけます。

 

そのトイレ休憩を利用してストレッチなどして頭をクリアすることで、後半戦も集中して試験が進めていけます。ちなみに、私はトイレ休憩中に冷たい水で洗顔をして、後半戦に望みました。

後半戦は記述式と文章理解を優先して解く

トイレにいって、再度集中できるようになりましたら試験の後半戦です。後半戦は、記述式と文章理解を先に解きましょう。時間を余らせてゆっくりと最後に長文問題を解こうする受験生がいますがそれは極力やめた方がいいです。
※法令で飛ばした長文問題は最後でも問題なし

 

本試験中は、自分が思い描いたように進まないことが多々あります。緊張と見たこともない問題の対応で時間が足らなくなることも考えられます。

 

時間が足らない状態で、記述式と文章理解の時間がかかる問題は焦りが生じてしまい容易に解答できる問題なのに解答できなくなります。そうならない為に、時間に余裕がある後半戦の最初にじっくりと解いてしまうのがいいでしょう。

 

記述式と文章理解さえ終わってしまえば、一般知識の5肢択一もじっくり解けるようになり解答率もアップできるようになります。

見直しは必ず行う

全ての問題が終わって、マークシートの転記も無事に終わったら必ず見直しはしましょう。
・名前、受験番号はかいてあるか
・マークシートの段ずれはないか
・マークシートは黒くはっきりと塗りつぶされているか
・解答忘れはないか
・記述式の文字ははっきり書いてあるか
・誤字脱字ないか
などを必ずチェックしましょう。こんな単純なことを忘れたことによって不合格になってしまったら悔やんでも悔やみきれなくなってしまいますので、最後の見直しは忘れずにしましょう。

まとめ

試験当日は、いつもどおり起床して朝食はしっかり食べること。必要最低限の荷物をチェックして、試験会場には1時間前着がベスト。

 

試験開始の合図がなったら、問題の質を確かめること、くれぐれもいきなり解き始めていけない。問題を確かめたら、解きやすい法令から始めてトイレ休憩後、記述式と文章理解の順番で進めていくこと。

 

問題がすべて解き終わったら必ず、見直しは忘れずに行うようにしましょう。

 


トップへ戻る