『合格できる人、不合格になる人の違い』

行政書士受験生必見!『合格できる人、不合格になる人の違い』とは

行政書士受験生必見!『合格できる人、不合格になる人の違い』とは

行政書士に合格したい人。必見!『合格できる人、不合格になる人の違い』とは

行政書士に合格できる人と不合格になる人の違いって考えたことありますか。もしかしたら、受験生の誰もがその違いを知りたいと思っているのではないしょうか。

 

合格できる人と不合格になる人とでは、明確な違いあります。知っていましたか。合格できる人には、勉強に対する取り組み方が全然違っています。

 

これから合格者の取り組み方を上げますので、あなたもこれを読んで勉強の取り組み方を変えることです。

 

合格できる人の取り組み方の特徴

・継続して努力ができる。
・他人の言葉に影響を受けない。
・自分の勉強方法を信じる。
・自己判断ができる。
・勉強時の態度が違う。
・簡単には凹まない。もしくは、凹むが立ち直り早い。

どうでしょう。あなたも合格できる人たちの特徴に当てはまりましたか。

 

当てはまらない項目があれば、今日からでも意識して変えていくべきです。それでは、もう少し詳しく解説を加えていきたいと思います。

合格できる人は、勉強に対する取り組み方は分かったと思います。しかし、勉強を始めたころは、気持ちはみんな一緒なんです。

最初の気持ちはみんな一緒『行政書士に合格する』

行政書士に合格できる人も不合格になる人も、勉強を始めたことの気持ちは一緒です。『必ず行政書士に合格する』という気持ちです。人それぞれ目的は違えど、何らかの理由で行政書士に合格したいという目標を持って勉強を始めたはずです。

 

それがなければ、行政書士に挑戦する必要がないですよね。あるから、挑戦したいと私は思っています。合格するという目指す気持ちはみんな一緒です。なのに、試験が終わってみると合格した人とできなかった人が出てきます。

 

これはなぜなんでしょうか。次項で不合格になる人について詳しく書いていきます。

不合格になる人とは、途中で気持ちにブレが出てきてしまう。

不合格になる人は、勉強を進めている途中で気持ちが変わってきてしまいます。勉強を始めたときは、『行政書士に絶対に合格してやる』と思い描いた未来を考えいます。

 

問題もスラスラ解けて、テキストもバリバリ読んで理解して、模試試験もばっちり合格点を越えて、合格できると信じています。

 

しかし、勉強量の多さ、難解なテキストの理解、思うように模試の点数が伸びないなどの問題にぶつかり、勉強を始めた当初に思い描いていた未来と、思うようにいかない現実に乖離が生じてしまい、気持ちにブレが出てきてしまうのです。これが不合格者になる人です。

合格できる人の気持ちがブレない理由は、日々の勉強の取り組み方にあった。

しかし、合格できる人は気持ちがブレることなく、理想と現実を限りなく近づけるようできているにしています。
冒頭で説明した通り、行政書士に合格できる人は日々の勉強に対する取り組み方が違います。これが、できることによって気持ちがブレることなく勉強を進めていきます。

 

以下で合格者の勉強に対する取り組み方を上げていきます。

合格者の勉強に対する6つの取り組み方

・継続して努力ができる
・他人の言葉に影響を受けない
・自分の勉強方法を信じる
・自己判断ができる
・勉強時の態度が違う
・簡単には凹まない。もしくは、凹むが立ち直り早い

合格できる人は、勉強に対して取り組み方に上記のような特徴があります。それでは、1つずつ解説していきます。

継続して努力ができる

合格者は、継続的に努力ができます。仕事後の飲みを諦め、休日には家族との時間を我慢し合格するために日々、勉強に励みます。

 

不合格になる方は、「今日ぐらいは勉強しなくても…」また違う日も同じような理由で勉強をサボってしまう傾向があります。合格できる人は、合格するに為に必要だと思うことをたんたんと行動(勉強)していきます。

他人の言葉に影響を受けない

現代の社会は、スマートフォン1つでいろいろな情報が手に入ります。勉強が思うようにいかなくなると、すぐに他人の助言を聞きたくてスマートフォンで調べようとする人がいます。

 

そして、自分の考え方と違っている情報が載っていると自分の考え方が間違っているのかと疑心暗鬼になり、自分自身のことを信じられなくなります。

 

しかし、合格する人の考え方は違います。自分の考え方を信じて、他人が言っていることは「疑い」から入ります。そして、しっかり調べたうえで、物事を判断します。

 

自分の考え方が間違って入なければ、そのままです。間違っているなら考え方にプラスして独自の考え方にしていきます。

自分の勉強方法を信じる

不合格になる人は、勉強方法をすぐに変えようとします。変えてしまう理由は、自分の勉強方法を信じていないからです。

 

なぜ信用できなくなるかと言いますと、少し勉強しただけで結果が出ないと自分の勉強方法は間違っていると判断してしまうのです。本当はただ勉強量が足らないだけで、実際は正しい勉強方法をしていることが多いです。

 

合格する人は、そのことを知っています。すぐに結果が出ないことも分かっていますし、勉強量を増やしていけば自然と結果を出ると知っています。なので、簡単に勉強方法を変えず、信じて勉強して行きます。

自己判断ができる

気持ちにブレない合格者は、自己判断できる人が多いです。これは、ほかの人の意見、世間の常識などにとらわれることなく、自分の物差しで判断していきます。

 

合格できる人は、胸が高まる、心が弾むなど自分の気持ちに敏感です。そして、判断したことに責任をもって自分軸で進んでいきます。

勉強時の態度が違う

勉強中に、スマートフォンを弄ったことがありませんか。勉強を始めた途端に勉強以外のことが、気になりその行動してしまうなど。

 

合格できる人は、そんなことはしません。勉強すると決めたら終わるまでは、勉強以外のことは一切シャットアウトして集中します。

 

そして、1日のノルマが終ったら、スパッと勉強を終わりにします。その後は、スマートフォンを弄ろうが、テレビを見ようが自由です。

 

オンオフの区別しっかりしているということです。ダメな人は、だらだらと何時間も無駄な勉強しています。集中もしていないので、記憶の定着もできず最悪です。

簡単には凹まない。もしくは、凹むが立ち直り早い

合格できる人は、基本的にメンタルが強いです。ちょっとした失敗ではへこたれません。もしくは、失敗して落ち込んでも立ち直りが早いです。

 

不合格になる人のメンタルは、1日に勉強ノルマができず落ち込んでしまうことが良くあります。自分はダメなやつと傷つけてしまうなど。

 

合格できる人はそんなことは気にせず、たかだか1日、こんなことで合格に影響はない。明日から頑張って勉強をしようと前向きな考え方をします。

 

自分を傷つけても、なんも良いことは起きませんしむしろそのことで勉強にも影響が出てしまいます。合格できる人はそのことが分かっているので、前向きに物事を考えいい方向に進むように行動していきます。

まとめ

これで合格できる人の勉強の取り組み方は分かったと思います。あなた自身に足らないと思ったことがあれば、今日からでも改善してください。

 

よく勉強方法を調べている受験生がいますが、そんなことをしても合格できる勉強方法は見つけることはできないと思います。それは、決まった勉強方法では行政書士に合格できないからです。

 

自分の勉強に対しても取り組み方を見直してください。そして、自分の勉強方法を信じて勉強量を増やしてください。信じて進めば、必ず結果は付いてきます。合格したいなら、諦めず継続した努力していくことです。

 


トップへ戻る