行政書士に合格するためにノートを作る必要はない理由

『必見』行政書士に合格するためにノートを作る必要はない

行政書士に合格するためにノートを作る必要はない

行政書士に合格するためにノートを作る必要はない。

日本の勉強方法は、小さな時からノートを取る学習スタイルです。先生が、黒板に書きながら解説していきますよね。ノートを取る学習スタイルでは、行政書士に合格するのはムリです。

 

この学習スタイルが悪いわけではなく、資格の勉強には適していないだけです。しかし、そのことが分かっていない受験生は、テキストを読みながら要点などをまとめてノート作成している人がたくさんいます。それでは、効率も悪く、無駄な時間を費やすだけで意味がありません。

 

資格試験で適した勉強方法は、ノートは作らずに教材にたくさんの情報を書きこむスタイルが適しています。教材にすべての情報を入れて、マイ教材を作る。

 

資格試験ではこのマイ教材を作ることが合格するために必要なことでもあります。これは行政書士の勉強にも同じことが言えます。

 

今回は、『行政書士に合格するために勉強ノートは必要ない』という題材で掘り下げて書いていきますのでよろしくお願いいたします。

ノートを作っても意味がない理由

日本で教わる勉強は、小中高とノートを使った勉強方法です。先生が黒板に書いものをノートに取ることが当たり前ですよね。その習慣が身についているので、資格の勉強でもノートを取る受験生が多くいます。

 

しかし、行政書士の勉強でノートを作ることはあまりおすすめできません。なぜ、おすすめできないかと言うと、こんな理由があります。

・作ることが目的になってしまう。
・結局、上手にまとまらず使えない。
・途中で挫折する。

このような理由から、資格の勉強にノートを作ることは必要ありません。

作ることが目的になってしまう

ノートを作る目的は、要点をまとめたり、似たような内容を互いにわかりやすくまとめたりと合格するために活用することです。

 

しかし、ノートを取る受験生の中には、勉強を進めていくうちにノートを作ることが目的になってしまい、ノートを作ったことで満足してしまいます。

 

作ったあとは、ずーっと棚にしまってあるということはざらにあります。こうなってしまったら、ノートを作る意味がなくなってしまいます。

結局、上手にまとまらず使えない

小さな時から、ノートを取る習慣が身についている日本の勉強方法ですが、多くの人はノートに写すのは得意でもノートに内容を上手にまとめて書くことは苦手です。

 

結果、あとから見返したら何が書いてあるか理解できず、テキストの方が見やすくまとまっていたりすることが多いです。いまでもなくそのままノートはお蔵入りになります。

途中で挫折する

ノートを取り始めた頃は、こんなことを思ったりするのでは、

 

「見やすいように要点をまとめて、自分なりの役立つノートを作って活用しよう」

 

こんなことを思いながら、はりきってノートを取り始めると思います。しかし、勉強を始めてノートを取り始めると、すぐに現実はそんなに甘くないことに気づかされます。

・要点がうまくまとまらず、結局テキストの内容と同じことを書いてしまった。
・ノートを書くことに時間が掛かってしまい、勉強範囲が進まないぞ。

など、ノートを取ることが嫌になってしまい途中でノートを作るの辞めてしまうことになります。そうなってしまえば、高い確率でノート作成を諦めて挫折します。

補足

ノートを作ることに挫折してしまうと、よくない副産物までついてきます。それは、メンタルが落ち込んでしまうことです。

 

せっかく、行政書士に合格するためにノートを取り始めたのに、途中で挫折することで『自分はダメな奴』と思いこんでしまい勉強に悪い影響が出てきてしまうことになります。

ノートを作る3つの無駄な時間

ノートを作ることによって、3つの無駄な時間を費やすことになります。

 

ここで、どんな無駄な時間があるのかをお伝えします。

・作る時間の無駄
・見直す時間が無駄
・道具をそろえる時間が無駄

上記のような無駄な時間があります。

作る時間の無駄

ノートを取るためには、要点などを上手にまとめて作成していかなければなりません。考えて要点をまとめることは、案外時間が掛かります。そこから、まとめたことをノートに書いていかなければならないので、思った以上に考える作業と書く作業に無駄な時間が掛かります。

見直す時間が無駄

今度は作った後のことです。ノートを活用することは、自分なりにまとめた内容を見直して勉強することだと思います。しかし、その見直すことが無駄な時間になります。

 

現在のテキストは、上手に内容がまとまっていることがほとんどです。実際に、自分がまとめたノートより数倍見やすいようにまとまっていたりします。悲しいですが、これが現実です。なので、ノート作って見直すという作業は無駄な時間になります。

