行政書士試験に判例集は必要。

試験に必要な判例集。選び方と有効的な活用方法

行政書士試験に必要な判例集。3つのメリットと有効的な使い方

判例集

テキストに載っている判例で十分かな?あまり、教材費にお金を掛けたくないんだよなぁ…と。判例集を購入するか迷っている受験生は多くいるのではないでしょうか。これを読んでいるあなたも迷っているのでは。

 

それでも購入することをおすすめします。テキストだけに載っている重要な判例だけでは試験に対応できない場合があります。費用は合格するために必要な出費と考えてください。落ちて再受験になれば、更に費用は掛かってくることになりますので合格するためだと割り切ることが必要です。

 

合格できなくてもいいというのなら、判例集を購入する必要もありませんが。そんなことを言われても、納得できないのが心情だと思います。購入したところで判例集をどう使っていいのか分からないという人もいるでしょう。今回は判例集の重要性と使い方とメリットを書きます。

判例集は必要。判例を読む3つのメリット

行政書士の判例集

判例集を使うメリットは3つです。

・分からない問題のときに役に立つ法的思考

・解答スピードが上がる

・法律の言い回しや難しい用語に慣れる

分からない問題のときに役に立つ法的思考

判例を読んでおくことで、法的思考が身に付きます。法的思考と言っても三段論法やリーガルマインドみたいな、法学者が勉強するような難しいことではありません。司法試験に目指すような法的思考が身に付けたければ、合格後に勉強すれば問題ありません。

 

では、ここでいう法的思考とはどういうものか。社会的に見て妥当か妥当ではないかの判断ができるかできないかです。例えば、刃物で人を刺して死亡させた場合に社会的に見て良いと思いますか、悪いと思いますか。そんなことは小さな子どもでも分かりますよね。当然に悪いことです。

 

裁判官は難しい言葉で判決を言いますが「簡単に言えば悪いことしたから罰します。」と言っているだけになります。このように、社会的に見たら妥当なのか妥当ではないのかを判断して答えられるようにすることがここでいう法的思考になります。これが身に付けば、難しい問題に対してある程度の解答が導き出せたりします。

解答スピードが上がる

多くの判例を読めば、それだけ広い知識が身に付きます。問題文を読んだときに見たことある判例と見たことがない判例では、脳の処理スピードが違ってきます。

 

例えば、問題文に見たことある判例ならば「指紋のおつなを強制~」と出てきただけで、これは「強制されない自由があり、かつ外国人にも等しく及ぶ」と脳が処理できます。全文を読まなくても、最後の1文の「外国人にも等しく及ぶと解される。」を読むことで、これを妥当〇と判断できます。
※2007年度憲法問6の1肢(指紋押捺拒否事件最高判)

 

このように、最初の1文と最後の1文だけを読むだけで解答ができるようになり、大幅に解答スピードの時間が短縮されます。

法律の言い回しや難しい用語に慣れる

初学者にとって、法律の文は馴染みのない言い回しだったり、難しい用語が使われていると思います。慣れるためには、ひたすら法律の勉強に打ち込む以外にありません。

 

そこで役に立つのが、判例集を読むのが一番効率よく慣れます。判例には裁判官が下した判旨から判決まで難しい言い回し用語がびっしりですので、それを読み取れるようになれば他の問題やテキストに書かれていることも瞬時に読み取れるようになります。

判例集の選び方からスキマ時間の有効活用

 

判例集を読むのにまとまった時間が取れればいいのですが、さまざまな理由で1日1~2時間しか勉強時間が取れない受験生もいると思います。まとまった時間が取れない場合は、仕事の休憩時間、移動時間などのスキマ時間を利用して読むと効率がいいでしょう。

 

5分のスキマ時間なら1判例だけ読むなど決めて、細かく区切って読んでいけば問題ありません。その場合は、付箋を利用しましょう。

 

スキマ時間は、長くは取れないと思うので判例集を出して読む判例を探している時間が無駄になってしまいます。どんな状況でも、スキマ時間ができたら本を取り出してすぐに開けるように付箋で目印を付けるようにして工夫することです。

判例集の選び方

行政書士試験専用の判例集を購入すれば問題ありません。できれば、持ち運びが簡単なサイズがいいです。どの判例集を選んでも判例が記載されている内容はほぼ同じです。手に取って自分が好きな判例集を選んで問題ないです。

最悪、費用を気にするならば中古の判例集でも構いません。判例集とは、過去の判例を記しています。一年足らずで重要な判例が増えることはまずないと思ってもらって大丈夫です。そのような重大な判例があれば、必ずメディアで取り上げられるので気づくはずです。

判例集の読み方

試験では、判例の趣旨などの細かい内容が問われることがあります。しかし、そのような判例は、テキストにも載っている重要な判例ばかりです。そのような判例は、じっくり読んでおくことで対応しましょう。

 

それ以外のテキストに載っていないようなマイナーな判例に関しては、事件の内容と結果だけを覚えるようすれば問題ありません。結果を覚えていれば、本試験での選択肢を切るのに役立つからです。

 

受験生の中には、判例をどうやったら覚えられるかと悩む人もいるみたいです。覚え方ですが、数をこなすしかないです。より短時間で、反復して判例集を読む以外にコツはありませんので数をこなしましょう。

一字一句覚えるのはナンセンス

だからといって、全部の判例を一字一句覚えることは不可能です。一字一句覚えようと思わず読むこともコツです。私自身の一字一句判例を覚えていません。

 

それよりも判例の読むことに慣れることを重点に置くべきです。本試験で、知らない判例を対応するよりも、少しでも見たことある判例を対応することのが、精神的に落ち着いて対応することができます。試験中に焦ってしまうことは、不合格になる重大なミスを引き起こす原因になってくるのできをつけることです。

まとめ

判例集を読むことは、法律を勉強している人はは必須です。実務でも、判例をもとに相談対応に応じることがあるからです。

 

例えば、離婚相談が来たとします。内容で不倫などの不法行為による内容も多々あります。それも、不貞行為をしている本人側から離婚ができるかという相談がくることもあります。その時に、判例の「有責配偶者の履行請求」を事例を説明してあげます。できることもあるが、長期間の時間が必要で未成年者の子供がいないなどの要件が必要になるので、すぐに請求できるか厳しいと伝えます。

 

このように、判例を勉強しておくことは合格後のためにもなりますので、判例を勉強しておくことも重要になってきます。

 


トップへ戻る