行政書士の試験一か月前の勉強方法のコツ

行政書士の試験1か月前の追い込みが、合格できるかできないかの分かれ道

行政書士の試験1か月前の追い込みが、合格できるかできないかの分かれ道

試験一か月前

行政書士の本試験が1か月後に迫った場合、あなたならどんな対策を取りますか。

 

記述式対策しますか、それとも苦手な分野の補強にあてますか。

 

でも、そんな対策では合格することは厳しいです。

 

試験1か月前だからこそ、多量の勉強して自分自身を追い込むべき。

 

ここで追い込めるか追い込めないかで、試験に合格できるかできないか結果が変わってきます。

 

じゃーどんな勉強をすればいいんだろうと悩みますよね。

 

ずばり

 

「模試を、毎日、に解く」

 

ようは、『質より量を取る』ということです。

 

今回は、行政書士の試験1か月前のことを詳しく書いていきます。

試験1か月前の勉強が合格できるかできないかの分かれ道

試験1か月前は、行政書士に合格できるかできないか重要な1か月になります。この1か月間を集中して勉強に専念できるかによって合格できるかの分かれ道になってくるでしょう。

試験1か月前になったら仕事は定時あがり

本気で合格を目指しているなら、試験1か月前は、現在、勤めている仕事先は定時上がりができるように段取りを組むようにしたほうがいいです。

 

「毎日、仕事に追われていて定時なんて無理」というなら、行政書士の合格を諦めることをおすすめします。

 

現在この記事を読んでるあなたは行政書士に合格するために勉強しているはずです。もし、今回、合格できなければまた同じような1年間を勉強することになります。

 

目を閉じてじっくり考えてください。現在と同じような勉強をしたいと思いますか。

・家族とも遊べない。
・友人との飲みもいけない
・趣味の時間も取れない

こんな生活をあと1年続けたいと思いますか。

 

私なら、絶対に再度同じような思いはしたくありません。合格して次のステップに進むか、勉強時間を家族との時間に使いたいと思うはずです。そうならない為にも、この1か月間は合格するためと自分に言い聞かせて仕事は極力定時で上がるべきです。

『質より量』で勝負

試験1か月前に限ったことではありませんが、勉強を進めていく上で『質より量』を取るべきです。受験生の中には、質ばかりを考えていて勉強量をおろそかになってしまい不合格になっている人がいます。

 

そんな人に限って行政書士の資格を取っても意味がないなど負け組を発言しています。負け組になりたくなければ、勉強量を増やす必要があります。

なぜ、質ばかり考えてしまうのか

では、なぜ質ばかりを考えてしまう受験生がいるのか。それは多くの勉強サイトやブログに書かれていることが原因です。

・質を取らなければ合格できない。
・無駄に勉強量をこなしても意味がない。
・的確な勉強方法を取らなければ受からない。

などの原因を読んでしまうからです。

 

何も知らない受験生は、これを読んで真に受けてしまい量より質の勉強方法をしなければ合格できないと思いこんでしまっています。

なんでも基本的の原理は変わらない

確かに、上記の原因は

・質を取らなければ合格できない。
・無駄に勉強量をこなしても意味がない。
・的確な勉強方法を取らなければ受からない。

というのはまんざら嘘を言っているわけでありません。しかし、この原因は膨大な量をこなして初めてわかること。

 

なんでもそうですが、最初は膨大な量こなさなければ質は分かってきません。これは、スポーツ世界でもビジネスの世界でも、もちろん資格勉強でも同じことがいえる基本的な原理です。

 

例えば、このサイトの1記事を書くにも、最初は丸2日間掛かっていました。長文の文書を書くことに慣れていないのでどう書いたりすれば、読者に読みやすいかなどさっぱり分かりませんでした。

 

しかし、初心者丸出しでも大量に記事を書くことによって、文章の書き方やパソコンの便利機能やさまざま機能(質)が使えるようになり、読者の読みやすさなどを考えながら1日半ばで記事が書けるようになったのです。

 

このように勉強も同じです。多量に勉強量をこなさなければ、何がいいことで何が悪いことなのかの質は分からないということです。このように、膨大な量をこなしたからこそ質が見えてきます。

試験1か月前は毎日、模試試験を解くべき

ここからは、試験1か月前の具体的な勉強方法をお伝えしていきます。この記事タイトルにも書いてあるから分かると思いますが

 

模試を毎日解く

 

もっと詳しく説明すると、試験前日まで市販の模試あるいは試験形式の過去問題をほぼ毎日解く勉強方法(作業)をおこなうということです。この一か月間も『質より量』をこなす考え方です。

毎日、模試を解くメリット

では、なぜ模試を多量に解くかといいますと、多量に解くことによってこんなメリットがあります。

・試験3時間という時間を体に覚えさせておく。
・問題を解く順番が決まる。
・脳が試験モードに入りやすくなる。
・さまざまな問題に対応できるようになる。
・本試験の多肢選択、記述式の対策になる。
・一般知識の対策になる。