道具をそろえる時間が無駄

テキストの内容をまとめるためには、ノートなどを買いにいくことになります。自宅の横にお店があればいいですが、車などを走らせなければ買いに行けないような場所なら買いに行く時間が無駄になります。

 

じゃ、ネット通販で注文すればいいのでは?これも、届くまでの時間が勿体ないです。このように、ノート作成するための道具をそろえる時間が無駄になってしまいます。

ノートを作る無駄な時間を合格するための勉強に費やす

上記の無駄な時間を無くして、少しでも行政書士に合格するために勉強に費やすべきです。行政書士に1年もしくは6ヶ月で合格しようと思っているなら、時間に余裕はないと思うべきです。無駄な時間を省いて、上手に勉強スケジュールを立てていかなければ短期は難しいと思ったほういいでしょう。

 

勉強スケジュールの立て方はこちらで詳しく解説しています。≫≫≫

 

ノートを取らない代役方法

ノートを取る時間を無くし、効率がいい勉強方法をお伝えします。

・テキストに書き込む
・問題集に書き込む
・六法にかき込む

このように、いまあなたが勉強で使っている教材に必要な情報を書き込んでいくことです。

 

分かりやすいように例を写真でつけておきます。⇩⇩
テキストに書き込み

 

このように、教材にすべての情報を入れ込むことで、合格するためのマイ教材を作ることが重要です。

テキストに書き込む

テキストには、自分の言葉でまとめたこと(要点)をどんどん書きこんでいきましょう。写真のように、私は地方自治法の住民自治が覚えにくかったので覚えやすいように欄外にまとめました。

 

それ以外でも、例えば、行政法の事件訴訟法と不服審査法の教示義務が類似しているので見やすいようにまとめるなど、自分が思いついたことをどんどん書き込んで、テキスト1冊あれば大丈夫なようにまとめるべきです。

問題集に書き込む

問題集に書き込むことは、解説欄に、テキストのページや適用条文などを書き込むといいです。解説を読んで、すぐにテキストを見直すことで記憶の定着にも繋がりますので、問題集にも、書き込むようにしてください。

六法にかき込む

六法にも、書き込みます。それは、過去問で出題回数『正』を書いたり、出題された判例の結果や適用箇所のテキストページなどを書いていきましょう。

 

出題回数で重要条文なのかの判断ができるようになったり、重要条文なら集中してその条文を解釈し勉強を進めていけるようになります。

書き込むことによってのメリット

上記で個別の解説で書き込むことのメリットを少し書いてありますが、他にもこんなメリットがあります。

・時間の短縮になる
・何度も、教材を開くことによって記憶が脳に定着する
・通読するときに体系的に覚えられる

時間の短縮になる

テキストにすべてのことをまとめることで、時間の短縮になります。

 

ノートなどを作ってしまえば、テキスト以外にノートも見ることになります。書き方は違いますが、ほぼ同じ内容をまとめていますので2回同じことを繰り返すだけになります。同じことを何度もやることは、時間の無駄になります。覚えるために何度も繰り返すことは、テキスト1つで十分です。

何度も、教材を開くことによって記憶が脳に定着する

行政書士に合格するためには、何度何度も同じことを繰り返し勉強していくことになります。暗記することや理解するためには、テキストや問題集の教材を何回も見直していきます。

 

教材に必要だと思う情報を書き込んでおくことで、毎回開くことにより教材の内容と書き込んだ内容に目が通せるので同時に覚えることができます。

通読するときに体系的相互的に覚えられる。

これはテキストに言えることです。テキストに必要な情報を書き込んでおくことで、再度テキストを通読したときに体系的相互的に覚えらます。

 

例えば、要点をまとめて書き込んでおくことで、全体的にに学べるようになり理解が深まります。また、事件訴訟法と不服審査法は、似たような部分が多いのです。互いの箇所に、要点をまとめておけば相互的に覚えることができるようにもなります。

 

まとめ

資格の勉強では、ノートにまとめる(作成)勉強方法は適していない。適している勉強方法は、テキストや問題集などの教材に直接、たくさんの情報を書き込んでいくことがいい。

 

直接、書き込んでいくことで

・時間の短縮になる
・何度も、教材を開くことによって記憶が脳に定着する
・通読するときに体系的相対的に覚えられる。

などのメリットがある。

 

そして、自分にあったマイ教材を作る。資格試験ではこのマイ教材を作ることが合格するために必要なことになる。これは行政書士の勉強でも同じことが言えます。


トップへ戻る