行政書士試験の合格点は6割。

行政書士試験は全体の6割の180点で合格、完璧を目指す必要はない

行政書士試験は全体の6割で合格、完璧を目指す必要はない

行政書士試験は6割

行政書士試験を受験しようと考えている人なら、試験の全体で6割を取れば合格できることは知っていると思います。しかし、その文字を覚えているだけで、行政書士試験は6割を取る試験ということに身に付いていない受験生が多くいます。合格できない受験生は6割を取るということを身に付いていないため、間違った勉強をしています。

 

そのような受験生は、間違った勉強方法としてテキストの内容も本試験の問題も、隅から隅まで完璧に進めようとしてしまう傾向が強いようです。

 

結果、受かりたくても受からなくなってしまい何年も勉強することになってしまいます。そうならない為にも、なぜ、行政書士試験は、完璧な勉強は必要ないのか、分かってもらえるように書きます。

分かっているようで分かっていない。行政書士試験は全体の6割で合格。

受験生ならそんな当たり前のこと知っていると思いますが。あえて、言わせてもらいます。行政書士試験は全体で6割の点数を稼げば、合格できる試験になります。満300点中180点取れれば合格です。

 

そんなことは分かっているわ!と受験生に怒られそうですが、多くの受験生は、6割ということを忘れて勉強している人がいます。勉強することばかり夢中になってしまい、6割を取れればいいという肝心な勉強方法ができていないことに気づいていません。

 

そのような肝心なことを忘れて勉強しているから受かりたくても合格できないのです。しかし、そんな偉そうなことを言っていますが、私も当時は同じようなミスを繰り返していました。ここで、もう一度行政書士試験は全体で6割の点数を稼げば、合格できる試験ということをしっかり身につけましょう。

完璧を目指す必要はない。ダメな受験生の5つの理由。

では、肝心なことを忘れて勉強している受験生とは。それは、行政書士試験は6割取れればいいという勉強方法をしていないことです。では、間違った勉強方法している受験生の5つの理由を挙げます。

・テキストの隅から隅まで完璧に暗記しようとする
・テキストの内容を完璧にしようとする
・問題で問われた内容を、完璧にしようとする
・すべての科目を完璧して、高得点を取ろうとしている
・すべてにおいて完璧でないといけないと思い込んでいる

上記のダメな5つの理由にあなたも思い当たる節があったのではないでしょうか。

完璧主義の問題点

このような受験生は、完璧主義の考え方が多いと思います。時には完璧であることもいいのですが、完璧であるがゆえ勉強を進める具合で問題が起きます。

 

例えば、民法の勉強内容は膨大な量になります。民法を完璧にするまで次の科目に進めない。そのために試験当日までに試験範囲の勉強が終わらなくなってしまい結果不合格になる。

 

例えば、本試験では落としても、合格に影響がない捨て問が出題されます。完璧主義者の受験生は、そのような問題でも正解しなければと思っています。時間と解けない苛立ちでその後の問題に影響が出てしまい結果不合格になる。

 

こうなってしまうと、行政書士試験の全体の6割を取れば合格という勉強方法から外れてしまいます。これが、完璧主義者の問題です。

 

こうならないためにも、「行政書士試験は6割」ということを忘れないで勉強を進めた方がいいでしょう。例えば、1度の勉強でテキストの内容を完璧に理解しなくても、2回目、3回目と繰り返し行うことで内容を理解することができる。と、自分に言い聞かせて気持ちを切り替えていけるようにすることが合格するためには重要になってきます。

全体は6割、しかし過去問は完璧にするべし

6割の勉強を進めるに当たってテキストの内容を一字一句完璧にする必要はありませんが、過去10年分の過去問は完璧にできるようにする必要があります。

 

当時、私自身が過去問を分析している時に分かったことで、過去10年分の問題から約4割、出題傾向を変えて本試験で同じ内容の問題が出題されているからです。

 

あなたはこれを聞いて、なんてやさしい試験だと思いませんか。私ならそう思います。だって、5~10%の合格率しかない難関資格の行政書士試験が、過去問10年分を完璧にしただけで全体の4割も取れて、残り2割の勉強すれば晴れて合格できると思うとこんなにやさしい試験はないと思います。

 

それでも過去10年分を完璧にすることにきついと思ったあなた。はっきりと申し上げます、合格は厳しいと思ったほうがいいでしょう。

 

すでに過去に出題された問題ごときで根を挙げている様では、本試験の未知の問題に打ち勝つことはできません。受かりたいと思うなら、1~3か月で合格革命肢別過去問題集(Wセミナー)を完璧に解答できるようになることです。過去問の勉強方法はこちら≫≫

 

これを完璧にできてしまえば、勉強の4割は終わったと思っても過言ではなく、テキスト(法令科目のみ)のどこを開いても面白いように理解できるようになっていると思います。行政書士試験全体は、6割の勉強で進めることを考え、過去問は完璧にする勉強で進めるべきです。おのずと理解度も点数を上がってきますので、合格に近づいていきます。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。行政書士の試験は300点中180点を取ることです。このことを忘れてしまうと、無駄に勉強時間ばかり増えてしまいます。試験に合格するための勉強時間とは、無駄であって特になるものはありません。

 

行政書士に必要な知識は、開業してからでも勉強できます。むしろ、開業してからのほうが、実務などの実体験を兼ねているので活きた知識になります。試験に合格するための知識は、必要最低限の勉強で済ませるようにするべきです。


トップへ戻る