『必見』行政書士に合格するために暗記カードを作るのことは必要なのか?

行政書士に合格するために暗記カードを作るのことは必要なのか?

行政書士に合格するために暗記カードを作るのことは必要なのか?

行政書士に合格するために暗記カードを作るのことは必要なのか?

行政書士の教材を購入するといろいろな特典がついていることがありますよね。その中で、『暗記カード』というのもあると思います。

 

資格試験の勉強では、暗記カードは定番の補助アイテムにもなっています。これは、行政書士の勉強でも同じです。

 

受験生の中にも、暗記カードを作って繰り返し覚えようとする人もいるでしょう。しかし、暗記カードは無駄なアイテムです。

 

英語のような単語を覚えるのには適していますが、法律のような単語だけを覚えても意味がない勉強では暗記カードは適していません。

 

暗記カードをこれから作ろうか考えているあなたは、暗記カード作るのはやめた方がいいです。今回は、『暗記カードは必要ない』というテーマで詳しく書いていきます。

先ほど、暗記カードは必要ないといいましたが、なぜ行政書士のような法律を勉強では意味がないかの理由を書いていきます。

行政書士の勉強では、暗記カードを作っても意味がない3つの理由

ここでは、暗記カードは必要ない3つの理由を説明します。

・作ることが目的になってしまう
・書いた箇所のイメージが分からなくなる
・途中で挫折してしまう

作ることが目的になってしまう

暗記カードを作る目的は、重要な単語、覚えたい内容をカードの裏表に書いて繰り返し見直して脳に定着して活用するアイテムです。上手に使えば、場所を選ばずスキマ時間で勉強することができるようになる便利なアイテムです。

 

しかし、暗記カードを作る受験生の中には、作っているうちに作ることが目的になってしまい、暗記カードを作ったことに満足してしまう人がいます。

 

満足してあとは、ずーっとバックに閉まってあるということはざらにあります。こうなってしまったら、暗記カードを作る意味はなくなってしまい、無駄な時間と労力だけが掛かって終わりです。

書いた箇所のイメージが分からなくなる

法律の勉強では、体系的に覚えることが何より重要になってきます。暗記カードのように、一部分だけを覚えてもどこの箇所を書いてあるかイメージできなくなってしまうという問題があります。

 

例えば、
民法177条の『登記をしなければ、第三者には対抗できない』という暗記カードを作ったとします。

表 『民法177条登記は、第三者に対抗できるか?』
裏 『登記をしなければ、第三者には対抗できない』

これだけでは前後のつながりが分からず、イメージが沸いてこないということです。

 

正確には、不動産の2重譲渡の際に譲受人が権利を主張するには登記がなければ主張できないということです。簡単でもこのぐらい書いておかなければ、イメージはできないと思います。なので、暗記カードを作るときに内容の書き方にも気をつけなければいけません。

途中で挫折してしまう

暗記カードを作り始めた頃は、こんなことを思ったりするのでは、

・分かりやすくまとめて、自分なりの役立つ暗記カードにして活用しよう
・全科目分を作って、本試験直前まで活用できるようにしよう
・スキマ時間を無駄にしないように、暗記カード作って勉強しよう

など、こんなことを思いながら張り切って暗記カードを作り始めると思います。しかし、作り始めてすぐに現実はそんなに甘くないことに気づかされます。

・表裏に書く内容がうまくまとまらず、膨大な文字を書いてしまった
・暗記したい量が多すぎて、カードに書くだけで時間が掛かってしまい、勉強範囲が進まない

など、暗記カードを作ることが嫌になってしまい途中で作るのことを辞めてしまうことになります。高い確率で、暗記カードの作成を諦めて挫折します。

補足

カードを作ることに挫折してしまうと、よくない副産物までついてきます。それは、メンタルが落ち込んでしまうことです。

 

せっかく、行政書士に合格するためにカードを取り始めたのに、途中で挫折することで『自分はダメな奴』と思いこんでしまい、勉強に悪い影響が出てきてしまうことになります。

 

そんなよくない副産物まで付いてくるのなら、最初から暗記カードは作らないほうが良いということになります。

暗記カードを作る無駄な3つの時間

暗記カードを作ることは、膨大な時間が掛かります。受験生の多くは、社会人で勉強に多くの時間を使うことができません。なので、暗記カードを作成することは無駄な時間になってします。

 

そんな無駄な時間には以下の3種類があります。

・作る時間の無駄
・見直す時間の無駄
・道具をそろえる時間の無駄

作る時間の無駄

暗記カードを作るためには、要点や重要な箇所などを上手にピックアップして作成しなければいけません。

 

簡易に要点をまとめることや重要箇所をピックアップすることは、結構な時間が掛かります。そこから、暗記カードの裏表に書いていかなければならないので、思った以上にまとめる作業と書く作業に時間が掛かります。

 

また、市販の暗記カードではサイズも決まっているので内容を書ける量にも限度があり、最悪自作でカード作る手間まで掛かってきます。

見直す時間の無駄

今度は、作った後のことです。暗記カードを活用することは、自分なりに作った内容を見直して勉強することです。しかし、その見直すことが無駄な時間になります。

 

見直していると、確実に『うんっ?』ということが起きます。作成時のときはテキストの箇所が分かっているのでいいのですが、暗記カードだけになってしまうと『この暗記カードの内容は、テキストのどこを指しているの?』という問題が必ずといっていいほどおきます。

 

結局、テキストに戻って確認することになります。また、その箇所を探す時間も無駄になってしまいます。これでは、暗記カードを作った意味ががなくなってしまいます。

道具をそろえる時間の無駄

テキストの暗記したい箇所を書くためは、暗記カードなどの道具類を買いにいくことになります。自宅に横にお店があればいいのですが、車を走らせなければ買いに行けないような場所なら買いに行く時間が無駄になります。

 

では、ネット通販で注文すればいいのでは?