試験3時間という時間を体に覚えさせておく。

行政書士の試験は、3時間という長丁場です。3時間ってどのぐらいだろうとイメージしにくいと思いますが、映画がだいたい2時間ぐらいなのでそれよりも1時間も長いと思ってください。

 

いきなり、イスと机に向かって3時間も頭をフル回転させて問題を解くことは、不可能にちかいと思ってください。3時間をフルに使えるスタミナをつけるためにも、模試を使ってこの1か月で訓練しておく必要があります。

問題を解く順番が決まる。

模試を多量に解くときに、さまざまな解き方をやってみることです。例えば、記述式から解く、一般知識から解く、開始10分を遅らせてスタートする、捨て問の把握、苦手な科目を把握など、さまざまな解き方をすることによって自分が一番解きやすい順番を見つけることが重要です。分かることで、本試験でも焦らず対応することができるようになります。

脳が試験モードに入りやすくなる。

脳が試験モードに入りやすくなると、他のことが見えなくります。行政書士の問題を見ただけで、答えが脳に浮かんできたりします。

 

言葉で言い表しにくいのですが、ボクシングの減量と似ているかもしれませんね。ボクシングの減量をすることによって、ボクサーの感覚がいつもより研ぎ澄まされ結果もいい方向にいくことがあるらしいです。

 

それと似ていて、多量に模試を解くことで脳の感覚が研ぎ澄まされいき、問題の解答率が上がって合格に向かっていくようになります

さまざまな問題に対応できるようになる。

多量の模試問題を解けば、本試験の問題にも対応できるようになります。大量の市販模試を解くということは、各社の予想問題を解くことになり角度変えた問題にも対応できるようになります。

 

また、過去問を年度別に解くことで、本試験のくせも見つけられるようになります。予想問題ばかり解いているといざ本試験の問題の微妙なくせに惑わせることになって点数が取れないなどの失敗から防いでくれます。

本試験の多肢選択問題、記述式の対策になる。

本試験の多肢選択問題、記述式は何が出題されるか分かりません。分かってしまっても問題ですが…多くの予備校は、この記述式を当てることにやっきになっています。予想が当たれば、次年度の宣伝広告にしています。

 

しかし、受験生からしたら当たるか分からない予想問題よりも、確実に出題される問題が知りたいと思ういます。そこで大量に模試を解くことによって、ある程度、多肢選択問題と記述式の出題される問題が分かります。

 

これは私の判断解釈ですが、
記述式などになる問題は、ある程度、条文や判例に限定されいると思うので、多くの予備校や各社はさまざまなデータをもとに記述式などの予想問題を作成していると思います。

 

それをうまく利用することで記述式などの対策ができます。1社や1校だけの予想では当たらないなら、各予備校などの予想問題を手あたり次第、解けば当たる確率も上がると思いませんか。そうです、数打ちゃ当たる作戦です。自分で予想するよりはグッと本試験での出題される確率は上がると思います。

一般知識の対策になる。

これも、記述式と同じことがいえます。独自で、一般知識の予想を立てるより一般知識の予想も資格取得のプロたちにお任せしましょう。

 

多量の模試から出題される一般知識の予想問題を解くことによって、本試験で出そうな問題が当たるかもしれません。これも数打ちゃ当たる作戦です。

補足おまけ

ここのサイト筆者は、行政書士に合格して現役で開業してる者です。試験に合格した年に、多量の模試を解きまくった結果予想問題から本試験で記述式2問と一般知識2問出題されました。

時間がなかったら、土日に模試の見直す

模試をした後は、必ず模試の見直しも忘れずに行わなければいけません。やりっぱなしでは、模試を有効活用できていません

 

見直す箇所は、間違った基礎問題と記述式と多肢選択式と一般知識の問題を中心的に見ていきます。※基礎問題とは、A、Bランクの問題です。

 

模試の使い方はこちらで詳しく書かれています

 

できれば、模試を解いたその日に見直すことが一番いいのですが、それが難しいようなら週末土日に一気に見直してもいいと思います。見直した問題は、次回、同じような問題が出題されてもいいように、その時に確実に覚えるようにしてください。

 

まとめ

行政書士の試験1か月前は、勉強方法で合格できるかできないかの分かれ道になる。

 

『質より量を取るべき』

 

受験生の中には、質ばかり取ってしまい結果、不合格になっている人がいる。

 

量をこなしてから、質が分かってくる。

 

量をこなすことが合格するために必要。

 

その量をこなすために、試験1か月前から大量の模試を解く。

 

模試を解くことによって、下記のメリットがある。

 

・試験3時間という時間が体に覚えさせておく。
・問題を解く順番が決まる。
・脳が試験モードに入りやすくなる。
・さまざまな問題に対応できるようになる。
・本試験の多肢選択、記述式の対策になる。
・一般知識の対策になる。


トップへ戻る