行政法の勉強方法のコツを解説。

高得点を狙うために行政法はカモ科目。その3つの理由と勉強方法。

高得点を狙うために行政法はカモ科目。その3つの理由。

行政法の学び方

多くに受験生は行政書士の勉強を始めて、行政法でつまづいている方もいるのではないでしょうか。これを読んでいるあなたも、もしやその1人かも知れません。

 

行政法は、1つの法律でできていません。行政組織法(国家行政組織法)行政作用法(行政手続法、行政代執行法)行政救済法(行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法)、地方自治法からなる集合体でできているのが行政法です。

 

このように集合体になってできているから分かりにくくしている要因かも知れません。しかし、行政書士試験は、行政法がメインの試験です。行政法ができなければ合格は遠のくばかりで、不合格に向かっていくことになります。

 

そんな行政法ですが、行政法の仕組みを理解してしまえばどの科目よりも点数を取るのが楽になります。ここでは、行政法の勉強方法と点数が取る簡単な理由を載せています

 

行政書士というぐらいだから行政法は必須

試験を受ける前から行政法がメインの試験だって分かりそうなことですが。行政書士試験は、行政書士になるための試験です。職業の名に「行政」と付いているのに行政法が苦手と言っている場合ではありません。このサイトを訪れたことをいい機会だと思い行政法をしっかり克服して合格に一歩でも近づけるようにしてください。

行政法の問題は簡単なものばかり

それでも数多くある勉強サイトでは、「行政法は難しい」「理解しにくい」「受験生にとっては取っつきにくい」など、多くのネガティブなことが書かれていると思います。はっきり言いますとそんなことはありません。

 

むしろ、行政法からの出題される問題は、条文を知っていれば答えるような形式的な問題や簡単な問題ばかりです。条文の読み込みとテキスト、過去問の理解で高得点に繋げられる科目が行政法になります。行政法の仕組みと問題傾向さえ分かってしまえば、面白いように点数が取れる科目です。

 

例えば、「行政庁は、申請がその事務所に到達したときは、速やかに当該申請の審査をしなけらばならない」という問題が出題されたとします。これは行政手続法7条文では、「速やかに」→「遅滞なく」と書かれています。なので、誤りです。このように、行政法の問題は条文を暗記していれば答えられる簡単な問題が多く出題されています。

行政法は最重要科目!しっかり高得点

試験の全体で、行政法が何割ぐらいの得点を占めているか知っていますか。全体で3割強が行政法で占めています。

「5肢択一」(法令40問中19問×4点=76点)
総論…4~6問
行政手続法…3問
行政不服審査法…2問
行政事件訴訟法…3問
国家賠償法…2問
地方自治法…3~5問
「多肢選択」(3問中2問×8点=16点)
「記述式(」3問中1問×20点=20点)
合計112点(300点
112点÷300点=0.373333…

行政書士試験の合格基準が満300点中180点です。全体の6割180点を取れれば合格できる試験です。しかし、180点中一般知識の科目で、最低でも足きりの24点は必ず取らないといけません。法令だけで180点を超えても不合格になってしまうのが行政書士試験になります。

 

というと、行政法の点数と一般知識の足きりの点数を足した点数を合格基準の点数に引くと「合格点180点-行政法112点+一般知識24点=残44点」これで行政法が完璧なら合格までの点数が44点になることが分かります。

 

残りの44点は、5肢択一で11問分か記述式約2問分の点数になります。もっと言ってしまえば、民法の5肢択一の9問(36点)と民法の記述式(40点)を満点を取ってしまうと余裕で合格点を超えてしまうことになります。したがって、あなたが受けようとしている行政書士の試験は、行政法と民法と一般知識だけで点数が取れれば、合格できてしまう試験でもあります。

 

しかし、この法令2科目(行政法、民法)+一般知識だけを勉強して合格できるほど甘くないのが行政書士試験でもありますが。それでも、行政法の配点数を考えてもらえれば分かると思いますが…行政法を逃した時点で合格はできないと思うべきです。それだけ行政法という科目は最重要科目になってきます。

 

行政法は、試験の中でも最重要科目になることが分かったと思うので、行政法を苦手と言わず、行政法を得意科目にして高得点を狙いにいきましょう。

 

おすすめ講座「フォーサイト」分析した記事はこちら≫≫≫

 

行政法は、高得点取るためのカモ的な科目。その理由は3つ。

行政法は、ぶっちゃけ高得点を取るためのカモです。その理由を3つ挙げます。

・形式的問題ばかり
・範囲が決まっている
・問題が単調

行政法は、範囲が広いようで狭いです。一度、行政法の仕組みが分かってしまえば、大きな変更もなく毎回同じ内容を角度を変えて出題されるだけの単調的な問題ばかりです。例えば、5肢択一で出題された内容が多肢選択式で出題されたりします。

