朝勉強と夜勉強の『メリット』『デメリット』

経験者が朝勉強と夜勉強を比較しました。『メリット』『デメリット』

両方の経験者が朝勉強と夜勉強を比較しました。『メリット』『デメリット』

経験者が朝勉強と夜勉強を比較しました。『メリット』『デメリット』

行政書士の試験を受けようとしている人は、サラリーマンの方や育児中の女性もいると思います。

 

サラリーマンの男性なら毎日の残業で帰りが遅くなってしまい、勉強は夜にしかまとまった時間が取れないかもしれません。逆に育児中の女性ならお子さんと一緒に寝てしまい、朝にまとまった時間が取れるかも知れません。

 

しかし、朝勉強するのが効率がいいと聞いたりもしますよね。実際に勉強に適した時間帯はどこなのかという疑問も沸いてきます。

 

さまざまな脳のメカニズムはあるとおもいますが、答えをいいますと、心のストレスが掛からない自分に合った勉強時間が一番いいです。自分にあった時間で勉強することがベストという答えです。今回は、私が経験した朝勉強と夜勉強のメリットとデメリットと書いていきます。

自分に合った勉強時間帯を見つける

人それぞれ、1日の生活リズムは違っています。朝の勉強が得意な人もいれば、仕事後が1番勉強しやすいという人もいると思います。

 

よく勉強するなら、脳が疲れていない朝が1番効率がいいみたいなことを言われたりしています。しかし、私の経験上、勉強は自分にあった時間にすることが1番いいという結果に至りました。

 

一時期、朝勉に変更したことがあったのですが、起きる辛さと起きてから1時間ぐらいは頭がぼーっとしてしまい、勉強が捗らないほうのデメリットしかなかったので3か月で朝勉を止めたことがあります。

 

それからは、朝勉強は辞めて眠いときはその場で仮眠をして、夜勉強することを進めていきました。

 

朝勉強のメリットとデメリット

朝に勉強することは、いいとよく言われているのはなぜか。私も朝4時に起きて勉強をしていた時期がありました。その時に体験したメリットとデメリットを書きます。

朝勉のメリット

・雑音がないため、集中できる
・心身ともに疲れていない
・早寝早起きになるので健康体になる
・1日前向きになる

雑音がないため、集中できる。

朝は、自分しか起きていないので、誰にも邪魔されることがなく勉強に集中できます。これは、重要なことです。夜はテレビを見たり、家族で話したりなど雑音もしばしば、思うように勉強に集中ができず捗らなかったりします。

 

また、朝以外は1日のやることが詰まっています。朝の時間で決めたノルマを終わらそうと集中して勉強できるので捗ります。

心身ともに疲れていない。

人は、起きてから1日が始まります。寝て蓄えたエネルギーを1日掛けて使っていきます。夜になるとガス欠状態で勉強に身に入らないことがあります。

 

そこで、朝ならエネルギーがフル充電されている状態です。心身ともにリフレッシュして勉強に集中することができます。

早寝早起きになるので健康体になる。

朝勉強に切り替えた場合、夜も早く寝ることになります。早寝早起き病知らずということわざがあるように、規則正しい生活になりますので、風邪などのちょっとしたは病気はしなくなります。

1日前向きになる

朝勉強をし始めると、1日が前向きに過ごせるようになります。朝勉強するということは、自分の意思で早く起きて勉強しようと決めて実行することです。

 

これも1つの成功です。成功体験を経験するので、モチベーションアップになり前向きな考え方ができるようになります。

朝勉強のデメリット

・朝起きるのがつらい
・寝起きは、脳も眠っている
・夜型の人はストレスになる
・不安との闘いになる

朝起きるのがつらい。

朝が苦手な人なら朝勉強は苦痛の何ものでもないでしょう。夜型の生活しているならなおさらです。

 

朝早く起きるとなった場合、夜も早く寝なければいけなくなるので生活リズムが崩れてしまい、逆に、朝起きることに慣れるまで勉強が捗らなくなる可能性があります。

寝起きは、脳も眠っている。

私は、朝起きるのは得意なほうです。しかし、朝勉強するのは苦手です。なぜかというと、起きたばかりは脳も眠った状態になり30分から1時間はボーっとしてしまうことが大半です。

 

結果、朝勉強をしようと思ったら、さらに1時間は早く起きることになるので逆に心身ともに負担が掛かってしまい勉強しずらくなります。

夜型の人はストレスになる。

夜型の人は、夜に勉強を含めていろいろやることが多いと思います。例えば私なら昼間に残った書類作成や読書などがそれにあたります。

 

朝の勉強に切り替えた場合、朝に備えて早めに寝ることになります。いままで夜に行っていたことを朝に行うことになり思った以上に朝の勉強だけに集中できないこともあります。そうなると、勉強が思うように進まず、朝起きる辛さも加わり大きなストレスになります。

不安との闘いになる。

朝は、静けさとの闘いです。雑音がないので、いろいろなことを考えたりします。
・今年、合格できるのか。
・今、勉強していることが将来に役にたつのか。
・合格後、どうしたらいいのだろう
など、良いことばかりではなく、むしろ悪いことのほうがたくさん考えてしまうものです。

 

一度、不安や悪いこと考えてしまうと勉強どころではなくなってしまい、勉強が進まず無駄な時間だけが過ぎてしまうことになります。

朝勉強に向いている人

育児など生活の家事をしている主婦の方がおすすめです。主婦の方は、夜は子供を寝かしつけるので寝るのは比較的早くその分、朝も早く起きて家事をしていることが多いです。

 

