行政書士に合格するために時間がないと嘆いている人への『勉強時間の作り方』

行政書士に合格するために時間がないと嘆いている人への『勉強時間の作り方』

行政書士の試験を受けようとしている人の中には、サラリーマンしながら受験勉強をしている人もいると思います。そんな方たちは、勉強するのにまとまった時間を取るのことが難しいと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

実はいうと私の同じようなことに悩んでいました。

 

朝から夕方まで働くサラリーマンしていましたし、子供が小さかったので嫁が育児疲れをしないように育児もできる限りしていました。そんな中、まとめった勉強時間を作るために、試行錯誤しながら勉強時間を確保しました。

 

今回は、取った時間確保の方法を書いていきます。少しでも受験生が読んで活用してもらえれば嬉しい限りです。

ゴールデンタイムの朝勉強の真実

朝勉強することは、非常に効率が良く。1日の始まりになるので体も脳も疲れていない状態で勉強できるのでいいと言われています。

 

また、朝早くに起きて何かをすることは、他のことに邪魔されず自分だけの時間が取れるのでゴールデンタイムとも言われています。

朝勉強を始めたきっかけ

2人目の子がまだお腹の中にいるときです。まだ上の子どもが小さかったこともあり、いろいろと育児の手伝いをしていたので夜にまとまった時間がどうしても取れず、勉強時間を確保するのに困っていました。

 

そこで前から朝勉強することは体も脳も疲れていない最高の状態で勉強にはもってこいという情報は知っていましたので、朝早く起きて勉強することを考えました。

結果、朝勉強することは自分には向いていないことが判明

しかし、実際に朝4時に起きて勉強を3か月ほどやってみた結果、私には向いていないという決断に至りました。確かに、朝から勉強をしていくと1日の活動がすがすがしく感じられることもあります。しかし、それ以上に朝起きることにストレスが掛かってしまったのが原因です。

朝勉強3つのストレス

・朝早く起きるのがストレス
・起きれないときのストレス
・うまく勉強が進まなかったときのストレス

朝早く起きるのがストレス

朝は起きれるのですが、もともと夜型の生活だったので朝早く起きることに抵抗感がありました。

 

その日に片付けておかなければいけないことを止めてまで、早く寝ないといけないなどの焦りが生じてしまい朝早く起きることがストレスの原因になってしまったのです。

起きれないときのストレス

起きれれば問題ないのですが、起きなかったときに1日のスケジュールが崩れてしまい、予定していたことを急ピッチで進めて勉強時間を確保してやらなければいけなくなり、逆に疲れてストレスになりました。

うまく勉強が進まなったときのストレス

朝起きてすぐに勉強はできません。脳も眠っているので頭がボーっとしてしまい1時間後5時スタートになることも多くありました。

 

これでは、朝に予定していた勉強範囲が終らず、結局他のところで勉強時間を取ることになり、勉強が捗りませんでした。

 

などの原因で、朝勉強することは三か月で辞めてしまいました。しかし、朝からテキパキとできる人なら朝勉強することは向いてます。

 

朝から勉強がスムーズにいけば、その後スケジュールも気分よく進めていけ1日の時間を有意義に使っていける思います。

仕事の休憩時間やスキマ時間を有効使う

結果、朝勉強を放棄して夜型の勉強とスキマ時間を上手に使うことにきました。つぎにそのスキマ時間の利用です。仕事の休憩時間や、休日に家族サービス中の合間の時間などを空いた時間をスキマ時間といいます。

 

このスキマ時間を有効活用して勉強していました。1日の間にスキマ時間を探してみると結構、無駄に使っている時間が多いことに気づくと思います。

・トイレの時間
・お風呂の時間
・料理を作っている時間
・お昼休憩時間
・仕事の5分休憩時間
・通勤時間
・寝付くまでの時間

など、あげればきりがないぐらいスキマ時間はたくさんあります。このスキマ時間をかき集めれば、約1時間ぐらいにはなると思います。

スキマ時間を集めれば山となる

毎日のスキマ時間を集めれば、約1時間になるといいました。これが1週間なら7時間、1か月なら30時間にもなります。30時間も勉強ができたら1つの科目が終るぐらいの勉強ができます。このように、スキマ時間を有効に活用していけば、勉強時間の確保できると思います。

 

スキマ時間の活用方法はこちら

仕事後の行きつけ場所で勉強してから帰宅する

これは、外に仕事に出ている人になりますが。仕事後に、行きつけのカフェや図書館などによって勉強していくやり方です。

 

男性の方ならおすすめです。私もよく仕事後に行きつけのカフェで1時間だけと決めて集中して勉強してから帰宅していました。

 

すぐさま、自宅に帰ってしまうと一息ついてしまい、だらけてしまうことが多いのでそれを防ぐためにも仕事後の勉強はおすすめします。

家族が寝静まった後の夜勉強

これは、題のとおり家族が寝ずまった後に1人で遅くまで勉強することです。合格するまで期間、1番この勉強時間で進めていきました。

 

あとは寝るだけなので、先の心配がなくて勉強だけに集中できることがいいです。勉強を進めていると、たくさんの疑問が出てくるので、じっくりと調べることもできますしその場で解決できることも気持ちの負担にもなりません。

 

ただ、夜更かしし過ぎると次の日に影響がでてしまうので、体調管理が難しくなることが難点になります。しかし多くのまとまった時間が必要と思うなら、夜が一番いいのではないでしょうか。

勉強する時間は、いつでも作れる

私は、合格したときの勉強時間は決まった時間帯はありませんでした。仕事後にカフェで勉強して、夜に寝静まった時間に勉強もすれば、脳の記憶力を高めるために朝の15分程度で夜に勉強したことを復習したりしていました。

 

それに、スキマ時間も意識して確保し、条文の読み込みや判例の読み込みの勉強時間に使っていました。このように、行政書士に合格できる人は決まった時間を勉強に当てているわけではなく、どんな時でも合格するために必要な時間を捻出しています。

まとめ

勉強時間の確保は、各自で見つけるしかないと思っています。それは、人それぞれ生活スタイルが違ってくるからです。

 

朝から晩まで仕事で時間が取れない人もいるかも知れません。育児で、朝しか勉強できないかもしれません。それでも、あなた自身が行政書士に本気で合格したいと思えば、必ず勉強時間を捻出できると私は思っています。

 

もう一度、自分の生活を見直してください。そして、捻出した時間を行政書士に合格するために使えば、必ず合格できるので頑張ってください。


トップへ戻る