 

これも、届くまでの時間が勿体ないです。このように、暗記カードを作成するための道具をそろえる時間が無駄になってしまいます。その時間を少しでも合格するために勉強にあてたほうがいいでしょう。

暗記カードを作る無駄な時間を合格するための勉強に費やす

暗記カードを作るための無駄な時間を無くして、少しでも行政書士に合格するために勉強に費やすべきです。

 

行政書士の合格を目指している受験生は、社会人です。この記事を読んでいるあなたも同じだと思います。現代の社会人は、仕事や育児家事などに追われ自分に使える時間に限りがあるはずです。

 

このように、行政書士に1年もしくは6ヶ月で合格しようと思っているなら、時間に余裕はないと思うべきです。極力無駄な時間を省いて、上手に勉強スケジュールを立てていかなければ短期は難しいです。だから、暗記カードなんかを作っていないで、その時間を合格するために使うべきです。

 

こちらで勉強スケジュールの立て方を詳しく書いています≫≫≫

暗記カードを作らない代役方法

暗記したい箇所があった場合、暗記カード作らない代役方法をここでは紹介します。

・問題を解く。
・付箋を付ける。
・適用箇所に線を引く。

問題を解く

言葉通り、何度も何度も問題集と解説を解き読みまくるだけです。これを繰り返すことで、自然と脳に定着して嫌でも暗記されます。しかし、ただ問題を解くだけではだめです。

 

いろいろな角度から分析する必要があります。これをやることによって、自然と理解が深まることで暗記力も高まってきます。

 

こちらで過去問題集の分析するための情報を書いています。≫≫≫

付箋(ふせん)を付ける

暗記したい箇所や重要だと思う箇所に、付箋を付けていきます。付けるのはテキストだけではなく、使っている教材すべてが範囲です。

 

付箋を付けることによって、すぐに開けるので時間の短縮になりますし、付箋箇所を読めば前後の繋がりも分かるので体系的にも覚えやすくなります。また、付箋にペンで印をつけておくで、瞬時に開くことができるので便利です。
例えば、
民法のテキストなら、『177条、第三者』などと付箋にペンで書いて貼っときます。そして、民法177条の対抗要件を調べたいと思ったら、瞬時に開けるようになります。

適用箇所に線を引く

これは、重要箇所や覚えなければいけない箇所に筆記用具で線を引くようにして、教材を朗読したときと同時に確認できるようしておくことです。線を引いてある部分は、注意深く目を通すことになるので、それだけで暗記にも繋がってきます。

暗記カードを作らないメリット

ここまで読んで、暗記カードを作らないほうがいいことは十分に分かったと思います。それでも最後の最後まで、暗記カードを作らないほうがいいことを伝えます。

 

暗記カード作らないメリットを伝えます。

・時間の短縮になる
・何度も、教材を開くことによって記憶が脳に定着する

時間の短縮になる

少しでも無駄な時間を減らして勉強時間を増やすことが重要です。暗記カードを作らなければ、無駄な時間をかける必要がなくなり時間の短縮に繋がってきます。余った時間を合格するための勉強だけに費やすことができるようになります。

勉強のやることはたくさんある

行政書士の勉強は、『テキスト通読』、『問題解く』、『条文を読む』、『判例を読む』、『記述式対策』などやることがたくさんあります。

 

なので、すべてを同時進行で勉強を進めていくことになります。勉強に掛ける時間はいくらあっても足らなくなります。暗記カードなど作っている時間なく無駄な作業は、省いて時間を有効に使うようにするべきです。

何度も、教材を開くことによって記憶が定着する

これは、教材を何度も何度も開くことによって脳も体も自然と記憶が定着していきます。体と脳は、一体型と考えるべきです。体で覚えていることは脳にも伝わり記憶の定着に繋がってきます。

 

なので、何度も同じ教材を開く行動は記憶の定着にも役立っています。また、良くないのがテキストなどを変えてしまい、やっと慣れたテキストを体が忘れてしまうことです。

 

こちらでテキストを変えて理由を詳しく解説しています。≫≫≫

 

まとめ

ここまで、読んでいただきありがとうございます。

 

これでもかってぐらい、暗記カード不要論を説いてきました。もう分かっていると思いますが、暗記カードは作っていけません。

 

暗記カードは、行政書士のような法律系の勉強には向いていません。向いているのは、英語のような単純な単語を覚えるような勉強です。

 

暗記カードを作る時間があるなら、1問でもいいから問題を解いて分析したほうが合格に近づきます。何度も何度も教材を使って、勉強することが重要です。

 


トップへ戻る