『3科目+一般知識派』それとも『オールラウンド派』

あなたはどっちは?『3科目+一般知識派』それとも『オールラウンド派』

あなたはどっちは?『3科目+一般知識派』それとも『オールラウンド派』

あなたはどっちは?『3科目+一般知識派』それとも『オールラウンド派』

いきなりですが、知ってましたか?

 

行政書士って、3科目だけ勉強すれば合格できる試験っていうのを、法律2科目の行政法と民法+一般知識だけを勉強して合格できちゃうんです。

 

びっくりしませんでしたか!実際に、そのやり方で行政書士に合格した人にあったことがあるので本当です。

 

ただ、その方は初学者ではありません。法律の勉強慣れをしていて、資格試験に合格することに長けた人です。

 

初学者の方が、行政書士試験に行政法と民法と一般知識だけを望むことは、おススメできません。

 

今回は、なぜ『行政法と民法と一般知識だけの勉強がおススメできない』理由を詳しく解説していきます。

冒頭でも言いましたが、なぜ行政書士は行政法と民法+一般知識だけで合格できるという疑問から説明していきたいと思います。

効率いい勉強すれば、行政書士は2科目+一般知識だけで合格できる

先ほども言いましたが、行政書士に合格するに行政法と民法の法律科目2科目+一般知識だけの勉強で合格は可能です。

 

うまくいけば、少ない勉強量と短期間で合格できてしまいます。

行政書士の合格基準は?

行政書士の試験は、全体の6割の点数を取れば合格できます。満点が300点なので、6割という最低180点を取れば晴れて合格です。

 

しかし、行政書士試験には足きりというのがあり一般知識の科目だけで必ず24点以上を取らなければ、それだけで不合格になっていまいます。気をつけなければいけません。

なぜ、法律2科目+一般知識だけで合格できるのか。

なぜ、法律2科目+一般知識だけで合格できるのか分析していきます。

 

行政書士という名が付く試験なので、当然に行政法の勉強がメインなります。そして、行政法だけで全体の4割近く稼ぐことができる試験なのです。

 

そこへ、民法でも全体の2割出題されるのです。

 

えっ?と思ったのでは。おいおい、行政書士は全体の6割で合格って言ったじゃん。そうなんです。行政書士試験は、行政法と民法だけで合格点を越えてしまう他の科目をないがしろにした試験なんです。

 

ちなみに、行政法が112点の民法が76点の188点を2科目だけで稼ぐことができます。

なぜ一般知識や他の科目があるのか?

ここまで読んで、他の科目と一般知識っていらくね。って思ったのでは。

 

私もぶっちゃけそう思います。

 

では、なぜその科目たちがあるか分かりますか。少し考えてみてくださいね。

 






答えはわかりましたか。

 

答えをいいますね。

 

それは、簡単に行政書士に受からせないためです。たぶんこれが本音だと思います。他にもいろいろな理由があると思いますが、これが大方の予想かなと私は思っています。

 

だってそう思いませんか。もっと勉強してほしければ、法律の科目の割合を増やせばいいだけですしね。

 

一般知識という抽象的な科目を入れることによって、行政書士に多くの受験生を合格できないようになっているのでしょう。

初学者が、2科目+一般知識しか勉強しないで望むのは危険。

初学者の方が、この3科目だけしか勉強しないで試験に望むことは、現実問題、やめておいた方がいいでしょう。

 

リスクが高いと思った方がいいです。法律を勉強したことある経験者であっても、行政法と民法を完璧に取るのは至難のワザです。

 

特に、試験の問題種類に記述式という問題があります。記述式とは、問題文を読んで自分の見解を40字でまとめを書く問題です。

 

これは、完璧に40字で書けたとしても、模範解答通りに書くことはほぼ不可能です。

 

また詳細な採点方法が公表されておらず、受験生が完璧に書けたと思っても点数が取れていない場合もあり、点数の予想がつけにくいという難があります。

 

記述式は、行政法と民法から計60点分が出ます。

 

記述式の点数も2科目の合計に含まれているので、そうなると合計188点から60点分を引いたら128点になるので、合格点にはほど遠くなってしまいます。

 

初学者が、3科目だけで挑戦するにリスクが高すぎることになります。

法律系勉強経験者だけが、2科目+一般知識だけでも挑戦可能

司法試験経験者や司法書士資格取得者などの法律系勉強経験者なら、この2科目+一般知識だけの勉強でも合格することはできると思います。

 

他の科目の憲法、会社法は、法律系の勉強経験者なら勉強していなくても点数が取れますので、上記の科目だけを中心的に勉強していけば合格までたどり着ける確率が高くなります。

 

まして、司法試験を目指していた受験生なら行政書士の合格しようと思うなら、一般知識だけを勉強するだけで合格に十分になります。

 

司法試験の勉強科目は、行政書士が勉強する憲法、行政法、民法、会社法と重ねっており、司法試験のがより高度な知識を勉強しています。

 

初学者は全科目を勉強するオールラウンド向き

行政書士が初めての法律系の勉強なら、全科目をまんべんなく勉強することをおすすめします

 

なぜ、そうすることがいいのかというと、行政法と民法と一般知識だけの勉強では、不合格になるリスクが高いことが理由の1つです。

 

例えば、
行政法と民法で、思うような点数が取れなかったら不合格まっしぐらですよね。

 

他の科目で、点数が取れればそれだけ全体の点数がまんべんなく取れるようになるので、必然的に合格率も高くなることが分かります。

全科目を勉強する理由は、憲法を勉強することが法律家の第一歩

上記以外にも、全科目勉強したほうがいい理由がもう1つあります。弁護士のような法律家まではいかなくても、行政書士も法律を使った仕事をする専門家です。

 

あなたも、合格後は開業を目指していると思います。憲法は、法律を勉強する基礎的な役割しています。また、法律家を目指す第一歩にもなります。

 

行政法と民法だけの勉強では、法律を学んだということは到底言えないでしょう。

 

実際の実務で憲法を使うことはまずありません。が、日本国民なら憲法の仕組みを勉強しておくことは当たり前になります。

 

まとめ

行政書士の試験は、行政法と民法と一般知識だけを合格できることが分かったと思います。

 

そして、なぜ一般知識の足きりがあるかもです。

 

それは、多くの受験生を合格させないための試験側の対策ということも分かったと思います。

 

法律系の勉強経験者なら、この3科目だけの勉強でもいいですが、

 

実際に法律も勉強したことがない初学者がこの3科目だけしか勉強しないで本試験に望むことは、おススメできないことも分かったと思います。

 

1つは、不合格になるリスクが高いことと、実務家として憲法など他の法律を勉強しておくことが必要になるからです。

 


トップへ戻る