民法の勉強方法のコツを解説。

民法の勉強方法のコツとポイント。図と早期開始が鍵になる

民法の勉強方法のコツとポイント。図と早期開始

民法の学び方

民法は、行政書士試験の中でも重要な科目なります。民法の配点数は分かっていますか。行政書士試験の試験は、行政法と民法だけで法令科目の合格点を超えてしまいます。そのぐらい民法のウェイトは重くなっています。

 

ただ、民法の問題は長文と思考を要する問題が支流になっていることもあり、初学者の方で「文章を読むのが苦手な人」や「再受験生で民法の点数が上がらないという人」は早い時期から勉強を進めて行くことで対応していくべきです。

 

そのような受験生のあなたが少しでも民法が得意になるために、民法の勉強方法のコツやポイントを書いていきます。

 

おすすめ講座「フォーサイト」分析した記事はこちら≫≫≫

民法は、行政法の次に大事な科目。民法の割合って?

行政書士試験では、行政法の次に大事な分野になります。なぜ、大事かというと行政法の次に配点数が多いからです。

5肢択一…9問36点
記述式…2問40点
合計76点

76÷300=0.2533…になり民法は全体の2.5割にもなります。ちなみに行政法は、112点の全体の約3割強。

【行政書士試験の合格基準点】
行政書士試験は次の要件を全て満たした場合に合格になります。
次の要件のいずれも満たした者を合格とします。

① 行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点の50パーセント以上である者(122点以上)

 

② 行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40パーセント以上である者(24点以上)
③ 試験全体の得点が、満点の60パーセント以上である者(180点以上)

「引用元:行政書士試験研究センターHP

例えば、上記の説明で行政書士試験の6割以上が行政法と民法で作成されているのが分かったと思います。行政法の112点と民法の76点の合計は188点。合格基準の要件①・③は行政法と民法だけで超えることになります。

要件②に気を付ける

しかし、ここで気をつけなければいけないのが要件2になります。法令科目でどんなに高い点数を取って合格基準を超えたとして不合格になってしまいます。最低でも、要件2の一般知識で24点を取らなければ合格できないのが行政書士試験になります。

 

しかし極端に言ってしまえば、要件②を無事にクリアして行政法と民法だけを勉強すれば合格できてしまうのが行政書士試験になります。これからも分かるように民法は大切な科目になってきます。

行政法と民法だけでは危険

行政法と民法だけといいましたが、この2科目だけしか勉強しないで行政書士試験に望むことはかなり危険なので気を付けてください。

 

行政書士試験で、記述式という問題が出題されます。民法では2問出題されて1問20点という高得点になっています。

 

この記述式は、採点方法が明確になっていません。ということは、どんなに模範解答に近い解答をしたとしても点数がもらえない場合があるということも言えます。実際に、記述式で合格率を調整しているのでは?と言われいるぐらいです。

 

なので、民法と行政法の点数のウェイトは重いというだけで、他の科目で点数を取らなくてもいいということにはなりません。

 

民法の理解するコツは、構成図を書いてイメージすること

現在の民法問題は、行政法みたいな条文を暗記していれば解けるような形式的な問題ではありません。(家族法、親族法は除く)条文と重要判例から読み取り、受験生の思考を伴う問題になっています。

 

例えば、重要判例では判決は○○となっていたから、この問題は重要判例に照らし△△の判決になるだろう。と深読み(思考)しなければ解けない問題が出てきます。

 

上記の思考問題に対応するために、勉強するときのコツがあります。民法の問題文は、事例形式で出題されることが多いです。例えば、Aさんが~Bさんに対して~みたいな形式になっています。そこで、コツとして必ずその状況の構成図を作成し、頭の中で状況をイメージすることが大切になってきます。

 

例えば、Aさんの土地に、BさんがAさんの土地を借りて家を建てました。Bさんは、Aさんに毎月賃料5万円を払うことになっています。このような事例があったとします。この事例を簡単に構成図で書くと↓
民法構成図
このぐらいの簡単な図で構いません。時間を掛けず、なおかつ問題文の構成が分かれば問題ありません。ただ、構成図を作成したからといって、解答が出るわけではありませんので気を付けてください。

 

しかし、民法の問題は長文であり似たような事例がたくさん出題されます。構成図を書かず頭の中だけで処理しようとすると、必ず混乱してしまい何度も問題文を読むハメになって時間ばかり過ぎていくことになってしまいます。

 

なので、構成図を書くことで素早く事例の状況を把握し適用条文と適用判例を照らし合わせていくことが、民法の問題を素早く安全に解くコツになります。

民法の勉強ポイント。早い時期から勉強を始めるべき

初学者の方で、文書を読むのが苦手な人再受験生で民法の得点が伸び悩んでいる人は、早い時期から民法の勉強を始めることが民法を克服するポイントになります。

 

行政法などの科目と違い暗記で対応できる科目ではないからです。暗記で対応できないということは、直前期の追い込みでどうにかなるものではなく、じっくり問題を解き長期的な勉強が必要になるということです。

 

民法の勉強は、条文の理解と判例の理解の両方が必要になってきます。例えば、理解した知識を下に、解答を導かせるような思考問題が出題されます。重要判例ではこの判断基準だったからから、問題もこう判断するだろうと解答を導いていきます。

 

このような問題に対応するには、早い時期から勉強をスタートし、じっくりと民法のテキストと条文、判例の理解に努め数多くの問題を解くことによって慣れておくことが重要になってきます。

民法のスタートは憲法が終わったらすぐに取り掛かる。

早い時期とは、最初の憲法が終わったら、次に民法の勉強に取り掛かるぐらいがいいでしょう。絶対にやってはいけないのは民法を最後に勉強することです。試験に近づくに連れ、記述式対策や暗記対応に追われていくので1つの科目にじっくりと勉強する時間がなくなってきます。

 

ただ、民法の問題は思考問題と長文問題がメインなので、行政法で出題されやすい試験員のひっかけ問題が少なくなっています。それには、民法は膨大な量の勉強範囲と、深く勉強すればするほど底なし沼のような内容になっていることが挙げられます。

 

そこまで勉強しなければいけないのかと思いますが、そんなことありません。行政書士試験の勉強で司法試験の範囲のような深い知識を勉強する必要性なく、テキストに載っている内容を理解すれば解答できるようになっていますので心配する必要はありません。

まとめ

〇民法は、行政法の次に配点数が多いから重要になる。行政法と民法だけで合格基準の要件1・3はクリアできる。しかし、要件2の一般知識24点の足きりに気をつけること。

 

〇民法は、問題文の状況を把握できるような簡単な構成図を書けるようにする。構成図を書くことで素早く事例の状況を把握し適用条文と適用判例を照らし合わせていくことが、民法の問題を素早く安全に解くコツになる。

 

〇民法の問題は、暗記では対応できない。思考を要する問題が多いので早い時期から勉強を開始することが望ましい。民法は膨大な量の勉強範囲と、深く勉強すればするほど底なし沼のような内容になっていることが挙げられますが行政書士試験の勉強で司法試験の範囲まで勉強する必要性なく、テキストに載っている内容を理解すれば解答できるようになっていますので心配する必要はない。

 


トップへ戻る