朝を起きるのも苦ではなく、いつもより多少早く起きてもストレスになりません。それに育児の忙しさに比べたら、勉強することなど朝飯前です。朝の静けさが逆に集中力が増して、勉強が捗るでしょう。

 

私の知っている方で、主婦の受験生がいました。どうしても夜は夕飯の支度やら洗濯物などの家事に追われ、かつ旦那さんとの話などのコミュニケーション、そこに子どもの寝かしつけなどが加わると、圧倒的に夜のほうが忙しいと言っていました。

 

なので、やるべきことを終わらしてしまい21時ぐらいに子どもと一緒に寝て、朝3時過ぎに起きて勉強するというスタイルで進めて合格を勝ちっとった主婦受験生を知っています。

家に帰ってからの夜勉強するメリットとデメリット

朝勉強がいいと言われていますが家に帰ってからの夜勉強する人のほうが圧倒的に多いと思います。一時期を除いて私も夜に勉強することが多かったです。それでは夜勉強するメリットとデメリットを書いていきます。

夜勉強のメリット

・寝るまでの時間をすべて使える
・勉強したことが整理しやすい

寝るまでの時間をすべて使える。

朝の勉強時間と違って時間を有意義に使えます。朝勉強をしている場合、仕事がある日は、出勤するまでの時間が勉強できる時間になります。それまでに、やることをやらなければいけません。

 

しかし、それが終らないと1日モヤモヤして過ごすことにもなり仕事にも影響が出たります。夜の勉強ならそういう心配はなく、寝る時間までは勉強だけに集中してできるようになります。

勉強したことが整理しやすい

夜勉強することは、勉強後に睡眠が待っています。人の脳は、寝てるときに1日にあったことを整理して大事なことを記憶します

 

これは勉強でも同じです。寝る前に勉強で進めたことを、整理して記憶します。なので、勉強したことを脳に定着させるのは夜に勉強するのがいいでしょう。

おまけ

寝ている間に、整理して大事なことを記憶していると言いましたが、その記憶をしたことを忘れないようにするために強力な方法があります。

 

それは、朝起きたら寝る前(前日)に勉強した範囲をざっとでいいので見直すことです。取る時間は、5~10分程度で問題ありません。エビングハウスの忘却曲線の効果が働き、見直すことで記憶がよみがえり強固な記憶定着に繋がります。
エビングハウスの忘却曲線の効果について詳しく書いた記事はこちらです。

夜勉強にデメリット

・1日の疲れで眠くなる。
・他の誘惑が多い。

1日の疲れで眠くなる。

仕事や家事で体も脳も目いっぱいに使っているので、夜に勉強しようとすると1日の疲れがどっと襲ってきます。この状態で、勉強を始めても眠さが優先してしまい勉強が捗りません。また、眠さを我慢しても気合で勉強したところで、これっぽちも頭に入ってこないので勉強する意味がなくなってしまいます。

眠いときは仮眠する

そんな時は、少し仮眠をしてから勉強するといいでしょう。こんな経験をした人もいるのではないでしょうか。ちょっと、夜寝ようとしてちょっと寝たら目が覚めてしまい、その後眠れなくなり明け方まで起きてしまった経験がです。

 

このように、眠いときは少しの仮眠をすることで脳が一度リセットされ勉強に集中してできるようになります。

他の誘惑が多い。

夜勉強型の人に多いのですが、お風呂で1日の疲れを癒してその後に御飯を食べたらどうでしょうか。想像してみてください。勉強なんかしたくありませんよね。それ以外にも、スマホでYouTubeでも見てゆっくりしたくなっちゃいますよね。

 

夜勉強型はこんな誘惑に打ち勝たないと勉強することができなくなります。勉強するという強い気持ちがないとすぐに他の誘惑に負けて勉強が進まなくなってしまいます。

夜の勉強に向いている人

朝起きるのが苦手な人が夜勉に向いています。サラリーマンの人は、夜もやることも多いので早寝早起きはつらいような気がします。

 

頑張って朝勉強のリズムを作ったとしても、仕事で急な打合わせなどが入り夜遅くに帰宅も考えられます。そうなれば、朝早くに起きるのも大変で勉強が嫌になってしまいます。なので、夜勉強におすすめ人は朝起きるのが苦手なサラリーマンが向いています。

 

5分でも10分でもいいから仮眠をする

先ほども仮眠に触れましたが、朝勉強以外で勉強始める前や勉強中に5分でも10分でもいいので仮眠をすることをおススメします。

 

仮眠をすることで、脳が一度リセットされることで脳が活性化され、集中力がアップすると研究結果が発表されています。詳しくは保健指導リソースガイドを参照してください。

 

また、コーヒー(カフェイン)飲んでから仮眠することですっきりと起きれます。私も、眠いときはすぐに仮眠を取ったりします。眠さのまま物事をすすめても、身に入らず無駄な作業時間だけが過ぎてしまうことがたびたびあります。

 

しかし、仮眠を取ることでさっきまで眠さが嘘のように作業が捗るようになります。勉強時も、眠いときは仮眠してから取り掛かったほうが勉強の能率も上がります。

 

まとめ

朝勉強することも夜勉強することも、行政書士に合格するために勉強することは変わりません。朝のメカニズムやらなんやら書かれたブログなどもありますが、そんなことを調べているなら合格するために少しでも勉強したほうがいいです。

 

そんなことで、勉強することに苦になっても意味がありません。自分に合った時間帯に勉強して、継続した努力と合格したいという強い思いあれば、絶対に合格できます。

 

今回のメリットデメリット読んで、朝勉でも夜勉でも構いません。自分に合いそうな勉強時間帯を選んでください。

 


トップへ戻る