行政書士の勉強科目の順番とは

行政書士の効率のよい勉強科目の順番とは

初学者は必見。行政書士の効率のよい勉強科目の順番とは

勉強科目の順番

行政書士に効率よく合格するには、勉強する科目の順番が重要になってきます。

 

やみくもにやっても、合格するレベルに達成するまでに多大な時間を要してしまいます。

 

そうならないために、勉強する科目の順番は大切です。

 

どんな順番がいいのかというと

 

憲法⇒民法⇒行政法⇒会社法⇒基礎法学⇒一般知識

 

の順番がセオリーでいいでしょう。

 

今回は、勉強する科目の順番について詳しく説明していきます。

なぜ行政書士に合格するために、勉強する科目順番が必要なのか

何かをを学ぶときにいきなり応用から学ぼうとする人はいないと思います。例えば、サッカーの初心者がサッカーを覚えようとしたら、ボールの蹴り方から教わることになります。いきなり、高度なテクニックから学ぶようなことはしないと思います。

 

普通なら一通りの基礎を覚えてから、徐々に段階を踏んで高度なテクニックを覚えていくようになります。法律の勉強も同じで法律を学ぶには、基礎から勉強し始めて徐々に他の法律に応用を効かせていくようにすること必要になります。

 

法律の基礎とは、用語の意味や使い方や考え方などが書いてある入門書を読むことが一番いいのです。しかし、行政書士を短期合格で目指すためには、入門書を読む時間がもったいないので科目を適切な順番で勉強して行き自然に体覚えさせていくことが重要になってきます。

効率のいい勉強をするための科目順番とは

では、次に効率のいい勉強していく科目の順番を教えます。

憲法⇒民法⇒行政法⇒会社法⇒基礎法学⇒一般知識

上記の順番になります。行政法後は会社法としましたが、これはあなた自身で基礎法学に変えていいですしありやすいように変えても問題ありません。

憲法で基礎を学ぶ

憲法は抽象的で分かりにくいと言われているが、法律を学ぶ上で大切な基礎知識になります。他の法律科目とは違って、憲法とは国民1人1人の人権を国家から守ってくれています。他の民法や会社法とは全然違った種類のものになっています。

 

ほかに、国家とはどういう仕組みで成り立っているのか、三権分立(立法、司法、行政)を説明したのが憲法です。憲法の考えたを理解することによって、他の法律と対比しながら勉強していくことで理解しやすくなります。

文章理解力と判例知識と条文知識と思考問題が合わさる複合問題の民法

民法は膨大な条文があり、また、私人同士の関係を表した民法は勉強すればするほど奥が深く面白くなってきます。行政書士の勉強する範囲程度ではすべて把握しきれません。それでも、行政書士試験では、重要科目に位置づけされているので早い段階から勉強して行かなければ対応できない科目です。

 

本試験で出題される問題傾向は、長文の事例が多く、文章理解力と判例知識と条文知識と思考問題が合わさる複合問題が当たり前になっています。そのような問題は、暗記だけで対応できることはできません。じっくりと腰を据えて時間を掛けて勉強していくことが重要になってきます。

 

なので、憲法が終わった段階で民法の勉強を進めていくことになります。

暗記量は多いが仕組み覚えてしまえば簡単な行政法

行政法は、仕組みが分かってしまえば簡単に点数が伸ばせる科目です。行政法ができるかできないかで、合格できるかできないかが分かります。当然、行政という名が付く資格なので行政法ができなければ不合格です。

 

先ほども言いましたが、仕組みさえ分かってしまえば手こずる科目ではありません。覚える量は1番多いですが、ほとんどが暗記していれば解けるような問題ばかりです。民法の勉強が7割終わったあたりから、気分を変えることも考えて行政法に移行していくようにするべきです。

行政書士は、憲法、民法、行政法が重点科目

ここまで(憲法・民法・行政法)が、行政書士の重点科目です。初学者なの方は、この憲法、民法、行政法の3科目を終わりにすることを目指してください。歯を食いしばってでもここまで頑張ってください。ここまで、終わりにすれば勉強で覚える6割は終わったと思ってもいいぐらいです。

 

この3科目の精度を上げるようにすれば、模試の点数も上がり勉強のモチベーション維持に繋がってきます。また、3科目をほぼ完ぺきにできれば、法律科目の点数は超えることになります。

点数の配分量と勉強量を考慮した会社法

ここからは、自分の好きな科目を勉強していくことになります。行政書士は、憲法、民法、行政法が重要な試験です。なぜ、行政法の次に会社法を選ぶ理由として

 

点数の配分量と勉強量を考慮して、会社法を優先的に進めていく

 

憲法と点数配分は同じです。しかし、条文量は憲法とは比較にならないほど多いのが会社法です。例えば、憲法の条文数は103条です。それに対して会社法は979条です。

出題範囲が膨大な基礎法学

基礎法学と書いていますが、法律の基礎が学べるわけではないのが基礎法学です行政書士に関連すればすべてが基礎法学の内容になってしまいます。

 

どうゆうことかと言いますと例えば、紛争(裁判)に関われないのが行政書士ですが、非裁判外紛争(ADR)は、仕事の知識にも関わってくるので出題範囲になるのでテキストに載っていなくても出題されたりします。

 

基礎法学という言葉を使ってなんでもありの問題が出せるようになっています。なので、基礎法学の内容は膨大であり法律科目で勉強するのは最後になります。

最後でも問題ない一般知識

一般知識は法律科目とは違い、学生時代の勉強をしている気分になります。時事問題なんかは、前年かその年に起きた事柄が出題されたりします。なので最後に一般知識を勉強しても問題ない科目です。

補足おまけ

一般知識は最後に勉強しても問題ないといいましたが、文章理解だけは憲法を始めたころから勉強を始めるのが勉強のコツです。文章理解は、暗記とは違い日々の積み重ねで文章理解の能力が身についてくるからです。1日一問を毎日解くなどして進めていくことがいいでしょう。

まとめ

初学者が、独学で効率よく進めていくなら

憲法⇒民法⇒行政法⇒会社法⇒基礎法学⇒一般知識
文章理解⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒

この順番で進めていくべき。

 

法律でも基礎を学んでから、他の応用科目に持っていくことが重要です。法律入門書などで基礎を学ぶことではなく、憲法の科目で勉強しながら基礎を学ぶようにしましょう。

 

初学者なの方は、この憲法、民法、行政法の3科目を終わりにすることを目指すことを最重要になります。この3科目が終われば勉強の6割は終わったと思ってもいいぐらいです。その他科目はどれから進めてもいいが、点数の配分量と勉強量を考えたら会社法から進めていくことがおすすめです。

 

最後は、一般知識の科目を勉強すれば問題ありません。

 


トップへ戻る