 

行政法は公法なので、民法のような私法とは違って法律学者が論じる学説が少ないこともあり、思考を要する問題は少ないです。これにより、形式的な問題が多くなる傾向が多いと思います。

国家賠償法+行政3法が点数を稼げる

その中でも、国家賠償法含めた行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法の4つの法律から出題される問題が点数を稼げます。どの法律も50条以下と短い条文構成になっています。国家賠償法でいえば、6条しかありません。

 

範囲が制限されている中で、問題を作成しなければいけないことになり自ずと問題も形式な単調な問題ばかりになってしまいます。なので、条文の読み込みと仕組みを理解すれば、点数を取ることは簡単になります。

行政法の科目は、本試験で7~9割の点数を目標にする

行政法の科目は、ひねった問題(思考問題)が少なく形式的な問題と過去に出題された問題が多く出題されます。テキストの理解と条文の読み込みと10年分の過去問分析だけで十分に対応が可能です。それでも不安があるなら直前期の模試に出題されている問題を確認しておけば問題ありません。

 

行政法を完璧に取れれば言うことなしですが、本試験での行政法の目標は7~9割の得点を目指してください。点数では80~100点になります。なぜかというと本試験では緊張と未知の問題で完璧な解答は難しいと思うからです。しかし、模試試験などでは9~10割を確実に取れるようにしてください。厳しいことを言いますが受かるために必要だからです。

 

例えば、スポーツの世界では、練習でできないことは本番の試合でも力を発揮することは絶対にできないからです。その考え方は、試験も一緒で練習(模試)で高得点が取れていないのに、実際の本試験でも高得点は取れることありません。

 

私自身も合格した年の勉強では、目標にしていた点数を模試試験では必ず取っていました。そして、模試で間違えた問題は徹底して解きなおし、間違えた問題の範囲を見直して完璧にしていきました。

行政法の仕組み

行政法の仕組みは下記のようになります。

行政組織法(誰が)

行政作用法(どんな行為)

行政救済法(その行為に違法があった場合の救済方法)

例えば、市役所(誰が)が、国民から税金を徴収(どんな行為)しました。間違って多く税金を徴収していたので国民側が不服の申し立てをして無事に超過分の返金して貰えました。(救済方法)

 

行政法の勉強のコツとして、テキストを読むときに上記のような行政法の仕組みを知っているかいないかで行政法の理解度が変わってきます。行政法も含めてどの科目でもテキストを読むときは全体像や仕組みを頭に入れてから勉強していくことが重要になります。

行政法の勉強ポイント

勉強のポイントですが、条文の読み込みと過去問の分析と10年分の量を完璧に解けるようにすることです。分析の仕方は、年度別の本試験で同じよう問題がどう変わって出題されているのか、例えば、H20年度とH25年度の違い。H20年度5肢択一で出題がH25年度は記述で出題されたなど、じゃー次は多義選択式で出るかもという予想ができます。

 

他に行政行為の出題なら10年間で何回出題されているのかなど、例えば、10年で3回出題されているとしたら、23年度、26年度、29年度で出題されたら30年度は出題される確立率は薄いかなと判断できます。このように過去問をありとあらゆる角度から分析してください。そうすることによって、独自の分析能力が上がってきます。

 

最後は、条文の読み込みです。行政法の点数を上げたいなら条文の読み込みは必須です。条文を読むことで、行政法の全体像がはっきり分かってきます。

行政組織法⇒国家行政組織法

 

行政作用法⇒行政手続法、行政代執行法

 

行政救済法⇒行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法

※地方自治法は、条文が多いためテキスト範囲の条文のみ

点数が上がらない人は、条文の読み込みを徹底

模試などの点数が伸びないなど悩んでいる受験生は、上記に挙げた法律の条文を徹底的に読み込みしてください。まとまった時間が取れないのならば、すきま時間でも30分でもいいので時間を有効に使って条文の読み込みをしてください。

 

受験当時、私は毎日1つの法律を目安に条文の読み込みをノルマにしていました。条文を読み込むことで行政法の点数がグッとアップしたのを覚えています。

行政法は、個々の法律を勉強しておく

行政法という法律はありません。国家行政組織法、行政手続法、行政事件訴訟法などの個々の法律が集まってできたのが行政法です。これも分かりづらくさせているよういんでもあります。しかし、行政法として出題されている問題は、ちゃんと区分けされているので個々の法律を勉強しておけば問題ありません。

 

例えば、問題の冒頭で「行政不服審査法に関する~」などのように何の法律問題か明確にしています。このように行政法全体を勉強するのではなく、個々の法律を勉強していくこと重要です。

 


トップへ戻る