憲法を深く理解するためには全体像を解説。

憲法を深く理解するためには全体像を学ぶべき

憲法を理解するために全体像を学ぶべき

憲法とは

憲法の仕組みを理解していけば、法律はどうゆうものか、国民に対してどう効果があるのか、どんな法律がダメなのか、など憲法の仕組みが学べます。

 

憲法=国家を制限
法律=国民を制限

 

憲法は国家を制限して、他の法律は国民を制限します。このように、今回は憲法について詳しく書いていきます。

憲法は法律ではなく国家の基本法(最上位)

憲法は、法律ではなく国家を作るで最上位の基本法になります。法を学ぶ上で、憲法は法律に入らないので気を付ける必要があります。法律を学ぶ上で、憲法を学ぶことは必須です。実務では、憲法を使うことはほとんどありません。

 

しかし、憲法を学ぶことは日本に住む人はどうあるべきかについて大切なことが学べます。例えば、憲法が最大の価値として挙げているのが「人間としての個人一人一人の人権を尊重」しています。これは、どんな服装、どんな生活、自分だけが変わった性格や考え方などを持っていたとしても、みな平等にしなければいけないということです。

 

このように、憲法は日本国民として人間とはどうあるべきものなのか。についての根幹を学ぶことができます。

憲法を学ぶことで考え方が変わった

私は行政書士の勉強をするまで、憲法を本格的に学ぶ機会がありませんでした。憲法を学ぶ前と学んだ後で考え方が変わりました。人に対する考え方が変わったことが挙げらます。

 

学ぶ前は、外国人の差別や若者たちの主張やいじめのニュースを見ると、漠然になぜこんなバカげた考えや行動をするのだろうと思っていました。時には不愉快にもなっていたのを覚えいます。

 

しかし、憲法を学ぶことでどんな人であろうが、人権というものがあり外国人であろうがどんなに変わった考えの子どもであってもどんな人であってもみな平等でなければいけないことが分りました。この考え方できることによって、所見で人を判断しなくなることができるようになったのです。

いじめ問題を減らすには憲法を学ぶべき

また憲法は、子供が小さいときから学ばせる必要があると思います。遅くても小学生の低学年から学ばせるべきです。憲法が最大の価値はとして挙げているのが「個人の尊重」です。どんな人であろうがみな平等であるべきと憲法は言っています。

 

このことを、小さなうちから学ばせておけば、いじめ問題は少し軽減されると思っています。例えば、いじめに発展する事柄は、内気な性格、みなとは違った考え方の性格など、大半が性格に対する問題が多いからです。憲法を学ばせておくことで、性格が違っている友達もたくさんいるということを学んでおけばいじめも軽減されます。

法律は国民を制限する・憲法が国家を制限する

憲法をもとに、民法、会社法、各行政法など他の法律は作成されいます。法律、(以下、法律という)は、国民に対して権利を制限し、義務を課す内容になっています。言い換えれば、法律の内容を国民1人1人が守らなければいけないルールを法律といいます。

 

では、憲法はまったく逆の考え方になります。国民の権利、義務を国家から守る内容になっており、国家が憲法の内容を守らなければいけないルールになっています。

憲法=国家を制限
法律=国民を制限

憲法は「国家の権力を制限して国民の権利義務(人権)を守る」ことになります。昔の日本は、国民の人権は守られていませんでした。天皇をトップと考え国民の人権、考えなどは二の次でした。戦後、連合軍の要求により大幅に改正して現在の憲法ができ上がりました。

憲法3つの大原則

憲法の3大原則
現在の憲法は3つの大原則で成り立っています。

国民主権

国家の意思は国民による。国家の活動は、天皇、国会議員、公務員ではなく国民の考えをもとに行っていくという国民主導の原則。

基本的人権の尊重

国民1人1人が生まれながら持っている権利、義務を大切にして保証しようとする原則。これが、憲法が最大の価値として挙げている「個人の尊重」になります。

平和主義

平和主義に関して、行政書士試験で出題される傾向が薄いので省略します。

 

この3つの原則は、犯すことのできない不変の原則になっています。他の法律で憲法に反する内容の制度は作れないようになっています。なので、憲法は国家の基本的となる法になります。

憲法の勉強方法「人権と統治なら人権を重点的に勉強する」

憲法の全体像は、大きく分けて人権統治に分かれます。

 

人権は、国民1人1人の権利義務を保証している基本的人権の尊重の説明をしています。憲法の勉強では、統治より人権のほうが深く重要になってきます。また試験で出題される問題は、重要な判例も多く、ほぼ判例から出題されてきます。判例の読み込みが重要になってきますので人権は統治より多くの勉強時間を使うようにするといいでしょう。 

 

統治は、国会、内閣、司法など国家の仕組みを形式的に定めた国民主義の内容の説明になっています。出題傾向は条文から問われる問題が多いです。なので、条文の読込と過去に出題された問題をチェックをしておくといいでしょう。

まとめ

憲法は、他の法律とは似ているようで全然似ていないことが分ります。憲法と他の法律では、制限している対象が違っています。

憲法=国家を制限
法律=国民を制限

憲法は、国家を制限して国民の権利義務を守っています。それに対して他の法律は国民の権利義務を制限して国家のルールを国民に押し付けようとしています。憲法は国家(天皇、国家議員や公務員)の暴走に制限を書ける役割を担っています。

 

また、憲法は個人一人の人権を尊重しています。異国の人であろうがやどんな考え方や変わった性格をしていても人はみな平等であると言っています。憲法を勉強することは、人としての在り方を学べるので大切です。


トップへ戻る